フォト
無料ブログはココログ

Dragon Age III

2011年12月23日 (金)

【DA3】Skyrimに学べ。

 うひひひ。ムジカ博士がさくっと変節しております。 

 やっぱSkyrim11百万本出荷は衝撃の出来事だったようだ。

 残念ながらBioWareはまだ5百万本ですら達成したことはない。SWTORでいくんだろうけど。

 「これからのファンタジーCRPGはオープンワールドだぜ」

 ちょっと遅い気もしますが・・・。

http://www.gamespot.com/news/next-dragon-age-taking-cues-from-skyrim-6347939

"We're checking [Skyrim] out aggressively,"

"We like it. We're big admirers of [Bethesda] and the product. We think we can do some wonderful things."

 いやいや、申し訳ないけどBethesdaのアドマイヤー?
 それは言っていなかったぞ。少なくとも今までは。

 するってえと、DA3はオープンワールドで、しかもマルチプレイかい?

 MMORPGならSWTORでたくさんだ。おなか一杯。

 旦那、Skyrimにマルチプレイなんてありませんぜ。

 Bethesdaから、なーんにも学ぼうとしてないんじゃないのかね?

2011年12月 5日 (月)

DAマルチプレイの是非

 前記事、書いていたらテンションあがってしまって、だいぶ疲れた。

 本題はDAマルチプレイの是非。 

 ここで、もう一回関係ない話題に延々と脱線する手もあるが、JB(ジェームズ・ブラウン)じゃないんだから、皆いい加減疲れるっつの。

 ここはひとつ責め方を変えて、Dragon Ageのアーチ・ライヴァル(のままだったらいいな)、新作Skyrimが絶好調のBethesdaのディレクターにして救世主、トッド・ハワード氏の意見を聴いてみる。
 だいぶ前の記事(3月)だが、SkyrimにMultiplayを入れない理由を述べている。IGN。 

http://pc.ign.com/articles/115/1158651p1.html

 Skyrimについてファンが望んだ最大の要素は、ドラゴンとマルチプレイであったが、前者はすでに実装された。

「マルチプレイについてはチームで何度も検討されたが常にボツであった。僕たちが嫌いなわけじゃないし、やりようによっては面白いものになりそうだとは考えている」

 最大の危惧はソロ部分から開発者を引っこ抜かなきゃならないこと。それによってソロプレイのほうが破綻してしまうこと。 

「僕らの本当に望むことは、できる限り最良のシングル・プレイヤー・ゲームを開発すること。(マルチプレイ導入は)それに没頭しているべき開発者の時間を取り上げてしまうことになる」

 潔い決断ではありますが、Bethesdaが今あるのは、トッドのおかげであるし、ZenimaxもBethesdaも名前は違うけど似たようなものである。彼に逆らうことが無意味なことは誰もが知っているし、もし彼の意見が封殺されていたら、オープン・ワールドRPGの実質的な完成がなったMorrowindは生まれておらず、Bethesdaはもうこの世にはありません。

 Mass Effectのディレクター、ケーシー・ハドソン氏は、ME3に「マルチプレイを導入した理由」は述べていません。ただ「本編に負けないくらいすげえものになるぜ」としか言っていない。
 トッドとケーシーを比べちゃいかん、というなら私の知る限り、BioWare共同創業者のムジカ博士もまだ何も発言していない。よってEAからの一方的お達しであることは間違いないと思う。
 もうひとりの共同創設者であるゼスチャック博士のほうはスマホ・ゲーに首っ丈のようだが、これはLB(ギャリオット氏)も一緒で、あの世代のクリエーターには当然の反応なんでしょう。そうでなければ今名を残していないはずだ。
 Dragon Ageのマルチプレイについては、もし本当であっても、まだKotakuに「すっぱ抜かれた」だけだ。

 面白いのは、Mass EffectにCo-op実装と発表される前後、各大手ゲームサイトが、一斉に擁護にまわったこと。

 つまり、こういうことだ。

 「(ファンの)お前ら、落ち着け、うるさい、黙れ、話を聴け。お前らはDA2に続いて、Mass Effect まで殺す気か?!」

 だがファンの声は、「何を言うか、神殺しはEAのほうじゃないか!」というものだ。
 
 すでにEAのCOOピーター・ムーア氏のお話で紹介したとおり、EAはあらゆるコンテンツのマルチ・プラットフォーム化を計ろうとしている。マルチプレイ化もその必然的な延長線上にある。

 IGNが最近になってMEへの擁護意見を掲載した。ポイントはみっつ。

 http://xbox360.ign.com/articles/121/1213665p1.html

1.ME2では余り大したものでもなかった本編の(主として)コンバット周りが改善されるかもしれない。
 ME3のコンバット周りは、BF3の開発者とのコラボであるのは間違いない。

2.MEユニバースの拡張が図られるかもしれない。 
 シェパード艦長のストーリーアークは終わってしまう。だがマルチプレイによって、MEの世界はまだまだ拡張可能である。リプレイアビリティも確保できるだろう。

3.そもそもプレイする必要がない。
 本編のコンテンツは本編のプレイのみで全て可能だ。60USDの元はそれで取れる。
 マルチプレイはそれ自体を楽しむものであるほか、本編の進行を容易にする役割もあるが、それだけだ。

 このうち大事なことは、3.だと思う。1.は別段マルチプレイを実装した結果じゃない。それと独立してBF3開発チームとコラボ(エンジンやノウハウを流用)すれば、実現できないわけではない。
 2.は「まずマルチプレイありき」であるので、(私のように)それに別段興味のないプレイヤーには何も響かない。

 Uncharted 3のプレイはまだネイサンががきんちょのままで止ってるが(ラノベ読まんといかんし)、Unchartedシリーズのマルチプレイがいくら秀逸だと言われても私は手を出さないし、それでUncharted 2は十分元は取れたと思っている(一作目も十分楽しんだが、マルチプレイがあったかどうか失念した)。

 Dark Soulsだってマルチプレイをやったほうが面白いだろうが、まったくやらないからどうなる、というレベルでもない。

 「零式」には、マルチプレイ・モードがある。ご褒美としてのおまけが色々あるし、公式ホームと連動した企画でもいっぱいおまけが手に入る。その有無で極端にゲームプレイの難易度が変わる可能性はある。
 だからといって、別段まったくプレイしない場合でも(コンテンツ・コンプリート・マニアでもなければ)本編を楽しむのに大きな支障はない。「はがない」の登場人物じゃないが、「モンハン」をひとりでやる不毛さ(侘しさ、寂しさ?)に比べれば、ぜんぜん元は取れる。

 私の感じでは、トッドは結局The Elder Scrollsにマルチプレイを入れるつもりがないのかもしれない。それはBethesdaのような「独立系」のお家事情もあるだろう。外部に助けを求めない限り、上のような開発者融通に関する危惧は払拭できませんからね。Fallout のMMOだって自社ではやる気がなかったわけだし(企画はまだあるが、一旦ぽしゃったみたい)。
 やるのであれば、それ専用のゲームではないか。

 DAマルチプレイについては、DA3がもう一回ネット上でのヘイトくらったらどうなるか、という点はやはり誰もが気にしているはずだ。ファンのヘイトは本質じゃなく、DA2の場合は「やっつけ仕事」が諸悪の根源なのだが、わざわざマルチプレイでもう一回火中に飛び込む必要はあるのだろうか。

 DA2ヘイターの多くが比較しているBaldur's Gate II。あるいは同一エンジンのスピンアウトIcewind Dale。そのマルチプレイは当時さすがにPCファンで好事家しかやっていなかっただろう。Diabloがマルチプレイを拡げた素地はあったとしてもね。
 BioWareのオンライン・コミュニティーが花開いたのはNeverwinter Nightsだ。しかもあれは元々マルチプレイ用RPGでもある。

 Skyrimと異なり、DAはパーティ中心、キャラクター中心のストーリーである。元々マルチを志向していたNeverwinter Nightsのヘンチメンが「まあいないよりマシ」程度だったのに比べ、DAのコンパニオンはストーリーと切り離すことができない。
 それもあって私はDAのマルチプレイとは、MEのような別コンテンツのCo-op、Uncharted(あるいはDRD)のような本編と関係ないCompetitiveモードでもいいが、まったく別のSocialゲームがメインじゃないかと思ってる。

 本来はオンラインRPGの先駆者であったBioWareが、ME、DAのマルチプレイ化で攻撃されるというのも考えてみれば皮肉だが、いつもBG、あるいはSW:KOTORばかりが話題の前面に出て、NwNはあまり触れられないというのも原因のひとつだと思っている(NwNのマルチプレイやパーシステント・ワールドを楽しんだファンは騒ぎをただ黙ってみつめているだろう)。 

 SW:KOTORは、展開の舞台をMMORPGであるSWTORに移した。根本的なMMOへイターであればともかく、KOTORのファンがSWTORに何か文句を言うなら理由はひとつしかない。KOTOR3はもうソロゲームでは出ない、ということだけだ。
 BGファンがDA:Oを褒め称えつつ、DA2をののしる理由が「おもてたのと違う!」というのとはだいぶ様相が異なる。

 SWTORはソロでもそこそこ遊べるつくりだ。ひとりでもかなりの部分は進行できる。つくりとしてマルチプレイでも遊べる部分と、マルチプレイでしか遊べない部分が分かれている(確かに定額課金の問題はある)。

 別ものだったら何も関係ないんだから。わざわざヘイターに材料を与えて火に油を注ぐような道を選ぶとは思えないんですが。

 この問題の最大の論点は、あたかも「友達のいないやつはゲームをするな」という(多くの友達を巻き込んで遊んでもらえば儲かる)作り手側の立場と、「だってゲームで遊んでるんだから基本友達なんていないんだよ」という多くのプレイヤー側の実情との矛盾かな。

 ま、我らチョーズン・ワンズ! 「選ばれし者たち」とでも思わなかったら、こんなもん好き好んでやってませんよねー。 

朝ブログ

 ラノベ考察のほうは、まだもうちょっとかかるので、本業(?)のほうを。

 DA マルチプレイの是非

 と思ったが、案の定壮大に脱線した。次回かな。

 だいたい「ラノベ考察」とかぶちあげたもんだから、気合入れて正座して読まなきゃなくなっちゃったのです。本末転倒。読むのが苦行になってる(笑)。
 実は「バカテス」にはまり倒して他のが読めていないというのもあるけど・・・。

 話によると最近の中高生は「朝読」というんだそうだ。授業開始前に読むのか。それもすごいな。

 かつては「朝練」。はしりはスポコンブームの影響なのか、部活動を朝やっちゃうこと。もちろん放課後もやる。
 剣道などの武道の世界では「朝稽古」って普通にありましたよね。あれは参加者に老人が多いからだと思ってたんだが。
 練習がほとんど業務みたいな大学体育会ならわかるけど、中高生がやってたんだよね。なんと自分も付き合わされたことがある。超夜型なので死ぬかと思った。
 でもきっと今でもあるんだろうな。

 今では「朝スポ」というんだそうだ。でもこれはスポーツ・ジムなどに朝通うとか、ジョギングするとか個人的な活動らしい。意外な「朝練」には(トラン)ペット、フルートなど金管・木管系。なるほどね・・・。かつては夕暮れ時がそういう楽器の練習どきだった。河原の土手の上でやるとかがデフォルメ(デフォルト。デフォルメて。「バカテス」読みすぎ?)だったけど、やっぱうるさいしな。

 やがて「朝シャン」。バブル前というか、実質バブル期の女子高生かな。抗菌、除菌ブーム、潔癖主義のはしりってのもある。髪の毛も衣裳も「クリスタル」じゃなきゃいけないのだ。顔はともかく。
 昔は「朝寝、朝酒、朝湯」などは身上(しんしょう)を潰す元といわれたのに。私も学生時代、昼まで学校行きませんから遅いシャワーを浴びていると、親から小原庄助扱いを受けたものだ。 

 そういえば「朝マック」っていつ頃からだろう。バブルかなあ・・・。崩壊後かなあ。
 そういえば関西では「朝マクド」なのかなあ。都会の朝人口よりモーニングセットを出す喫茶店の数が多いかもしれない名古屋では商売きつそうだなあ。

 バブル期にはやったのが今でいう「朝会」。朝会議とか朝勉強会。アメリカ人の「ブランチ会議」とか「ブレックファスト・ミーティング」を模して、例えばエリート銀行マンなどが、朝から晩まで誰が一番オフィスに長くいるか競争をやってたらしい。いやいや、ノーパソしゃぶしゃぶ通ってたのは違うって、あれは大蔵省担当、いわゆるMOF(モフ)担。銀行の企画部だよ。やつらほっといても出世するから。モフモフからかわいいのを連想しなーいっ。
 でも銀行たくさんつぶれたけど。でもメガ化したけど。でも銀行員いっぱいクビになったけど。

 最近でも事情は変わらないようで、超夜型が故に個人的にすごいイヤな言葉は「朝活」。上位10%のエリートが実施しているんだってさ。朝一番の「フレッシュ」な時間帯に脳が活性化するとかどうどか?

 エリートの定義も、上位10%の信憑性も、朝一番に活性化するも、何から何まで胡散臭いが、株屋新聞によると「クリアな頭で仕事や習い事に効率よく取り組めると、 年代を問わず広がっている」んだそうだ。まずこの新聞記事は日本語がおかしい気がする。
 しかもあの「勝間」なんとかいうねーちゃんの匂いがするな。「勝つまでやめるな」ってのは、八代亜紀さんを出すまでもなく、真実だけどね。もしかしてペンネーム?

 「朝チャレ」とかなると、もう何を言っているのかわけがわからない。

 ビジネスの成功者には「朝型」が多い。だから朝活動すれば成功する。
 そうじゃなくて、前半は十分条件じゃねえの? 夜型で成功した人だっているだろう。ちゅうか大発明家、真のビジネス成功者なんて基本寝てないだろうし。

 だいぶ前に、人類が朝夕ニ交替制に移行、ってのを思いついたことがあるが、きっとサイファイの奇才、コード・ウェイナー・スミスの小説群に登場する「ゴー・キャプテン」、「ストップ・キャプテン」からの連想だったのだろう。
 そこでは宇宙旅客船の亜空間航行中の舵取りを前者が、それ以外の通常航行(宇宙空間では停止しているに等しい)中の旅客船全般に関するマネジメントを後者がやる設定だったと思う。豪華客船ならではの船内パーティーの開催、金持ち同士のいざこざの仲裁なども後者の役割である。

 前者は(いわゆるエスパー的)異常な才能を有している関係もあって、普通の人々(すなわち乗客・乗員たち)とまともなコミュニケーションがとれない、みたいな設定だったかな。
 これを読んだときはハッとしましたね。なんて素晴らしいアイデアなんだと。

 でも、人類ツー・シフト制は(これもサイファイの鬼才である)ラファティあたりが書いていそう。それからヴァンパイア・ストーリーにはそんな感じなものもある。

 もしそうだったら、私はまっさきに遅番(夜番)に立候補する。
 あと核燃料事故があってもへっちゃらかな。だって人口の半分ずつ(と仮定して)寝てるはずだし。オフィスも学校も半分でいいんだぜ? エコだろ、え? エコじゃないか。 

 さて、ここで問題です。通勤列車の本数も半減するでしょうか?
 答え、しない。通勤総人数自体は減らないからほんとは一緒である。時差出勤と同様、ピークが緩和されるだけだ。ただし、ピーク時の個別の列車編成は効率化されそう。

 頭のあれなサヨクの人が言ってる「みんな一緒に貧乏になろう」のワーク・シェアリングと勘違いしないようにね。こっちは給料は変わりませんよ。ただ夜勤手当とか無駄な残業は減っちゃうかも。

 まあ、オフィス、学校など頭数依存の設備が半分で済む、などの影響はあるので実は総投資規模は今より減る。それを含めればマクロ的に経済減衰はあるかなあ。それをもって結果的に名目給料水準が減るというなら、反論できないかな。ただし後述のとおり物価も低下が予想されるので実質可処分所得的にどうか、は考えないといけない。

(ただし設備などは、耐用年数問題があるから再投資が半減するわけではない。一つの設備を今より倍こき使うことになりますからね。鉄道・道路のようなインフラは必要性は減らない(初期状態が半分で済むわけではない)し、耐用年数にも影響は出ないから再投資レベルにも変化ないが、実際いつメンテナンスすんだよ、という問題は出る。ある時間帯の交通量・列車本数が半分なら影響は少ないかも)

 効率化とはピークを排除することだから、ピーク依存で支出されていた消費も減るし。つまり(時間帯依存の商品・サービスに限るが)需要過剰で獲得困難だから高いという需給バランスの均衡点が価格帯の下方にシフトしちゃう。総需要量は変わらなくても、価格が下がってしまう。品(つかサービス)余りのデフレ・・・。このインパクトもかなりありそう。

(なお、朝型人経済と夜型人経済の間で需要ギャップが存在する商品・サービスがある。わかりやすいのが寒暖差関連。例えばアイスクリームは朝型人のほうが大量に消費するが、夜型人はそうでもないとか。ただしビールは同等に飲むと想定・・・していいのかな。
 あ、かちわりからの連想ですけど、甲子園大会は春夏それぞれ二回やります。「定時制の甲子園」はなくなる。
 さて総試合数はどうなるでしょう? 朝夜間で決戦をしないなら出場高校総数が変わらない前提で今より一試合少ないだけ。だってトーナメント制は一試合で必ず敗者が一校生まれるから、残った勝者の数の差(今は一校、朝夜制で二校)だけの話ですね。
 プロ野球・サッカーとかは今のままで2セットなりたつかなあ・・・。

 エアコン本体には朝・夜で季節別価格差が存在するはずだ。電力自体はその形では備蓄できないので影響は少ない(ピーク電源の一部がなくなるので発電コストはさがるはず)。それから照明器具の価格。そういう事態があれば必ずアービトラージ、鞘取りビジネスが生まれる。朝夜をまたぐ転売屋(アービトラージャー)とかも横行しそうだなあ。株式などは時間外取引なる概念がそもそもなくなりますね。売買の回転があがるという可能性はあるのかな。

 供給側で見ると、これはお天道様依存で考えるといい。農作物問題。まるで太陽の恵み、植物の光合成が朝型人の「所有物」みたいに勘違いして農作物を「人質」にすると両者間に深刻な不和が生まれる。それに夜型人が対抗できる手段は(夜間蓄熱とか限られたもの以外)あんましないんだよね。夜光性の植物でも栽培するか。ドラウ(ダーク)エルフじゃねっての。

 ちなみに、朝型人のアマテラス信仰、「日の丸」、「旭日章」などは残る一方、夜型人にはツクヨミ信仰、「満月」、「三日月章」というものが生まれます。どちらも正式に国旗になります。
 私は「新月新聞」を購読して、「星空テレビ」を観ます。

 宝塚も再編だな。星組、月組、宙組で、夜ばっかじゃねえか。しょうがない、花組、雪組は譲ってやるか。もういっこだなあ。晴組って変だな。夜だって晴れだし(だったら雪だって夜も降るよ)。日組、陽組は語呂が悪すぎる。うーん、朝組(笑)。天組は?(ファーストフード屋さんみたい)。いやあれ天屋だから。わかった、Sol(ソル)組!(漢字でもないし、宙(そら)とかぶってる気がするよ) あー、わかんね、光組でもくれてやるか(でも月光(げっこう)って・・、もー、さっきからうっさいわ! 妥協じゃ妥協!と激高(げっこう)する。笑わなくていいです)

 こんにちわ、白泉社です。「花とゆめ」はふたつに分かれます。朝版「はな」と夜版「ゆめ」です。今後ともどちらもご愛顧よろしくお願いします。

 赤十字社は別に三日月社にしなくていいいの。あれは宗教問題だから。
 憲法とか法律は、朝夜制移行に関する改訂だけ埋め込めばいいかな。天皇制はややこしいから(買いたくないケンカ売られたくないから)うやむや・・・)

 でもこれに慣れれば、全員が一斉に大移動する馬鹿げた窮屈な生活に戻ることはできないと思うし、新たなビジネスが生まれる可能性もあります。上のような転売屋はともかく、朝型と夜型の人たちのコミュニケーション断絶を防止するようなものがひとつ。どんなのかは知らない。

 ただ政治家までツー・シフトになるので、ほおっておけば奴等二倍になる。なに、それこそ半分づつでいいって? 今でもそれでいいんだよ。でもいつまでも実現しないでしょ。奴等は既得権益は手放さない。例えばレンホウ先生が二人必要になる。朝レンと夜レンね(笑うところね)。あと官僚も総数増える恐れはある。

 総理だって朝番、夜番がいる。指名選挙は朝夜セットかな。外交交渉が切羽詰っていても、「あ、私はここまで。あとは夜番とよろしく」と帰っちゃう。まるでエアライン国際線のアメリカ人のカウンター係みたいにあっさり。戦争中だって、交替しちゃうんだ。まー、でもこれは実際にもそうか。

 なんなら(どっちがどっちとか言わないが)、首都だって東京都と大阪都で朝夜交替制にしてもいいぜ。でも全国各地に万遍なく朝型・夜型が分布する前提だから、仮に大阪都をどっちかの首都にしちゃうと役人から業者からなにからそっち型の人だけ集まっちゃう。議会の問題まで出る。だから首都は東京のままで、朝夜交替ってのが筋かも。

 ここでは家庭・居住用途建物の利用もシフト制にする、ってのは想定してません。想定するとドタバタ・サイファイになる。
 ただし理屈上、結婚・交配は朝型・夜型どおしで行なわれるので、どんどん溝が深くなるんだよな。やがて差別から闘争に発展し・・・、ユートピアものだと思ったら、デストピアものか、これ?

(追加:ここ、浅はか。設定にもよるけど、やがて長い時間が経つと、やっぱ朝型と夜型の境界での結婚てのが出てくるんだ。それは「制度」になるかもしれない。
 叶えられない悲恋? いやあ、それはすでにあるんだよ。ファンタジー映画「レディホーク」(Ladyhawke)。恋人どおしの二人は呪いをかけられる。黒騎士(ルトガー・ハウアー)は昼は人間で夜は狼。美女ミシェル・ファイファーが昼は鷹、夜は人間。でもまあ、プロットとしてはアリですね)
 
 本題(でもないが)に戻ると、人類は核燃料発電自体まだ必要としていなかったはずだ。

 でもシフトの設計を間違うと朝夕のピークがバッティングして今よりピーキーになっちゃうか。いや嘘だな。やっぱりピークは今より減るからピーク電源は少なくて済む。でもポンギに遊びに行けなくなる? 早朝か午前中行けばいいじゃん。きっと夜型の人たちがお店やってるよ。でもそれやると「朝番組」のキャスターたちみたいに早死にするんだよなー。

 本来、人類の体内時計は朝型にセットされているというのが定説らしい。うーん、でも哺乳類って結構、夜行性も多いですよね。
 それこそ文化的人為淘汰じゃないのかしら。

 遺伝子寄与説なるものがあるな。クロック遺伝子。

 私が超夜型ってのは、過去に遺伝子が傷ついてしまったヴァンパイアかウェアウルフの血統を引いているのかもしれない(どう考えても、んな、かっこういいものであるはずがない)。
 ということは、夜ネトゲで闘ってるやつって、みなアボミネーション(異形)?!

**********

 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

 ツクヨミ・シュライン(夜のみ閲覧可)

Images
 ありがたやありがたや、なんまいだぶなんまいだぶ。

Tukuyomi2
 き、きっさまー、ツクヨミ様を冒涜するかーっ!

(上のうた。今見ていたら、みんな「天女を帰すな説」になってる。「月灯り」じゃなかったのか・・・。なんだよ、ずっと直裁的な俗な歌だったんだ。ずっと勘違いで感心してきて損したよ)

 

2011年12月 4日 (日)

Dragon Age Movie インタヴュー。

 まだ自分みてへんけど、取り急ぎ。

http://www.youtube.com/watch?v=UaMaCp_mMRI

 レイドロウ氏も出とるな。あんまり喋らんとき。

 あかん、もうヘイターでいっぱいだ(笑)。

2011年12月 3日 (土)

【DA3】Dragon Age Multiplayer

 あー、ガイジンのみんなが騒いでいたのはこれか・・・。 

 Dragon Age マルチプレイヤー。

http://www.gamespot.com/news/ea-cooking-up-dead-space-spin-offs-dragon-age-multiplayer-6346857

 Dead Spaceネタは省略します。FPSとしてはいいゲームだけどね。

 出どころ、Kotaku。話半分だな。 

 DAにマルチプレイ・フィーチャーを追加。スタンドアロン製品かどうか不明。

 マルチプレイ・モードでは、BF3のFrostbite 2 エンジンを利用。

 Co-opあるいはcompetitive。ドラゴンがプレイアブル(失笑)。

 

 EAは取材拒否。

 GameSpotの見立て。 Looking mostly not bogus、概ねガセではなさそう。

 ME3にマルチプレイを追加したことからみて、DAにも追加されるとの見方は固そう。

 ただし既存シリーズのフォーミュラからの大きな逸脱となるので、実装には極めて慎重にならざるを得ないだろう。独立したタイトルの可能性あり。だがEAがデジタル空間で自社フランチャイズの勢力を広げようとする意図に変わりはないはずだ。

 

 DA3じゃなく、DA2.5とかかなあ。これこそSocialかな。 

 さあ、またファンとレイドロウ氏のバトル再開ですか。 

 フォーラムみにいこうっと。

2011年10月23日 (日)

【DA3】DA3開発正式発表、DA3ティーザー@NYCC

 複雑だなあ・・・。

 BioWareが、DA3の開発を正式に発表したという。

http://ps3.gamespy.com/playstation-3/dragon-age-2/1169665p1.html

http://www.1up.com/news/dragon-age-iii-announced

 そしてNYCC(ニューヨーク・コミック・コン)で、レイドロウ氏とゲイダーさんの出演したDAパネルの映像。撮影者はユーザー。

http://www.youtube.com/watch?v=sjexkoGVKlY

http://www.youtube.com/watch?v=JRVd-qS2Rgo

 コミック、アニメに加え、DA3についての話もある。 

 以前からレイドロウ氏が話していたというDA3のスコープ(この場合、セダスのどの範囲をカヴァーするかということ)についても画像込みで説明がされた(4:30あたり)。

Daomap
 DA:Oのカヴァーしていた範囲。フェラルデン王国。

Da2map
 DA2のカヴァーしていた範囲。カークウォールとそのごく周辺のみ。ロード・アイランド州並みの狭さ・・・。

 そして、DA3。

Da3mapf
 こうすることだってできたかもしれないが・・・。

Da3map
 このくらいまで広げるつもりだと!

 セダス大陸の南半分をカバーするということか。確かに以前レイドロウ氏が語っていたようにフェラルデンの4から5倍はある。

 でも。ああ、複雑な心境だあ。

 セダス大陸の地図。

Thedasmap_wallpaper_1920x1200

 フェラルデン、オーレイ、ネヴァラ、フリー・マーチズ、そしてアンティーヴァ南半分くらいはカヴァーされているのか。

 アンダーフェルズ落選・・・。テヴィンター落選・・・。テヴィンター帝国も多少範囲に入っているが、首都ははるか北なのだ。

 これが正式に決定されたというのではなく、単に「このくらいのスコープで考えているよ」と言っているので、あくまで例示であって欲しいのだが。
 アンティーヴァだって、これじゃ首都が入ってないし。大雑把なレイドロウ氏のことだから、てきとうにザクッと丸で囲んだだけであって欲しいなあ。

 それとフェラルデン入っちゃうのかあ。もう、個人的にはあそこはいいんだけどなあ。またロザリングかなあ。三部作とも登場させる気かな。

 うーん、寝る前に観るんじゃなかった。

 このままでは、私の予想は本命オーレイしか当たらない。Win3じゃなくWin1、それも誰が考えてもあたるものだけになっちゃうよ。

 まあ、アンダーフェルズは完全に大穴狙いだったけどね。

 まだ負けが決まったわけじゃないだろうけど、悔しいー。

2011年9月 3日 (土)

【DA2】ディーモン、メイジなどなど。

 ネットつのは怖いですねぇ。こないだまでピンピンしていたサイトがあっというまに閉鎖になったり。いつのまにか管理人が死んでたり(笑)。そこまでいかんでも、ネットが使えないような立場に社会的に葬り去られたり(おいおい)、単純にアップする熱意を喪ったり。

 (書き手を知るわけないのであくまでおそらくですが)学生時代に命がけでアップしていたようなサイト・ブログが、とたんにぱったりと更新がとまるなんてザラですしね。

 ときたま死んでいないことを示すため、定期的にハートビート(心臓の鼓動)を鳴らせばいいんだけど、経験者はご存知のとおり、ネットから離れなければならないときはキッパリと離れたくなるものである。これ相当なエナジー使うからね。体温高くないとできない。

 あたしも「きょうおいしいラーメンたべたー」で済むブログにしときゃよかった(うそこけ!)。

 ツィッターてのは、ある意味そういう(やたら体温高くないとできないところの)ニッチに食い込んで、いまや主流になっちゃったってことなんでしょうかね。
 「きょうおいしいラーメンたべたー」がタイムラグなく送れる以外になんの意味があるのか知りませんが? ああ、そもそも「きょう」とか書かねえんだな。失礼。「なう」か。
 つぶやいてねえから知らん。

 復活したけど書くことがない。準備していない。

 取っておいた(ようするにボツった)フォーラムネタでお茶を濁させておくれ。

 両方とも、ゲイダーさんが登場する。ひとつは、ディーモンのこと。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/304/index/8167012

 どうしてプライド・ディーモンが最強かっていうのがOPの質問だが、だってそうだからとしか答えようがないから(笑)。

 どう考えても「傲慢」(Pride)が最大の悪徳でしょうよ?
 実は、ここの本題はそれではないのですが。

 OPは「傲慢」からバカなことをやらかす奴はいるけど、現実の邪悪をみるにつけ「貪欲」(Desire)や「強欲」(Greed)が上位ではないかというのですが、私から言わせればそれらは大抵の場合「邪悪」までも行き着かないというか、原初的な悪ですからねえ。犬やネコにだってあるでしょうし。

 やはり人間固有というか、人間社会の悪といったら「傲慢」が最強だと思う。
 「欲望」の仲間でいうなら「嫉妬」は人間固有かもしれないけど。犬猫になったことないんでわからない。「嫉妬」は下に"Envy"が出てきますが、ニーチェの「ルサンチマン」(ressentiment、仏語)までいくと根源的な感情でかつ社会的に複雑な背景に起因しているから本当に怖い。
 でも、哲学的にはここらはみな一緒だったりすると困る(笑)から、この話はここら辺で。

 ゲイダーさんが登場するのは、次のレス。

**********

(おそらくディーモンの階層は、複雑さと進化の度合いによって定められているんだろう)

ゲ: まず本質的なことを言えば、この階級というものはヒューマンの観察者の目を通したものであって、ディーモンたちが従っているわけではないんだよ。
 ディーモンの間にもニュアンスの違いが生まれる余地がある。たとえば報復(Retribution)に特化した強力なレイジ(Rage、憤怒)ディーモンがいるかもしれない。単純な憤怒とはいえない、とても強力で複雑な動機じゃないかな。
 一方で、情欲(Lust)だけに特化した弱いディザイア(Desire、欲望)ディーモンもいるだろう。
 ディーモンの占有領域(the demon's demesne)が複雑であるほど、それがフェイドで憑依することのできる精神的テリトリー(psychic "territory") も広い、それがゆえに強力になるのだ。

 ディーモンには「グループ」もあって、階層にはなっていない(皆にお見せするつもりのなかったディーモンについて議論したくなかったからでもある)。
 でも間違いなく存在する。Fear(恐怖)、Despair(絶望)、Envy(嫉妬)、Remorse(後悔)などが主要なものだ。他のタイプのサブグループと目されることも多いが、ディーモン自身、そういう見方には与しないだろうね(強烈に縄張り意識の強い連中だからね)。

(訳:例えばRemorseなんて「慙愧」、「呵責」、「痛恨」なんて訳語つけると格好いいけど、後から類似品Regret、Qualm、Griefなどが出てきたときに整合性とれず泣くことになる(笑)。最初は一番無難な、小学生でもわかる熟語がいいんじゃないかなと思いました。あ、こっちだけの話でした。後悔先に立たず。しっかし我ながら・・・。山田君、ざぶ(略))

**********  

 個人的には、こういうふうに階層も何もぐっちゃぐちゃになるカオスなディーモン・ワールドが好きなんですけど、一方でDA2で始めたプライド・ディーモンのハイブリス(Hybris)、ディザイア・ディーモンのアルーア(Allure)、スロス・ディーモンのトーパー(Torpor)のような固有名詞(ってのも変だけど)の趣向も大好きなんだな。
 だって自己主張の極めて強いディーモンが一般名詞で呼ばれて満足するわけねえもん。ってヒューマンが便宜上呼んでいるだけですけどね。
 もはや自分でどんな訳語あてたか忘れてますけどねー(笑)。

http://vanitie2.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/drag-2f3a.html

 ああ、ここにまとめてあった。不遜、魅惑、倦怠。まあ、後から増えてくるとここらへん混乱して後悔するんだろう。

 そういえばあのディーモンの全部があてはまった頭のおかしいバカな総理もやめちったな。正直ほっとした。

 次のレスもおまけ。

**********

(簡単な見方は、憤怒(Rage)が限界を超えれば、男に妻を殴り殺す力を与えることができる。傲慢(Pride)は、多くの奴隷と無辜の者たちの死の上に帝国を築くことができる)

ゲ: んー、そいつはどうかな・・・。憤怒だって何かを築くことはできるよ。YouTubeにだって明らかに憤怒のみで作成されたヴィデオがアップされてるよ(訳:大笑い)。
 ここのフォーラムにだってそういう人が何人かいるじゃないか。
 だからといって、悪魔のモチヴェーションとして劣後にある証拠にはならないかどうかもわからないけどね。

**********

 傲慢で世界を破滅に導くことだってできますもんね。世界を破滅に導けるのは傲慢しかないのかもしれない・・・。

 ちなみに私のブログの上のリンクの記事は、ときの総理に対する純粋な憤怒(pure rage)のみで作成しました。その意味でもゲイダーさんは正しい。

 DAのディーモン学は、アメリカ、おっとっと、カナダ・北米寄りのあっけらかんとサバけた学説のようであり、旧大陸系やイギリス系のねとーっとした気持ち悪い感触がないのが特徴ですね。
 好き嫌いもあるでしょうが、DnDから流れてくると、こんな昆虫採集とか、標本図鑑みたいなノリになりますね。私はこっちのノリに慣れてしまっているもので。

(追加)メガテンあるいはペルソナの「悪魔学」は、北米(DnD)タイプ、旧大陸系タイプ(クトゥールもこっちかな)の両者いずれとも違う独自のジャンルってことで並び称されるべきものだと思いますよ。そもそも、当初あれ「悪魔」じゃない、「アクマ」だったっけな? ファミコンは漢字が使えなかったから? いやそれはそうだが、登場するの悪魔だけじゃなかったっしょ?
 水木ワールドの影響もありそうだしね。

 ディーモン編は以上で。

 もうひとつのネタはメイジ関係。insane and stupid mage antagonists、「DAに登場するメイジはこれからもみな頭がおかしくてバカなのか?」

http://social.bioware.com/forum/1/topic/304/index/8224772

 OPの次の質問(ちゅうか、ゲイダーさんが正しく看破したように煽り?)にゲイダーさんが答えます。

**********

OP: サークル・オヴ・メイジャイの解放とは、DLCやDA3に、もっと多くの頭のおかしいメイジの敵役が登場するという意味なのか?
 ホークが意味のある選択をする自由は奪われ、頭のおかしいバカなメイジと戦う以外の道は選べないのか?
 メイジの敵役は引き続き頭のおかしいバカなキャラクターとして描かれるのか?

ゲ: ザ・ディヴァインは果たして、全ての哀れな、謂れなきレッテルを貼られた頭のおかしいメイジたちに謝罪するのか? 
 ライター衆は、自分たちが間違いなくそうだろうと糾弾されてきたように、「自由」が嫌いであると本当に認めるのか?
 アンダースは果たしてネコを取り戻せるのか?
 いつも御馴染み三人のポスターたちは、おんなじトピックについてちょっとだけ表現を変えたポストを代わりばんこにいつまでもアップすることをそろそろやめたりしないのか?

 他にも多くの質問にお答えします。詳しくは11時のニュースでっ!

**********

(その御馴染みの三人ではないだろう別のポスター)
 もちろん、OPの質問がそうやって茶化されるだけじゃなく、回答が得られたならやめるんでしょう。そんな風に応対するから、またしても哀れでバカなプロ・メイジのポスターたちの怒りを買うわけだし、そういう連中はどんどんとてつもなく態度が悪くなっていく。フォーラムからバンするための口実をちゃんと準備しておくべきだよ。
 そうすればこんなスレッドは二度と登場しない。

ゲ: 君は、ここのフォーラムをこれまであまり見てこなかった?
 
 以前、特定のポスターたちとこの話題について議論しようとしたことがあったが、彼らの「証拠」なるものの半分は推測と主観的意見の産物であり、議論は当然というかそうしかならないというか、延々と続く堂々巡りになったんだよ。だから、答えはNO、表題の質問に答える必要は感じられない。とりわけ、真に答えを求めていない質問にはね。
 でも議論はどうぞおやりになってください。ただし、そこら中につば飛ばしたりすることや、オーヴァーなジェスチャーは控えておくれ。smilie

**********

(言を左右にのらりくらりかわすのにエナジーを費やすくらいなら、ただシンプルに答えるほうが楽じゃないのか?)

ゲ:なぜなら、「全てのメイジは頭がおかしくてバカなのか、あるいはライターたちがわざわざそう書いたのか? これからも頭がおかしくてバカに書くつもりか?」というのは質問じゃないからだよ。それらは質問のふりをした意見の表明だよ。

 そしてそれらに答える(あるいは上で私がやったように答えようとする)ためにエナジーなんて使ったりしないよ。たまたまフォーラムを眺めていたら、「なに、また? まだやってんのか?」 そして、そう、またいつものメンツだ。まっとうで丁寧な質問なら喜んで答えるよ。私が見つけて、面白いと思えばね。そうでなければ、こっちにだって茶化す自由はある。もちろんそっちにもねsmilie

**********

 小説や映画では、作者(映画は主として監督とライター)に「中身が違う!」とけちをつけるケースってのは、稀・・・、と言い切っていいかな? 一般にはないですよね。例外はどこにでもあるだろうけど。
 「そんなエンディングなぞ気に喰わん!」というのはたしかにあっても、「次回作はこう書け(撮れ)!」なんて作者に言わないよね? 仲間内で冗談で言うならまだしも、「お前様何様、馬鹿野郎様?」となる。

 ハリポタの物語はあのおばさんが考えた結末で納得するしかないわけでしょう? もちろんおばさん側にも全世界からのフィードバックの力は働いたのだろうけど、彼女なりの結末を何らかのプレッシャーでひんまげたってことはないよね? ないと思うんだけど。

 テイク・オア・リーヴ(Take or leave.)、「イヤなら読むな(観るな)」でおしまい。

 どうして、ヴィデオ・ゲーム、特にCRPGでは、一般ユーザーが(私も含め)そのシナリオに「ああだこうだ」偉そうに言うんだろうか?
 (リアンドラのくだりだけ怒っている)私など可愛いもので、上のようにネガキャンをはるアジテーターは普通に存在する。
 
 ヴィデオ・ゲームの場合はひとつの理由はわかってる。そもそもヴィデオ・ゲーム(ここではPCゲーム)の成り立ちとして、ネットワーク(インターネット以前)からのフィードバックなり、バグフィックス用途のフォーラムが存在したから。開発者が身近な存在であるのが最初から普通であったから。(つうか、フォーラムって発生形態はバグフィックスの情報連絡用途だかんね?)
 聴き手がいて、レスポンスがあるから声を上げる。当初は作り手も受け手も好事家だけしか存在しなかったから上品で節度ある世界だったが、サルでもネットが使える時代、平均IQがガンガン落ちていって、どんどん荒れてダメになったという説。

 一理ある。でも違うと思う。

 結局、CRPGのシナリオはいまだに「工業製品」なんだな。「作品」ではあっても「工芸製品」ではない。「文芸作品」ではましてやない。

 受け手は「作品」としての重きを置いていないのだと思う。そして作り手(書き手)は、それこそコンピューター・アプリケーションであるが故の、仕様が当初の思い通りにならない「あきらめ」の境地にあるのかもしれない。

 DAとかMEではないが、主流ゲームの開発者には「ヴィデオ・ゲームのシナリオは映画の水準に達した!」などと不遜なことをのたまう者もいるくらいだから、お前のハードルどんだけ低いんだという気がする。つまり、裏返せばその程度。パチンコ・マシンのテーマの背景物語程度。AV映画の導入設定程度。

 洋ドラなどでは、視聴者の意見でころころプロットが変わる(ものがある)。
 そういうのがインタラクティヴっていうなら眉唾ものだ。最初から視聴者も暇つぶしである。だからなにやってもいいという姿勢ですね。視聴者のフィードバックでシナリオが変わるというメタ的な部分を含めてのパッケージ販売だ。

 おお、書いていて気がついたが、(フィードバック洋ドラの生みの親)J. J. エイブラムスとなんとか48の秋元さんの顔つきがなんだか似てるなーと思っていたが、まさに「ファンの動向でメンバーも出し物も変わる」点で後者も一緒か。発想が一緒だと顔も似てくるのか。それとも必勝法を編み出すのはああいう顔つきの人物か。

 日本のドラマも人のことは言えない。最近では「放送回数未定」という世界がある。数字とれなかったらターミネイト。露骨に視聴者の声でシナリオが曲がるというのは一般にはないけど(ゼロではない)、「放送回数未定」システムがもう視聴者に媚びる作り。
 少年ジャンプは昔からずっとそう。(そうそう、人気投票もそうだ)

 たかが「ヴィデオゲーム」、暇つぶし以外の何物でもないではないですかって?

 そうかな。200時間、いや300時間の暇つぶしってなんだよ?

 あああっ、ここだけで記事一個分いけたな! くそっ。

 「きょうのラーメンおいしかったー」の一文で記事にできる世界が羨ましい(うそをつけ)。

2011年8月29日 (月)

【DA2】【DA3】PAXパネル情報。モリガン、カムバック?!

 PAXのレイドロウ氏のQ&Aパネル。

 残念ながら週末にじっくり見る時間がなかった。

 ゆえに、彼が登場する複数のBioWareビデオのうちのどれかもわからないが、フォーラムで内容をまとめてくれている方がいる。録音は「不可」とされたそうで必死に手書きでメモったそうだ。どのみちオフィシャル映像がBioWareTVに流されるのに、自分でもバカなことをしたと自嘲してる。

 バカなことをしてこそのBioWare亡者。
 オタク万歳。
 (次のリンクで8ページ目に飛べるだろう。その下段に長文のポストがある。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/260/index/8184797/8

 それ以外では、このサイト(こっちはnerd appropriate、商業サイト)によくまとまっている。こっちにはゲイダーさんも登場しているので、同じパネルかどうかわからないし、ゲイダーさんが登場するBioWareTVの録画は私はまだ探しきれてません。

http://www.nerdappropriate.com/2011/08/28/pax-prime-2011-dragon-age-panel-secrets-revealed/

 最初の公式フォーラムのほう、ざーっと眺めましたが、(二つ目に出てこない)重要ポイントは一点だけかな。(申し訳ないが、あとは読んでくだされ)

 モリガンが戻って来る?!

(誤報でした(笑))

**********

They showed a picture of Morrigan! Um, so yeah, there's that. I later heard Mike Laidlaw reiterate his "we're not done with Morrigan" line, which was nice because I'm sure many of us thought that just referred to Witch Hunt.

 モリガンの絵を見せてくれた!(訳:新しい絵ってことかな)
 レイドロウ氏が後から「モリガンの物語はまだ終わっていない」という以前からの発言をまた繰り返している。「ウィッチ・ハントで終わりではないという意味と多くの人が受け止めたはずだ。

(追加)その後、フォーラムのPRマン、イーヴィル・プレスリー氏が次の「否定コメント」。
 どうやら、この記事の後半に登場する、「納屋を燃やしている魔女」のコンセプト・アートのことらしい。
 原文のまま。つか、おでぶなプレスリーちゃんもビビリ倒したらしく、タイポがひどい(笑)。

Just pointing out that this is NOT the picture of a rumored Morrigan that was shown at last nights panel. This is some concept art for upcoming... stuff, but is not the image people are referencing when they talk about a Morrigan picture.

This shot looks to have been taken right at the start of the presentation. Mike asked people not to film or take pictures and I think everyone complied. So teh odds of peope seeing this rumored image likely won't happen. Sorry.

**********

 モリガーン、かむばーーーーっく!(笑)

 なるほど、私はBioWareTVからモリガンの画像を探さないといけないわけですね・・・。

(追加:あったとしてもそれはモリガンではない)

 ふたつめ、nerd appropriateのほうは記者が書いているので(おそらくこっそり録音しているので(笑))、よくまとめられている。以下はこちらに準拠。

**********

1.コンバットの仕様

 DA2のDLCでもその方向で取り掛かっているが、今後のコンバットにおけるBioWareのマントラは、preparation(準備)、 teamwork(協業)、positioning(配置)である。今までにないくらいタクティカル面を強調するつもり。

(訳:簡単に言えばどちらかといえばMMO寄りだったDA:Oと、ニンジャ・ガイデンかはたまたデヴィル・メイ・クライ、ハック・アンド・スラッシュ寄りだったDA2でいえば、DA:O寄りに振り子を戻すってことでしょうか。ただし、"incredibly tactical"、「ありえないくらい戦術重視」といっているので、Bulder's Gateシリーズ、Neverwinter NightsのようなDnDワールドのコンバットの世界まで戻すのかどうか。
 申し訳ないが、一般のMMOのコンバットは私から言わせれば戦術的でもなんでもない。バカ、もとい、サル、ちがう、誰でもできるように設計されているから)

2.物語のスコープ

 最初にDA:Oのフェラルデンの地図とセダス全体の地図を見せられる。「かなり小さいな」と思う。次にDA2のカークウォールの地図を見せられれば、ロードアイランド(訳:合衆国の州、ロードス島じゃないよ)くらいちっぽけだと皆が笑う。
 レイドロウ氏が最後に見せたのは、フェラルデンの軽く四,五倍はある地図。
 シリーズはこの方向に向かうことを示唆している。会場からは好感を得たようだ。

(訳:モリガンの話というよりも、こっちのほうが重要じゃないかって? 後に続くDA3の物語の舞台の話とあわせて「そんなことは、わしゃ、ずーっと前からわかっとったんじゃよ!」(笑)) 

3.プレイヤー・カスタマイゼーション

 コンパニオンの装備が変更できるようにするファンの要望についてBioWareは真剣に受け止めており、どうやら復活するようだ。メリルの全く新しい装備を身に着けた姿をちょっとだけ見ることができた。だがDA2のDLCで実現はむずかしだろう。DA3か、未発表のDA2のエキスパンションで復活と予想される。

4.DA3の物語の骨格

 DA:Oはフェラルデンをブライトから救う物語。DA2は世界を巻き込む抗争の火種が生まれる物語。DA2はDA3に繋がる「大きな一歩」であり、DA3は「世界が自らを救わなければならない」物語となる。

5.ホークと主人公ウォーデンの出会い

 ファンなら誰でも想起する問題。DA2でホークが主人公ウォーデンと出会わなかったのは非常に残念であるが、どうやらその望みは適いそうだ。ゲイダー氏が軽くほのめかしたところによれば、「そういう風になるように我々の気持ちが傾いてるかもね」 "we are perhaps so inclined (to have their paths cross)"。出会いはあるだろう。

(訳:(個人的にはどうでもいいが)おそらく最大の問題はgreywardens.comのスティーヴが言っていたように、「顔出しするのかどうか、声がつくのかどうか」。デフォルトのホーク、ジェネリックなウォーデンで許されるのかってこと。かなりきついと思うんだ。だからギリギリでも後姿とか(この場合でも性別、ウォーデンなら種族違いを反映しないといけない)、そんな感じかなあ)

6.世界抗争と魔女

 三作目ではメイジとテンプラーが権力を争う戦いが描かれる。プレイヤーは世界に平和をもたらすため、様々な「目新しい」"exotic"場所に訪れる。オーレイとテヴィンターについて何度か触れられた。そうそう、敵対心を顕にした魔女が納屋を燃やすコンセプト・アートもあった。魔女は納屋が大キライだ。

(訳:オーレイとテヴィンターの予想が当たって、ついでにワイズホプトが当たれば私の予想はフルマーク。「対抗」はアンティーヴァかな。exoticをどう解釈するかによる。メイジ・テンプラー抗争ともグレイ・ウォーデンとも直接関係のない土地だが、異国情緒が漂うのは間違いがない。物語に出したければそこでブライトを発生させちゃえばいいし(おいおい)。「大穴」はクナリの本拠地パー・ヴォラン。抗争の第三極になると面白そう。個人的にはクナリはもうおなか一杯だが、女性クナリ、つーかあのツノ種族のメスが出るかもしれないそうだから) 

7.主人公

 ホークの物語はまだ終わったわけではないが、フェラルデンの英雄の物語は終わった・・・。それは主人公ウォーデンがこの世界にとって重要人物ではないという意味ではなく、三作目の主人公にはならないという意味だ。ゲイダー氏は、DA3は(訳:とは言ってないが)今まで登場したことのない新しいヒーロー(an all new unseen hero)の物語になるとほのめかした。

8. Dragon Age MMO?

 ないよ。

9.フェリシア・デイとレデンプション

(訳: んー、これ訳します? 勝手に読んでくれる?(笑))

 ウェブ映画準備中でーす。

10.チームワーク

 特定のメンバーを同行していると「パーティ・ボーナス」が登場する。単純な「バフ」の類ではなくて、特殊な形で累積し、プレイヤーが特定のキャラクターをメンバーに選ぶ動機づけになる。

**********

 残念ながらPAXで発表されると期待されていたDA2のDLC(期待薄だが、ダメ元で言っておくとエキスパンション・パック)の話はまだない。PAXはもう一日あるので、最後の日に出るんでしょうかね。

 上の話の感想としては、DA3のコンテンツは最低でもDA:Oくらいはある、下手すると上回ると思われるので非常に嬉しい反面、開発はどんくらいかかるんだろうとやきもきする。
 一説によれば、2012年はBioWareにとってME3の年、(きっとリリースがずれ込む)SWTORの年となるので、これを避けてDA3は2013年リリース。ちょいと悲しいが、2013年春かなあ・・・。やっぱ延期されて2013年クリスマス(笑)。

 その間隙を繋ぐためにも、「エキスパンション・パック」を期待する声も大きい。
 レイドロウ氏も、例えばコンパニオン・カスタマイゼーションについて「DLCでは難しい」と言っているだけなので、「エキスパンション・パック」ならなんとかなるんじゃないか、と藁にもすがる思いのファンの声(笑)。

 BioWareの誰もが「エキスパンションは100%俎上に載っていないわけじゃない」というお役所答弁だが、これって、「前向きに善処します」と一緒ですよね。

 個人的には、たしかにあったら嬉しいが。レベルキャップは50に設定されているそうなので、当初は構想があったのかもしれない。ただキャラクター・モデリングにまで触るとなると(本編まで遡って)大手術の可能性もある。逆にそこに触らないのにエキスパンションを出したと批判されるのは自明だから、それにビビッて、DLCオンリーでいくんじゃないかな。
 DLCもきっとあとひとつで打ち止めかなあ? 
 それとも2012年の間にDAを忘れさせないように、なにか持ってくるかな?

2011年8月23日 (火)

【DA2】【DA3】ムジカ博士、折衷案を語る。

 元ネタはPCゲーマーだが、ホームページがなんだか勝手に音楽を流したり
うるさいので、また引きのIGNで。

http://pc.ign.com/articles/118/1189627p1.html

 BioWare Talks Dragon Age III

 The third game will be a little bit country, a little bit rock & roll.

 BioWareの創業者のひとりにして現CEO、EAのRPG部門のディレクター、ムジカ博士のインタヴュー。

 副題はムジカ博士の言葉ではなく、記者のしゃれだと思いますけど、「ちょっとカントリー・ミュージック、ちょっとロケンロール」というのは、明らかにまずいのでは・・・。
 カントリーは全部コードAメジャーだし(笑)(脚注)。さらにエイト・ビートだから。
 それって、和製ロカビリーのウェスタン・カーニバルじゃないすか?

**********

 ムジカ博士は、DA2に対する反響が賛否両論であったことは素直に認め、「BioWareはフィードバックを真剣に受け止めることを重視する会社だ」と、これはいつものセリフ。
 「コアファンはもっとOriginsらしさを求めていることは承知しているし、その期待にこたえたい。一方で、新しいファンのことも考えないといけない(すなわちとっつきやすさ、アクセシヴィリティ重視)」

 となるとDragon Age IIIは、OriginsとDA2のミックスになるようだ。

 「開発者としての我々に必要なことは、双方のファン層のフィードバックを真摯に受け止め、シリーズの将来ゲームで両者の結婚を目指すことだ。すでに開発チームは素晴らしい計画を考えていると思う。OriginsとDA2の最良の部分を結婚させ、双方のファン層とも驚かせるような何かを生み出してくれると思っている。
 もっと詳しくお話できるときがくるのを愉しみにしているよ」

"What we need to do as developers is take that feedback from both sets of fans to heart and see about marrying that in future games in the Dragon Age franchise. I think that the team has actually got a great plan. I think the team is going to have some things that are going to surprise both sets of fans, both core fans and new fans with a marriage of these… the best from both games, Dragon Age: Origins and Dragon Age 2. And we look forward more to talking about that in the future."

**********

 折衷案かよ。そいつぁ気が気じゃねえなあ。

 ルール・ナンバー・ワン。

 ・人間とゴリラが結婚したら何が生まれる?

  ゴリラより弱くて、人間よりバカな何か。

**********

(@ Bob's Country Bunker)

Murph: I think you hit the lights!
Willie: Maybe they blew a fuse?
Lou: I don't think so man. Those lights are off on purpose.
Elwood: Okay. We gotta figure out something these people like and fast.
Murph: Hey I got it. Remember the theme from Rawhide?
Elwood: The old favourite. Rowdy Yates.
Murph: What key?
Donald: A. Blues country key.
Elwood: Rawhide in A.

- Blues Brothers (1980) 

 

2011年8月 6日 (土)

【DA2】フレメスとは何者か? (5)

 

 greywardens.comの連作記事。フレメスに関する考察週間。いつつめ。

 これでオーラス。

続きを読む "【DA2】フレメスとは何者か? (5)" »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31