フォト
無料ブログはココログ

« 【SWTOR】プロローグ感想(1) | トップページ | 【SWTOR】プロローグ感想(2.5) »

2011年12月22日 (木)

【SWTOR】プロローグ感想(2)

 スマグラー編。

 これはトルーパー編と同じ舞台であり、個人的にはどちらもプロローグを終えている。
 正直ここに書くのにどちらを選ぶか悩みました。どっちも面白い。

 やっぱ、「中立」の物語って幅がありますよ。スマグラーはDnDでいうところの「混沌にして中立」(法ってなあに? とりあえずいくらくれる?)、トルーパーは「秩序にして中立」(サー、イエッサー! 命じられれば死地へも赴く)のそれぞれ類型ですからね。

 悩んだが、ここはハン・ソロに敬意を表してスマグラーにしておこう。
 いやいやトルーパー編もなかなか面白いですよ。

「続きを読む」の下。


 

 

 

 スマグラー編の舞台となる惑星オード・マンテル(Ord Mantell)は、コア・ワールドのはずれに位置し、銀河内周部のミッド・リムに分類されている。

 共和制からの離脱をもくろむ分離主義者、セパレイティストによる内乱が進行中である。分離主義者は映画にも登場しました。共和制側から呼ぶとそうだけど、独立主義者のことです。
 コルサント条約によって、この界隈(て言っていいのか)の共和制側星系はおおむね帝国側に鞍替えすることとなった。オード・マンテルは数少ない居残り組。

 この惑星は歴史上アウター・リムとの重要な交易拠点であったが、汚職政権が続いたことでその地位もとっくに失墜しており、事実上この惑星を支配してきたのは腐敗と堕落、非合法な地下経済であった。商売上の理由によって形の上では共和制を支持する政権は、実は地下組織の傀儡であることが誰の目にも明らかである。地元の軍隊では手に負えなくなった内乱には共和制側の軍隊が介入し、分離主義者のゲリラ活動のもぐらたたきを行なっている。

 スマグラーはブツ(武器ですね)を届けに自家用宇宙船で乗り付けます。

 PC(プレイヤー・キャラクター)のスマグラーは共和制寄りです。もちろん善悪なんて価値観は最初から持ち合わせてないんでしょうけど、レッサー・イヴィル、レス・ワースを選択しているだけのこと。シス帝国の貿易制度上の締め付けはうっとおしいくらい厳しいのです。
 個々の星系の貿易制度を尊重する共和制の経済システムは、まさに鞘取りビジネス、アービトラージにもってこいなのだ。

 ま、実際の経済でダブル・スタンダートを利用するのはほんとは邪悪じゃないかっていう場合もあるんだけどね。先進国とそうでない地域の間の例えば自動車や医薬品の安全基準の差が思い浮かびますね。

 対空砲火が飛び交う戦場に舞い降りて、約束のブツを届けて、支払いは安全な口座に振り込んどけ、補給だけしてとっとと脱出! 

 そうはならないから面白い。

 スマグラーの目的は、このけたくそ悪い惑星から一刻も早く脱出すること。脱出する手段を手に入れること。それと裏切りへの復讐。
 あれ、乗ってきた宇宙船は? それはネタバレになるのでご自分でお確かめ下さい・・・。

 捨てる悪党あれば、拾う悪党あり。はめられたのは自分だけじゃない。地元のボスもスマグラーがはまった裏切りの罠に頭に来ているのだ。しかもそのボスの後ろには、さらにしゃれの通じない大ボスがいて・・・。

 地元のボスの手引きによって、なんとか裏切り者の行方を追跡し、最終的にはこの惑星から脱出して復讐を果たす。奪われた宇宙船を取り戻す。
 法こそなにそれだが、口コミの噂話による名誉失墜、ヘタレ風評災害は渡世人にとって商売あがったりになるだけじゃなく最大の屈辱だ。なんとしてでも汚名挽回しちゃダメだ、汚名返上だ。

 といっても、裏切り者がたくさーん登場するので、途中で一体誰のことを言っているかわけがわからなくなりますが。しまいには地元のボスも大ボスから落とし前をつけるように迫られる始末で、めぐり巡ってブツが奪われたのもスマグラーのせいにされ。

 どいつがどんな立場で動いているのか、虚虚実実の話もそこそこ面白く、私のように殺さなくてもいい相手を殺しそうになったりする。カットシーンの途中で気がついたのでEscキーで脱出しましたが。

 舞台がトルーパー編と一緒なので、現地の軍隊にいきなり雇われるクエストとか結構あります。「それってスマグラーがやるかなあ、どうかなあ・・・」と思いつつ、キメ台詞は「で、いくらくれんの?」 "What's in for me?"

 渡世人はなんも考える必要なくて気楽でいいぞ。トルーパーもわけわかんなくなったら「サー、イエッサー!」で済むと思えば楽ちんだけど。

 銃撃戦自体の面白さは、実はトルーパーの強力な火力に比べると負けてしまうのですが、なかなかトリッキーで面白いプレイは楽しめます。正直プロローグをうろちょろしている今のところはライトセイバーよか銃撃戦のほうがまだ面白いかもね。

 最後に残念なこと。自分のPCはヒューマン男性にしてしまったのだ。ハン・ソロだし、となんも考えずに。
 これは女性だったかもな・・・。BioWareらしく会話上でも「いちゃつく」(Flirt)選択肢が多いんだよね。しかも暗黒街のNPCはきっと男性が多いはずなのだ。
 (さすがにSWTORですから、BioWare作品でデフォルトのバイとかトランスとか、そういうのはフィーチャーしてないよね・・・)

 一説によるとホモ・セクシャルは後日追加予定とか。BioWare公式の回答だそうだが私が確認したわけではない。。

http://www.swtor-life.com/game-mechanics/same-gender-romance-options-to-be-included-in-swtor-post-launch/3691/

 8人のキャラ、男女同数にして、種族もバラけさせようとしたので、いらぬ配慮が入ってしまったな。

 いやいや、このさき「いちゃつく」選択肢てんこもりですよ、だといいんだけど。

« 【SWTOR】プロローグ感想(1) | トップページ | 【SWTOR】プロローグ感想(2.5) »

ゲーム」カテゴリの記事

Star Wars: The Old Republic」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【SWTOR】プロローグ感想(2):

« 【SWTOR】プロローグ感想(1) | トップページ | 【SWTOR】プロローグ感想(2.5) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30