フォト
無料ブログはココログ

« 【SWTOR】プロローグ感想(2.5) | トップページ | 【DA3】Skyrimに学べ。 »

2011年12月22日 (木)

【SWTOR】プロローグ感想(3)

 第三弾はインペリアル・エージェント編。

 バウンティ・ハンター編と同じ舞台ですが、そちらはまだ途中だ。
 んー、これはエージェント編のほうが愉しそうだけどなあ。

 「続きを読む」の下。

 インペリアル・エージェント編というから、エスピオナージ(諜報活動)ものかと思ったら、どっちかってとサボタージュ(破壊活動)メイン。

 舞台となる惑星ハッタ(Hutta)。どちらかというとフッタが近いのかもしれないが、ハット族が居座っているからハッタのようだ。ハッティーズ(ハット語)では「素晴らしき宝石」、「天国」の意味だが、ハット族以外には毒性の雰囲気が渦巻く湿地が広がるただの「この世の悪夢」。生活するなんてとんでもない。その名前を囁くと泣く子も黙る。泣く子とハットには勝てない?

 ずっと思ってたんだけど、ジャバ・ザ・ハットもそうだが、なぜハット族はあんな身動きもとれなさそうな図体なのに強力な権力者なんだろう。いかにも捕食される側って気がしません?
 悪徳商人として権勢を誇っているってことなのか。莫大な資金を用いて、法と秩序をわがものに悪用してるわけだね。

(ハットの母星はだいぶ前にブラックホールに接近したかして居住不可になってるんですね。この星は原住民エヴォカイ(evocaii)を巧妙に騙して支配権を奪ったのだが、母星に住めなくなったハット族が移り住んできた。エヴォカイは奴隷の身となり、惑星もハットが居心地の良い様に汚染されまくった)

 ハット族の身内の抗争こそ途切れることなく続いてきたが、共和制と帝国の戦いには基本無関係。自分たちの身が安泰であれば、儲かることは何でもやるスタンス。

 無頼を誇るバウンティ・ハンターですら来訪を躊躇するというこの忌まわしい星にやってきたエージェント(シスと紛らわしいがチスなる種族の女性エージェントだ。宇宙戦艦ヤマトのガミラスみたいに顔面真っ青で目が真っ赤なやつ)。
 もちろん帝国のエージェントなんぞ名乗って来るわけはない。名だたる宇宙海賊レッド・ブレイドの身分を詐称して、まんまと地元を牛耳るハット族のボスの一方に取り入った。

 目的は、大きな商圏を握っているハット族を帝国側に引きずりこむこと。それができないなら共和制側から遠ざけること。最低でもハット族の動向がわかるように盗聴を仕込むこと。
 んー、話はまあまあ面白いんですけどね。プロットにはわりかし面白いツイストもあるし。
 ただ、ハット族の惑星っていう舞台がちょっとね・・・。

 ここはほんとに見渡す限りの湿地帯で、シティー派エージェントを気取ってたのに全然おしゃれじゃないんだよね。 スピーダーの配置もなんだか使いづらい。基本歩き回るのがメインになるんだが、地面を走ると「ぺチャぺチャ」って足音がするのがどうにも。湿地はもちろん汚染された汚い液体に満たされているし。
 破壊しろと言われるのも潜入しろといわれるのもなんだかガス工場ばっかりなのだ。燃料ガスが大事な商品なのはわかるんだけどね。

 ところでバウンティ・ハンター編は「問答無用」、口より先にブラスターが出るキャラでやっていたので、エージェントは趣向を変えて全編「光のサイド」でやってみた。必要ない場合は極力殺さないことで。
 バウンティ・ハンターなら殺してしまうところで殺さないでも別に問題ない。
 ストーリー自体に興味がなければ、この選択はポイント稼ぎの趣向しかないのかもしれません。後にポイントに応じて何か手に入るんだろう。ずっとどっちつかずでやると損するのかな?

 途中でアナーキーっぽい女性アサシン(ME2のジャックを丸くしたような感じ)がコンパニオンになったときは、この「光のサイド」の方針を貫けるかどうかちょっとビビッた。好感度ガンガン下がるのかなと思ったが、超良い子な選択肢でも別段気にしないみたいだ。そういう意味でアナーキーなのかも。(ジャックと同様に)本人のことをバカにするとドカンと落ちたりするのかな。

 それから気になったのは、これも造り上仕方がないんだろうが、クエストが進むたびにいちいち帝国の諜報機関の上司に連絡をとらなければならないことだ。潜入ミッションでそれはないよね・・・。そこまで信用されていないってことなのかもしれないが。

 他のプロローグも同じですが、プロローグだけでは完結しない結構重大なルーズエンドが残される。エージェントの任務は結局ハット族の動向を盗聴し、サボタージュ活動は共和制サイドの仕業だと偽情報を掴ませるくらいで終わってしまった。
 ハット族のボス連中との絡みはこれからもあるんでしょう。

 ただこの惑星は・・・。よほどの餌でもなければ、もういいかなあ。おべべが汚れちゃう。

« 【SWTOR】プロローグ感想(2.5) | トップページ | 【DA3】Skyrimに学べ。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Star Wars: The Old Republic」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【SWTOR】プロローグ感想(3):

« 【SWTOR】プロローグ感想(2.5) | トップページ | 【DA3】Skyrimに学べ。 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30