フォト
無料ブログはココログ

« Dragon Age Movie インタヴュー。 | トップページ | 朝ブログ »

2011年12月 4日 (日)

またしてもブリューゲル。

 こちらはMovie Walker。ちょっと映画を誘われているので、何観ようかなーと探していたときみつけた。リア充ですまん。おっさんだから許せ。

http://movie.walkerplus.com/mv48983/trailer/

 「ブリューゲルの動く絵」。そんな邦題さー、宮崎駿のアニメ映画のタイトルのパクリじゃん。

 でも、またブリューゲルきたよ。Vanityのブリューゲル・フラッグは怖すぎます。以前はブログ記事「四つ来た。」でご紹介しております。これで五つ目。

 Apple Movie Trailerはこっち。英語版。

http://trailers.apple.com/trailers/independent/themillandthecross/

 英語題名は"The Mill and The Cross"。監督は波蘭のLech Majewski。

 元の絵は下のリンク。題名の英訳はいくつかあって、英語版映画宣伝でもちいている"Way to Calvary"というものがひとつ。Wikipedia(en)では、"The Procession to Calvary"となっている。Calvaryとはジーザスの磔のことをさすそうだ。ゴルゴダの丘のラテン語訳が語源で、いずれも「髑髏」(どくろ)の意味。

http://en.wikipedia.org/wiki/File:Pieter_Bruegel_d._%C3%84._007.jpg

 これ観にいくかな。元の絵はあの「死の勝利」ではなかったのでニアミスしただけだし、わりと面白そう。 東京国際映画祭ですでに上映されているのだそうだ。すると、もう日本でもご覧になった方が結構いるわけね。
 だが予想どおりの渋谷単館上映・・・。渋谷には見えない結界がはられている私は容易に近づけない。
 何事もままならない世の中だなあ。

 でもなんだろう、これは同時代性がなにかあると思って間違いないね。16世紀の画家がここまで繰り返し登場するなんて。 

 次は何でお目見えするんだろう。あの日本人でも誰でも知っているだろう、バベルの塔("The Tower of Babel")とか?

 http://en.wikipedia.org/wiki/File:Brueghel-tower-of-babel.jpg

 (このヴァージョン以外に彼の「バベル」は、もうひとつ現存しているそうだ)

 ちょっと厄払い?に彼の伝記でも探して読むか。 

« Dragon Age Movie インタヴュー。 | トップページ | 朝ブログ »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またしてもブリューゲル。:

« Dragon Age Movie インタヴュー。 | トップページ | 朝ブログ »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30