フォト
無料ブログはココログ

« 朝ブログ | トップページ | 日本の洋ゲーRPG人口? »

2011年12月 5日 (月)

DAマルチプレイの是非

 前記事、書いていたらテンションあがってしまって、だいぶ疲れた。

 本題はDAマルチプレイの是非。 

 ここで、もう一回関係ない話題に延々と脱線する手もあるが、JB(ジェームズ・ブラウン)じゃないんだから、皆いい加減疲れるっつの。

 ここはひとつ責め方を変えて、Dragon Ageのアーチ・ライヴァル(のままだったらいいな)、新作Skyrimが絶好調のBethesdaのディレクターにして救世主、トッド・ハワード氏の意見を聴いてみる。
 だいぶ前の記事(3月)だが、SkyrimにMultiplayを入れない理由を述べている。IGN。 

http://pc.ign.com/articles/115/1158651p1.html

 Skyrimについてファンが望んだ最大の要素は、ドラゴンとマルチプレイであったが、前者はすでに実装された。

「マルチプレイについてはチームで何度も検討されたが常にボツであった。僕たちが嫌いなわけじゃないし、やりようによっては面白いものになりそうだとは考えている」

 最大の危惧はソロ部分から開発者を引っこ抜かなきゃならないこと。それによってソロプレイのほうが破綻してしまうこと。 

「僕らの本当に望むことは、できる限り最良のシングル・プレイヤー・ゲームを開発すること。(マルチプレイ導入は)それに没頭しているべき開発者の時間を取り上げてしまうことになる」

 潔い決断ではありますが、Bethesdaが今あるのは、トッドのおかげであるし、ZenimaxもBethesdaも名前は違うけど似たようなものである。彼に逆らうことが無意味なことは誰もが知っているし、もし彼の意見が封殺されていたら、オープン・ワールドRPGの実質的な完成がなったMorrowindは生まれておらず、Bethesdaはもうこの世にはありません。

 Mass Effectのディレクター、ケーシー・ハドソン氏は、ME3に「マルチプレイを導入した理由」は述べていません。ただ「本編に負けないくらいすげえものになるぜ」としか言っていない。
 トッドとケーシーを比べちゃいかん、というなら私の知る限り、BioWare共同創業者のムジカ博士もまだ何も発言していない。よってEAからの一方的お達しであることは間違いないと思う。
 もうひとりの共同創設者であるゼスチャック博士のほうはスマホ・ゲーに首っ丈のようだが、これはLB(ギャリオット氏)も一緒で、あの世代のクリエーターには当然の反応なんでしょう。そうでなければ今名を残していないはずだ。
 Dragon Ageのマルチプレイについては、もし本当であっても、まだKotakuに「すっぱ抜かれた」だけだ。

 面白いのは、Mass EffectにCo-op実装と発表される前後、各大手ゲームサイトが、一斉に擁護にまわったこと。

 つまり、こういうことだ。

 「(ファンの)お前ら、落ち着け、うるさい、黙れ、話を聴け。お前らはDA2に続いて、Mass Effect まで殺す気か?!」

 だがファンの声は、「何を言うか、神殺しはEAのほうじゃないか!」というものだ。
 
 すでにEAのCOOピーター・ムーア氏のお話で紹介したとおり、EAはあらゆるコンテンツのマルチ・プラットフォーム化を計ろうとしている。マルチプレイ化もその必然的な延長線上にある。

 IGNが最近になってMEへの擁護意見を掲載した。ポイントはみっつ。

 http://xbox360.ign.com/articles/121/1213665p1.html

1.ME2では余り大したものでもなかった本編の(主として)コンバット周りが改善されるかもしれない。
 ME3のコンバット周りは、BF3の開発者とのコラボであるのは間違いない。

2.MEユニバースの拡張が図られるかもしれない。 
 シェパード艦長のストーリーアークは終わってしまう。だがマルチプレイによって、MEの世界はまだまだ拡張可能である。リプレイアビリティも確保できるだろう。

3.そもそもプレイする必要がない。
 本編のコンテンツは本編のプレイのみで全て可能だ。60USDの元はそれで取れる。
 マルチプレイはそれ自体を楽しむものであるほか、本編の進行を容易にする役割もあるが、それだけだ。

 このうち大事なことは、3.だと思う。1.は別段マルチプレイを実装した結果じゃない。それと独立してBF3開発チームとコラボ(エンジンやノウハウを流用)すれば、実現できないわけではない。
 2.は「まずマルチプレイありき」であるので、(私のように)それに別段興味のないプレイヤーには何も響かない。

 Uncharted 3のプレイはまだネイサンががきんちょのままで止ってるが(ラノベ読まんといかんし)、Unchartedシリーズのマルチプレイがいくら秀逸だと言われても私は手を出さないし、それでUncharted 2は十分元は取れたと思っている(一作目も十分楽しんだが、マルチプレイがあったかどうか失念した)。

 Dark Soulsだってマルチプレイをやったほうが面白いだろうが、まったくやらないからどうなる、というレベルでもない。

 「零式」には、マルチプレイ・モードがある。ご褒美としてのおまけが色々あるし、公式ホームと連動した企画でもいっぱいおまけが手に入る。その有無で極端にゲームプレイの難易度が変わる可能性はある。
 だからといって、別段まったくプレイしない場合でも(コンテンツ・コンプリート・マニアでもなければ)本編を楽しむのに大きな支障はない。「はがない」の登場人物じゃないが、「モンハン」をひとりでやる不毛さ(侘しさ、寂しさ?)に比べれば、ぜんぜん元は取れる。

 私の感じでは、トッドは結局The Elder Scrollsにマルチプレイを入れるつもりがないのかもしれない。それはBethesdaのような「独立系」のお家事情もあるだろう。外部に助けを求めない限り、上のような開発者融通に関する危惧は払拭できませんからね。Fallout のMMOだって自社ではやる気がなかったわけだし(企画はまだあるが、一旦ぽしゃったみたい)。
 やるのであれば、それ専用のゲームではないか。

 DAマルチプレイについては、DA3がもう一回ネット上でのヘイトくらったらどうなるか、という点はやはり誰もが気にしているはずだ。ファンのヘイトは本質じゃなく、DA2の場合は「やっつけ仕事」が諸悪の根源なのだが、わざわざマルチプレイでもう一回火中に飛び込む必要はあるのだろうか。

 DA2ヘイターの多くが比較しているBaldur's Gate II。あるいは同一エンジンのスピンアウトIcewind Dale。そのマルチプレイは当時さすがにPCファンで好事家しかやっていなかっただろう。Diabloがマルチプレイを拡げた素地はあったとしてもね。
 BioWareのオンライン・コミュニティーが花開いたのはNeverwinter Nightsだ。しかもあれは元々マルチプレイ用RPGでもある。

 Skyrimと異なり、DAはパーティ中心、キャラクター中心のストーリーである。元々マルチを志向していたNeverwinter Nightsのヘンチメンが「まあいないよりマシ」程度だったのに比べ、DAのコンパニオンはストーリーと切り離すことができない。
 それもあって私はDAのマルチプレイとは、MEのような別コンテンツのCo-op、Uncharted(あるいはDRD)のような本編と関係ないCompetitiveモードでもいいが、まったく別のSocialゲームがメインじゃないかと思ってる。

 本来はオンラインRPGの先駆者であったBioWareが、ME、DAのマルチプレイ化で攻撃されるというのも考えてみれば皮肉だが、いつもBG、あるいはSW:KOTORばかりが話題の前面に出て、NwNはあまり触れられないというのも原因のひとつだと思っている(NwNのマルチプレイやパーシステント・ワールドを楽しんだファンは騒ぎをただ黙ってみつめているだろう)。 

 SW:KOTORは、展開の舞台をMMORPGであるSWTORに移した。根本的なMMOへイターであればともかく、KOTORのファンがSWTORに何か文句を言うなら理由はひとつしかない。KOTOR3はもうソロゲームでは出ない、ということだけだ。
 BGファンがDA:Oを褒め称えつつ、DA2をののしる理由が「おもてたのと違う!」というのとはだいぶ様相が異なる。

 SWTORはソロでもそこそこ遊べるつくりだ。ひとりでもかなりの部分は進行できる。つくりとしてマルチプレイでも遊べる部分と、マルチプレイでしか遊べない部分が分かれている(確かに定額課金の問題はある)。

 別ものだったら何も関係ないんだから。わざわざヘイターに材料を与えて火に油を注ぐような道を選ぶとは思えないんですが。

 この問題の最大の論点は、あたかも「友達のいないやつはゲームをするな」という(多くの友達を巻き込んで遊んでもらえば儲かる)作り手側の立場と、「だってゲームで遊んでるんだから基本友達なんていないんだよ」という多くのプレイヤー側の実情との矛盾かな。

 ま、我らチョーズン・ワンズ! 「選ばれし者たち」とでも思わなかったら、こんなもん好き好んでやってませんよねー。 

« 朝ブログ | トップページ | 日本の洋ゲーRPG人口? »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

Dragon Age III」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAマルチプレイの是非:

« 朝ブログ | トップページ | 日本の洋ゲーRPG人口? »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30