フォト
無料ブログはココログ

« またしてもブリューゲル。 | トップページ | DAマルチプレイの是非 »

2011年12月 5日 (月)

朝ブログ

 ラノベ考察のほうは、まだもうちょっとかかるので、本業(?)のほうを。

 DA マルチプレイの是非

 と思ったが、案の定壮大に脱線した。次回かな。

 だいたい「ラノベ考察」とかぶちあげたもんだから、気合入れて正座して読まなきゃなくなっちゃったのです。本末転倒。読むのが苦行になってる(笑)。
 実は「バカテス」にはまり倒して他のが読めていないというのもあるけど・・・。

 話によると最近の中高生は「朝読」というんだそうだ。授業開始前に読むのか。それもすごいな。

 かつては「朝練」。はしりはスポコンブームの影響なのか、部活動を朝やっちゃうこと。もちろん放課後もやる。
 剣道などの武道の世界では「朝稽古」って普通にありましたよね。あれは参加者に老人が多いからだと思ってたんだが。
 練習がほとんど業務みたいな大学体育会ならわかるけど、中高生がやってたんだよね。なんと自分も付き合わされたことがある。超夜型なので死ぬかと思った。
 でもきっと今でもあるんだろうな。

 今では「朝スポ」というんだそうだ。でもこれはスポーツ・ジムなどに朝通うとか、ジョギングするとか個人的な活動らしい。意外な「朝練」には(トラン)ペット、フルートなど金管・木管系。なるほどね・・・。かつては夕暮れ時がそういう楽器の練習どきだった。河原の土手の上でやるとかがデフォルメ(デフォルト。デフォルメて。「バカテス」読みすぎ?)だったけど、やっぱうるさいしな。

 やがて「朝シャン」。バブル前というか、実質バブル期の女子高生かな。抗菌、除菌ブーム、潔癖主義のはしりってのもある。髪の毛も衣裳も「クリスタル」じゃなきゃいけないのだ。顔はともかく。
 昔は「朝寝、朝酒、朝湯」などは身上(しんしょう)を潰す元といわれたのに。私も学生時代、昼まで学校行きませんから遅いシャワーを浴びていると、親から小原庄助扱いを受けたものだ。 

 そういえば「朝マック」っていつ頃からだろう。バブルかなあ・・・。崩壊後かなあ。
 そういえば関西では「朝マクド」なのかなあ。都会の朝人口よりモーニングセットを出す喫茶店の数が多いかもしれない名古屋では商売きつそうだなあ。

 バブル期にはやったのが今でいう「朝会」。朝会議とか朝勉強会。アメリカ人の「ブランチ会議」とか「ブレックファスト・ミーティング」を模して、例えばエリート銀行マンなどが、朝から晩まで誰が一番オフィスに長くいるか競争をやってたらしい。いやいや、ノーパソしゃぶしゃぶ通ってたのは違うって、あれは大蔵省担当、いわゆるMOF(モフ)担。銀行の企画部だよ。やつらほっといても出世するから。モフモフからかわいいのを連想しなーいっ。
 でも銀行たくさんつぶれたけど。でもメガ化したけど。でも銀行員いっぱいクビになったけど。

 最近でも事情は変わらないようで、超夜型が故に個人的にすごいイヤな言葉は「朝活」。上位10%のエリートが実施しているんだってさ。朝一番の「フレッシュ」な時間帯に脳が活性化するとかどうどか?

 エリートの定義も、上位10%の信憑性も、朝一番に活性化するも、何から何まで胡散臭いが、株屋新聞によると「クリアな頭で仕事や習い事に効率よく取り組めると、 年代を問わず広がっている」んだそうだ。まずこの新聞記事は日本語がおかしい気がする。
 しかもあの「勝間」なんとかいうねーちゃんの匂いがするな。「勝つまでやめるな」ってのは、八代亜紀さんを出すまでもなく、真実だけどね。もしかしてペンネーム?

 「朝チャレ」とかなると、もう何を言っているのかわけがわからない。

 ビジネスの成功者には「朝型」が多い。だから朝活動すれば成功する。
 そうじゃなくて、前半は十分条件じゃねえの? 夜型で成功した人だっているだろう。ちゅうか大発明家、真のビジネス成功者なんて基本寝てないだろうし。

 だいぶ前に、人類が朝夕ニ交替制に移行、ってのを思いついたことがあるが、きっとサイファイの奇才、コード・ウェイナー・スミスの小説群に登場する「ゴー・キャプテン」、「ストップ・キャプテン」からの連想だったのだろう。
 そこでは宇宙旅客船の亜空間航行中の舵取りを前者が、それ以外の通常航行(宇宙空間では停止しているに等しい)中の旅客船全般に関するマネジメントを後者がやる設定だったと思う。豪華客船ならではの船内パーティーの開催、金持ち同士のいざこざの仲裁なども後者の役割である。

 前者は(いわゆるエスパー的)異常な才能を有している関係もあって、普通の人々(すなわち乗客・乗員たち)とまともなコミュニケーションがとれない、みたいな設定だったかな。
 これを読んだときはハッとしましたね。なんて素晴らしいアイデアなんだと。

 でも、人類ツー・シフト制は(これもサイファイの鬼才である)ラファティあたりが書いていそう。それからヴァンパイア・ストーリーにはそんな感じなものもある。

 もしそうだったら、私はまっさきに遅番(夜番)に立候補する。
 あと核燃料事故があってもへっちゃらかな。だって人口の半分ずつ(と仮定して)寝てるはずだし。オフィスも学校も半分でいいんだぜ? エコだろ、え? エコじゃないか。 

 さて、ここで問題です。通勤列車の本数も半減するでしょうか?
 答え、しない。通勤総人数自体は減らないからほんとは一緒である。時差出勤と同様、ピークが緩和されるだけだ。ただし、ピーク時の個別の列車編成は効率化されそう。

 頭のあれなサヨクの人が言ってる「みんな一緒に貧乏になろう」のワーク・シェアリングと勘違いしないようにね。こっちは給料は変わりませんよ。ただ夜勤手当とか無駄な残業は減っちゃうかも。

 まあ、オフィス、学校など頭数依存の設備が半分で済む、などの影響はあるので実は総投資規模は今より減る。それを含めればマクロ的に経済減衰はあるかなあ。それをもって結果的に名目給料水準が減るというなら、反論できないかな。ただし後述のとおり物価も低下が予想されるので実質可処分所得的にどうか、は考えないといけない。

(ただし設備などは、耐用年数問題があるから再投資が半減するわけではない。一つの設備を今より倍こき使うことになりますからね。鉄道・道路のようなインフラは必要性は減らない(初期状態が半分で済むわけではない)し、耐用年数にも影響は出ないから再投資レベルにも変化ないが、実際いつメンテナンスすんだよ、という問題は出る。ある時間帯の交通量・列車本数が半分なら影響は少ないかも)

 効率化とはピークを排除することだから、ピーク依存で支出されていた消費も減るし。つまり(時間帯依存の商品・サービスに限るが)需要過剰で獲得困難だから高いという需給バランスの均衡点が価格帯の下方にシフトしちゃう。総需要量は変わらなくても、価格が下がってしまう。品(つかサービス)余りのデフレ・・・。このインパクトもかなりありそう。

(なお、朝型人経済と夜型人経済の間で需要ギャップが存在する商品・サービスがある。わかりやすいのが寒暖差関連。例えばアイスクリームは朝型人のほうが大量に消費するが、夜型人はそうでもないとか。ただしビールは同等に飲むと想定・・・していいのかな。
 あ、かちわりからの連想ですけど、甲子園大会は春夏それぞれ二回やります。「定時制の甲子園」はなくなる。
 さて総試合数はどうなるでしょう? 朝夜間で決戦をしないなら出場高校総数が変わらない前提で今より一試合少ないだけ。だってトーナメント制は一試合で必ず敗者が一校生まれるから、残った勝者の数の差(今は一校、朝夜制で二校)だけの話ですね。
 プロ野球・サッカーとかは今のままで2セットなりたつかなあ・・・。

 エアコン本体には朝・夜で季節別価格差が存在するはずだ。電力自体はその形では備蓄できないので影響は少ない(ピーク電源の一部がなくなるので発電コストはさがるはず)。それから照明器具の価格。そういう事態があれば必ずアービトラージ、鞘取りビジネスが生まれる。朝夜をまたぐ転売屋(アービトラージャー)とかも横行しそうだなあ。株式などは時間外取引なる概念がそもそもなくなりますね。売買の回転があがるという可能性はあるのかな。

 供給側で見ると、これはお天道様依存で考えるといい。農作物問題。まるで太陽の恵み、植物の光合成が朝型人の「所有物」みたいに勘違いして農作物を「人質」にすると両者間に深刻な不和が生まれる。それに夜型人が対抗できる手段は(夜間蓄熱とか限られたもの以外)あんましないんだよね。夜光性の植物でも栽培するか。ドラウ(ダーク)エルフじゃねっての。

 ちなみに、朝型人のアマテラス信仰、「日の丸」、「旭日章」などは残る一方、夜型人にはツクヨミ信仰、「満月」、「三日月章」というものが生まれます。どちらも正式に国旗になります。
 私は「新月新聞」を購読して、「星空テレビ」を観ます。

 宝塚も再編だな。星組、月組、宙組で、夜ばっかじゃねえか。しょうがない、花組、雪組は譲ってやるか。もういっこだなあ。晴組って変だな。夜だって晴れだし(だったら雪だって夜も降るよ)。日組、陽組は語呂が悪すぎる。うーん、朝組(笑)。天組は?(ファーストフード屋さんみたい)。いやあれ天屋だから。わかった、Sol(ソル)組!(漢字でもないし、宙(そら)とかぶってる気がするよ) あー、わかんね、光組でもくれてやるか(でも月光(げっこう)って・・、もー、さっきからうっさいわ! 妥協じゃ妥協!と激高(げっこう)する。笑わなくていいです)

 こんにちわ、白泉社です。「花とゆめ」はふたつに分かれます。朝版「はな」と夜版「ゆめ」です。今後ともどちらもご愛顧よろしくお願いします。

 赤十字社は別に三日月社にしなくていいいの。あれは宗教問題だから。
 憲法とか法律は、朝夜制移行に関する改訂だけ埋め込めばいいかな。天皇制はややこしいから(買いたくないケンカ売られたくないから)うやむや・・・)

 でもこれに慣れれば、全員が一斉に大移動する馬鹿げた窮屈な生活に戻ることはできないと思うし、新たなビジネスが生まれる可能性もあります。上のような転売屋はともかく、朝型と夜型の人たちのコミュニケーション断絶を防止するようなものがひとつ。どんなのかは知らない。

 ただ政治家までツー・シフトになるので、ほおっておけば奴等二倍になる。なに、それこそ半分づつでいいって? 今でもそれでいいんだよ。でもいつまでも実現しないでしょ。奴等は既得権益は手放さない。例えばレンホウ先生が二人必要になる。朝レンと夜レンね(笑うところね)。あと官僚も総数増える恐れはある。

 総理だって朝番、夜番がいる。指名選挙は朝夜セットかな。外交交渉が切羽詰っていても、「あ、私はここまで。あとは夜番とよろしく」と帰っちゃう。まるでエアライン国際線のアメリカ人のカウンター係みたいにあっさり。戦争中だって、交替しちゃうんだ。まー、でもこれは実際にもそうか。

 なんなら(どっちがどっちとか言わないが)、首都だって東京都と大阪都で朝夜交替制にしてもいいぜ。でも全国各地に万遍なく朝型・夜型が分布する前提だから、仮に大阪都をどっちかの首都にしちゃうと役人から業者からなにからそっち型の人だけ集まっちゃう。議会の問題まで出る。だから首都は東京のままで、朝夜交替ってのが筋かも。

 ここでは家庭・居住用途建物の利用もシフト制にする、ってのは想定してません。想定するとドタバタ・サイファイになる。
 ただし理屈上、結婚・交配は朝型・夜型どおしで行なわれるので、どんどん溝が深くなるんだよな。やがて差別から闘争に発展し・・・、ユートピアものだと思ったら、デストピアものか、これ?

(追加:ここ、浅はか。設定にもよるけど、やがて長い時間が経つと、やっぱ朝型と夜型の境界での結婚てのが出てくるんだ。それは「制度」になるかもしれない。
 叶えられない悲恋? いやあ、それはすでにあるんだよ。ファンタジー映画「レディホーク」(Ladyhawke)。恋人どおしの二人は呪いをかけられる。黒騎士(ルトガー・ハウアー)は昼は人間で夜は狼。美女ミシェル・ファイファーが昼は鷹、夜は人間。でもまあ、プロットとしてはアリですね)
 
 本題(でもないが)に戻ると、人類は核燃料発電自体まだ必要としていなかったはずだ。

 でもシフトの設計を間違うと朝夕のピークがバッティングして今よりピーキーになっちゃうか。いや嘘だな。やっぱりピークは今より減るからピーク電源は少なくて済む。でもポンギに遊びに行けなくなる? 早朝か午前中行けばいいじゃん。きっと夜型の人たちがお店やってるよ。でもそれやると「朝番組」のキャスターたちみたいに早死にするんだよなー。

 本来、人類の体内時計は朝型にセットされているというのが定説らしい。うーん、でも哺乳類って結構、夜行性も多いですよね。
 それこそ文化的人為淘汰じゃないのかしら。

 遺伝子寄与説なるものがあるな。クロック遺伝子。

 私が超夜型ってのは、過去に遺伝子が傷ついてしまったヴァンパイアかウェアウルフの血統を引いているのかもしれない(どう考えても、んな、かっこういいものであるはずがない)。
 ということは、夜ネトゲで闘ってるやつって、みなアボミネーション(異形)?!

**********

 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ

 ツクヨミ・シュライン(夜のみ閲覧可)

Images
 ありがたやありがたや、なんまいだぶなんまいだぶ。

Tukuyomi2
 き、きっさまー、ツクヨミ様を冒涜するかーっ!

(上のうた。今見ていたら、みんな「天女を帰すな説」になってる。「月灯り」じゃなかったのか・・・。なんだよ、ずっと直裁的な俗な歌だったんだ。ずっと勘違いで感心してきて損したよ)

 

« またしてもブリューゲル。 | トップページ | DAマルチプレイの是非 »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

Dragon Age III」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝ブログ:

« またしてもブリューゲル。 | トップページ | DAマルチプレイの是非 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30