フォト
無料ブログはココログ

« 悪の公爵登場。 | トップページ | アニメの文法(2) »

2011年10月19日 (水)

アニメの文法

 EAの悪の公爵のプレゼンの記事でも書いたように、「ファンの声を聴いて」、「全てのプラットフォームをつなげていく」ポリシーでいくと、RPG(MMOを除く)はどうなっていくのかと心配になっている。

 古臭い言い方だが、マルチ・メディアを駆使した(コケむしてるなあ)メディア・ミックス(カビ生えてるなあ)戦略(ほんとは戦術だけどな)であれば、現行路線。 
 Web(ソーシャル)ゲーム、モバゲー、コミック、アニメ、ムーヴィー、サントラ、キャラクター・グッズ。Tシャツ、フードつきパーカー、リソグラフ。最近ではトランプ(プレイングカード)まで出すそうだが。
 これであれば、おそらく(コアとなるPC/Mac/X360/PS3向けの)ゲーム・コンテンツ自体へのインパクトは少ない。現状維持路線が、将来も商業的に有効である保証はないけど。

 一方で、全てのプラットフォームで共通の何か(ゲーム?)をすることであれば、多大な影響がありそうだ。

 コアとなるゲームが(今のような形で)独立してあって、それ以外にそういうユニヴァーサルなコンテンツがある、という世界も想像できるし、それであれば上と同様インパクトはそんなにない。

 そうではなく、プラットフォームは全部融合しちゃってひとつのデジタル環境を作り出すとなると、おそらく上の四つのプラットフォームが主役の座から滑り落ちることになる。PCは元々キメラ(カイメーラ)的化け物だから対応できるかもしれないけど、主役ではない。新しい主役はブラウザなのか、iPadなのかそれは私にはわからない。

 もちろん、カジュアル・ゲーマーの皮を被ったコア・ゲーマーである私は、現状維持を所望するわけですが、その場合、CRPGが絶滅危惧種に陥る危険も無視できない。
(すでにそうなってるという説が嘘であることは最近の大作ラッシュで証明されたが、主流のFPSよりファンベースが一桁小さい、たかがニッチ。依然として危機は続く)
 
 ブラウザ・ゲー、モバゲー(それらがカジュアル・ゲームだと仮定して)などの良質なものが提供されるのであれば、フランチャイズのファンベースも拡大するはずであるから全く悪いことではない。ただし、カジュアル・ゲーからやがてコアのプラットフォーム・ゲームに大量に移住してくるという期待・仮説は、事実として確認もされておらず、私から言わせれば「神話」。カジュアルかコアかどうかは生れつきです。人は、"born to be a casual gamer", "born to be a core gamer"だと思っているから。あ、まず「ゲーマー」として生まれつくかどうかもあるけど・・・。これはみんなそうだろうな。ゲームは古代からあったわけだから。

(人は生れつきヴィデオ・ゲーマーかどうか、となるとややこしい。だがEAによれば全世界の「ゲーマー」は現在推定15億人。そろそろ、そう言い切ってもいいのか・・・インフラのない土地や、(自分が死んだり怪我したりするまでは)ヴィデオ・ゲームよりか百倍面白い本物の戦争をしている地域もあるからね。)

 つまりバラバラにやっていたのでは波及効果が限定的である。規模の経済、範囲の経済は獲得できない(しにくい)。それぞれに開発固定費がかかっちゃうからね。
 そう考えると、やはりEAなどのマーケMBAが考える結論は、「全プラットフォーム融合」のなにかであろう。どんなものかは門外漢の私が考えても想像もつかないけど、EAがFIFAシリーズで実践しようとしているそうなので注目している。

 私が最も重視するRPGのストーリー部分(セリフだけではなく選択だの分岐だの予期せぬ帰結だのなんだの全部含む)はメディアがどうであっても土台「テキスト」ですから、何が起きたところで影響は非常に小さい。悪夢のパターンは、CRPG自体が絶滅する場合のみ。

 影響を受けるのはコンバットなどのゲームプレイ、マップの雰囲気などを含めたドラマ(とその周辺)部分、ヴィジュアルの部分でしょうね。

 そして、ドラマ部分をそれほど気にはしていない私は、何も心配することはないのかもしれないのだが・・・。

 余談ではあるが、MMORPGはRPGとは違う(ダメとはいっていない。まあジェネックなWoWクローンはどうかと思うけどね)と思っているのはストーリー部分を捨象してしまって、ドラマ部分が肥大化しているから。だが、逆に言えばドラマは(例え同じコンテンツでも何が起きるかわからず、どきどき・わくわくするから)根源的に愉しい。ストーリーは(物語はやがて終わるから)根源的に悲しい。
 
(Dark Soulsは、ドラマ部分が奇妙な形で肥大化したRPGということで特筆されるのかもしれない。オープンワールド系のFallout: New Vegas、あるいはまだ見てもいないがSkyrimなども、実のところはドラマ部分が売りなんでしょうけどね。New Vegasは、そこにストーリーまで持ち込もうとした。少なくとも一部はうまく行ったと思っている)

 WoWの有料ファンベースと、ワンタイトルのCRPGの売り上げが桁一つ違う理由はそういうことなのかなー、と思う。しかもWoWの場合課金は延々と続くわけだ。

(WoWが独占状態で、他のMMOは例外なく「その他」である理由は「ネットワーク効果」。上の話にこじつければ、プレイする人数が多いほど「ドラマ」に出会う確率が高い、ってことかな。BioWareはSWTORでMMORPGに「ストーリー」を持ち込もうとしているようだが、果たしてうまくいくのでしょうか)

 演劇に関しては、私はファンですらないまったくの素人ですが、今来日されているシェークスピア女優(映画では007シリーズのMの役で有名)のお話が面白い。
 ダボハゼのように仕事を選ばないと自嘲されている(こっちから言わせれば何だってできちゃうという才能だと思うが)彼女は、ご自分が出演した映画は過去のもの、あまり観ないそうだ。演技をやり直したくなって仕方がなくなるから。一方、舞台は愉しい。毎日、毎回、違った試みができるから。
 
 例えばミュージカルでもよろしいが、同じ舞台をなぜ何度も観にいくのだろう、と他人の行動を疑問に思いつつ、自分こそ好きなミュージシャンのコンサートは(同じ楽曲であるのに)何回も観に行くよな、と気づく。コンテンツは同じでも、毎回違う。MMOはそっちなんですよ。ドラマ。

 そしてCRPG(ソロゲーム)は映画なんですよね。小説なんです。ストーリー。リプレイアビリティってのは、私の場合「まだ見ていないコンテンツ」を見たい、ということでしかない。

 もちろん、映画や小説と違い、ゲームもまた、CRPGは特に、キメラ(カイメーラ)的化け物であるから、私の見方はその一面を見ているだけである。高難易度で再度戦いたいとか、もっとうまくプレイしたいとか、レアアイテムを取りっぱぐれたとか、「やりこみ」とか他にも愉しみはたくさんあるでしょう。

 いつまでもアニメの話が出ないじゃないか? 

 ああ、いつものことです。手ナリで書くとこうなっちゃう。即興、アドリブ命! そこにドラマがある! ストーリーは期待するな(笑)。

 アニメの話は次回に。

« 悪の公爵登場。 | トップページ | アニメの文法(2) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

Mass Effect 2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメの文法:

« 悪の公爵登場。 | トップページ | アニメの文法(2) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30