フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】DA3への期待(2) | トップページ | 【DA2】DA3への期待(4) »

2011年10月16日 (日)

【DA2】DA3への期待(3)

 すでに前回自分の予想は書いてしまったが、三番目の質問は、DA3の舞台はどこか?

http://greywardens.com/2011/10/da3-qa-question-three/

・オーレイが鉄板で、ほかにテヴィンター。チャントリー弱体化を奇貨として帝国の版図をもくろむものの、クナリと対峙していて動きが取れない。「自由メイジ」を手に入れてパワーバランスを崩すことができる。 

・オーレイを期待する声が大きいが、他にも新しい土地を見せてくれるだろう。ネヴァラ、リヴァイン、アンティーヴァなどが出てもおかしくない。個人的にはテヴィンターも登場することを希望。

・自分はここですでに、オーレイ、アンティーヴァ、テヴィンターという予想記事を書いている。

・(まず可能性はなさそうだが)グレイ・ウォーデンの総本山ワイズホプト。そこに訪れないのであればテヴィンターが面白い。 コリフェウスの関連でも出てくるかもしれない。

・テヴィンター、オーレイ、アンティーヴァがありそうで、オーレイは確実か。オリージャン・アクセントには辟易しそうだが。BioWareのことだから、まだ未登場である大陸の色々な土地に訪れるようにするのではないだろうか。クナリ関連の話が多くなってきているので、パー・ヴォレンもあるかも。

**********

 ち、ワイズホプト出てきやがったか。大穴狙いだったのに。

 オーレイが鉄板、テヴィンター有力、アンティーヴァ人気ありというところですね。
 
 BioWareのことだから、と言うのであれば、すでに登場したフェラルデン、カークウォール(主要な建築物はドワーヴン・メイクですが)などと決定的に建築様式が異なる土地を登場させるとしたら、相当な開発負荷がかかるということは言わなければならない。ひとつ街を増やすなら、特徴ある地形だけではなく、建築、服飾、その他こまごました生活レベルの文化デザインまで丸ごと必要だ。 

 オーレイの建築様式はフェラルデンともドワーヴンとも全く違うはずだ。(MotAのシャトー・ヘインの城塞はオリージャン・メイク)。街ひとつ創造するには、基礎デザインレベルからはじめないといけないでしょう。

 テヴィンターも同様です。ただしテヴィンターは(カークウォール占領時代のように)建築分野をドワーフに委託しているというのであればカークウォールの発展形でいいかもしれない。

 そうした大都市を新たに登場させるとしても、がんばってせいぜい三つかなあ・・・、と勝手に思っている。私がアンダーフェル(ワイズホプト)を主張しているのは、実は要塞以外にめぼしいものがなにもなくても辻褄があうからだ(笑)。

 同様に、私はほとんど興味がないのだが、クナリのパー・ヴァレンもモンゴル民族(ゴールデン・ホード)か、アメリカ・ネイティヴ・インディアンのような暮らしぶりだと思われるので、開発負荷いらない(いや、これ大真面目だよ?)。

 よって、建築様式からみた私の読みは次のようなもの。

・オーレイは首都ヴァル・ロヨー大宮殿を含め、チャントリーの総本山カシードラル(大聖堂)、郊外のオリージャン・ウォーデン拠点、有力シェヴァリエの拠点、悪名高いエイリアネイジを含む市街地など、複数拠点を含め丸ごと開発。つまり最低でもDA2カークウォール・クラスの街を創出。

・テヴィンターは首都ミンラソウス市街地、チャントリー(ブラック・ディヴァイン支配下)、支配層セネター(元老院かな)らの集う大議事堂などこれもフルセットまでいかないが大規模に開発。

 このふたつでもう、理屈上DA2の開発負荷の倍いってるわけですね。
 それ以外にも野外拠点がある。テヴィンターつながりで太古のエルフの廃墟なんて出したらさらに大変だ。

 しかも、オーレイはセダス文明の文化の中心、ヴァル・ロヨーは花の都パリ。
 テヴィンター帝国もかつての勢いはないとはいえ、古のセダスの覇者。
 デネリム(すなわちロンドン)みたいにこちゃこちゃとせせこましい掘っ立て小屋が並ぶような街並みではナットクされないでしょう。

 時代考証を無視していえば、ヴァル・ロヨーの宮殿はベルサイユ宮殿、カシードラルはノートルダム大聖堂あたりの規模感がないと。 お、ルーブルなんかもいいね。(自分で作るわけじゃないから言いたい放題だな)

 なぬ、であれば、ミンラソウスにはクレムリン大宮殿か、はたまたベルリン大議事堂か?
 いや・・・。BioWareもテヴィンターがソビエト・ロシアともナチス・ドイツとも言っていないからね・・・。リアル地球の中世にはモデルが存在していない扱いだし。(ただしアンダーフェルはドイツがモデルという設定なので、暗黙裡にテヴィンターはロシアなんだろうかね)

・そのほか、ワイズホプト(ツンドラです)のようにあまり開発のいらない拠点が複数。
 パー・ヴォレンもその口。湿地帯とかジャングルでしょうね。

 よって、ネヴァラ(モデルはスペイン、首都ネヴァラ・シティかカンバーランド)、アンティーヴァ(モデルはイタリア、アンティーヴァ・シティ)、リヴァイン(モデルはギリシャとか中東の今のレバノンかイスラエルあたり?)、首都ディアスマイド、あるいは海賊艦隊の名前にもなったロメリン)など登場させるとしたら、ある拠点ひとつかその周辺のちょっと見せかな、と思っています。

 もちろん、アンティーヴァもフルセットで開発してくれるなら、うれしいですよ。
 ただ、骨の髄からイタリアーンなはずのアンティヴァの建物などの風景がカークウォールと一緒、コピペってのは、ちょっとどうかと思うよ?

 そういえば、私はカークウォールは地中海に面したトルコ(イスタンブール)かギリシャのイメージだったんですが・・・。

 まじやばい感はいまや完全にギリシャですな。

 

« 【DA2】DA3への期待(2) | トップページ | 【DA2】DA3への期待(4) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

とても面白い記事をありがとうございます。以前自分ちで書きかけて止めた事があるのですが、カークウォールはフェラルデンよりも寒いのか、暑いのか。
ギャムレン家、あるいはアメル邸などを見ると、窓が細長く縦に開いていて割と壁が分厚いというのは、温暖で日光の強い土地柄の様式ですね。イタリア南部とか。ギャムレン家なんて天井開けっ放しですもん。だけど暖炉は諸事情により消せない。

 テヴィンターは雑ぱくなイメージとしては東ローマ帝国では?で、カークウォールが元々テヴィンター帝国が開発させた街と言うことを考えると、セヘロンはジャングルとカークウォール風市街地と海で良いわけですから、開発負荷が非常に低く出しやすそうです。それでクエストで女海賊とどっかのエルフが登場、すると良いなあ。
 他には「エキゾチックな」シーカー・カッサンドラの出身地ネヴァラ、イメージはスペイン南部かエジプト?ここは有名なネクロポリスと、赤煉瓦(Adobe)の建物。いずれもイメージは既にExiled Princeで作っているので、これもそれほど大変ではなさそうです。

 ところで、Kirkwallが実在する街の名前だったとは、たった今さっきまで知りませんでした!
本物のカークウォール大聖堂(http://en.wikipedia.org/wiki/File:Kirkwall_cathedral.jpg

 書いてくださいよ。実は世界史、特に中世ヨーロッパ史にはそれほど造詣深くないのです。なにしろ当時の教師が・・・。

 DAの背景設定でゲイダーさんが西ゴートの話など始めると、昔購入した古い英語の世界史の地図本とか引っ張り出さないといけなくなる。これも英語でアジア大陸史を読むとき、大陸国の漢字の国名が英語だとちんぷんかんぷんだから買ったんだっけかなあ。
 
 Kirkwallあったんですね! 勉強になった。スコットランドもハイランド、モルツ・ウイスキーの故郷くらいしか認識なかったんで(笑)。

 あ、この島、スカパ・フローのあるところか、イギリス軍の海軍基地があったな。ユトランド海戦はここから出撃したんだっけ、英国の戦い(バトル・オヴ・ブリテン)にも登場したなあ、戦後ドイツ海軍の軍艦がここで自沈させられたよなあ、とかそういう話なら際限なくできるのですが。非常に偏った知識をひけらかしてどうするんだと。

 書き忘れました。
 (ゲームの)カークウォール港の断崖絶壁とか水路の回廊とかは、するとイギリスの海岸線のイメージからきてるんだろうか。自分はドーヴァーしか知らんのですが、Wikipediaとかこの島の公式Webとか見てるとやたら似てる写真があるねえ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】DA3への期待(3):

« 【DA2】DA3への期待(2) | トップページ | 【DA2】DA3への期待(4) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30