フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】コンパニオン・ルック | トップページ | ドラクエ・オンライン »

2011年9月 5日 (月)

【DA2】イケメンの弊害?

 他所様のブログのコメントで調子こいて長文を書き連ねていると、そのうち台所の見えないところにほうきを逆さに立てて雑巾をのせられたり(サザエさんかよ!)、ぶぶづけとか奨められたりするから、ホームグラウンドで書こう(笑)。

 こういうときに記事を稼ぐ。(by レズン・シュナイダー中尉(嘘))

 あ、逆はないですよ(笑)。私は専業主婦でも京都人でもないから。気にせずコメント書いてくだされ。なに、敷居が高い? そうなんよね・・・。やたら長文にしているのはわざとではないのですが、敷居が高くなるんだろうね。長文なのは実は自己防衛装置でもあるんですけどね。

 Laffyさんの興味深い記事にコメント書いていて、あまりに長くなりそうなので途中でやめた。

 あちらの主題は、どうしてDA2男子陣はヘルシーじゃないか?ですし、それは間違いなさそう。ヴァリックはLaffyさんがいう様にホークの分身であり、ある種性別を超越してるので除く。

 私がDA2の発売前(思い起こせば震災前だよなあ・・・)、レイドロウ氏が、「DA2の難易度はハードがOriginsのノーマルあたりだかんね」と説明するためのハイドラゴン戦のプレイデモを観て、本題と違うところにショックを受けたものだ。

 ところがその記事を探そうにも、私の過去記事にもレイドロウ氏があまりに頻繁に登場するのでどれかわかんない(笑)。掲載サイトもバラバラだし。
 おじさん、出たがりすぎです。

 ・・・。

 みーつけたっ。(by レズン・シュナイダー中尉(本当))

http://vanitie2.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/da2-de64.html

 3月6日発売直前の記事。画像は183日前か。あれから半年近くも経ったのね。それよりも何よりも大震災前だね。

 レイドロウ氏が50分も話込んでるので、わざわざ観ることはない。開始10分あたり。

 ホークが男性メイジ(デフォルトのルックス)で、コンパニオンがアンダース、フェンリス、セバスチャン。犬は勘定に入れません。

Ikemen
 画像は非常に粗いが、元がストリームなんだからしょうがない。

 フェンリスがちょっちガニ股!なのは置いておいて、主人公ホークを含めて、長身、スリム、髪ふさふさ、顔イケメン。しゅっとした野郎衆。

 デブもチビもノッポもエイリアンもゴレもいないCRPGのパーティーって、過去にあったかなあ・・・。

 アンジェリカか(笑)。やったことないけど。あと半島ゲーム? まあ、でも巨人系のごっつい奴とか出てくるからここまでイケメンだらけじゃないよね?

 ドワーフ、ハフリン(ホビットが登録商標で使えないのでDnDではハーフリング)、ロボ系(ゴレ、エベロンではウォーフォージド)とか必ずいた気がするなあ・・・。
 エルフだって原型は相当背丈がちっちゃかったしなあ。

 これ観たときに確かにイヤーな予感はしたんだ。

 Originsでは、ヒューマン男性は(主人公が違うとすると)、アリスターのみ。
 その他の男性はオーグレン、ステン、ゼヴラン、あと犬(笑)。
 メンツだけ見ると古き良き時代のDnDなんだよね。もちろんゲイダーさんはじめBioWareライター衆のモットーは「ステロタイプは出さない」だから、みな一癖もふた癖もある造形。
 (残念ながらゴーレムであるシェイルは除く。そこも敢えてひねって逆張りしたってこと)

 アリスターの物語は一見、貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)の物語原形だが、本人はだいぶ世をすねてしまっていて、ブライト討伐以外のことは眼中にない。シニカルな笑いを追い求める「まれびと」。あとチェリー・ボーイ。
 エリートの妻に家門中の者全員を連れて逃げられ、飲んだくれ、酒場で自暴自棄な殺し合いをするドワーフ。
 命より大事な、存在意義そのものの剣をなくし、逆上して殺人を犯してしまった無口な異邦人。
 エッチ好きで口数が減らないイタリア系エルフ(笑)という仮面の下に取り返しのつかない過去を隠す、自殺志願の暗殺者。 
 もちろん主人公ウォーデンも六つのオリジン・ストーリーのどれかでなんらかのカルマを背負うか脛に傷持つ存在。

 それぞれ「ステロタイプ」の組み合わせじゃん、という意見はあるでしょう。確かに冒険ファンタジーでそない新しいタイプはもうないよ。要点は、そうした類型の組み合わせの妙がひとつと、DnD世界のステロタイプに対する逆張りの趣向なんですね。

 DnDのドワーフは酒好きなのは間違いないが、ローフル(秩序)を重んじる種族なので、オーグレンはやはりつまはじきされる存在。そもそも男尊女卑のドワーフ種族で妻に逃げられたら面目も何もない。
 DnDのアサシンは、基本イーヴィルでプラグマティスト。殺しを悔いたり、ましてや自殺任務に志願したりしない。

 Awakeningで登場した男性キャラはナサニエルとアンダース。いずれもヒューマンのイケメン。ここからノリが変わってくるね。ジャスティスは・・・、んー、除く(笑)。 

 DA2の男性陣は、ヴァリック(の胸毛のファンもいるだろうが)を除けば上述のようにイケメン揃いということになった。カーヴァーはどうなんだろうね。ロザリングでもててはいたみたいだが、まあ除いておこう。

 Awakeningからそうなってきてますが、見てくれでキャラをたたせることはせず、それぞれカルマや逆境を背負わせることで造形しようとしてきた。
 ダーク・ファンタジーのキャラクターですから苦悩しなければならない。穢れた家名。過去の忌まわしい記憶。朋友たちの裏切り。謂れなき迫害。

 ヒューマン比率が圧倒的になってくることもあって、(指輪物語から続く)DnD固有の種族間の「楽屋落ちギャグ」は影を潜める。物語がアダルトになってくる反面、腹を抱えて笑うようなシーンは減る。コミック・リリーフは、諧謔的ホークのブリティッシュ・ジョークとツッコミ専門のヴァリックが主として担当することになる。女性陣ではアヴェリンもイザベラもツッコミだけど、彼女たちはピン芸人だし。
 「ヘルシーじゃない」かどうかは別にして、男性陣は個々の苦悩に圧殺されそうになってもがくような造形になってきてるんでしょう。

 Mass Effect とDragon Ageは、私のワイルドゲスでは10%から20%くらい女性ファンがいるはず。もちろんこれはコア寄りのヴィデオ・ゲームでは異常な数値。んー、ギター・ヒーローはコア寄りではないとみなす。

 どうしても男性キャラにイケメンが増えてしまうんだろう。それは仕方がない。
 「色男、金と力はなかりけり」。ファンタジーの世界で通用するとは思えないが、あんまり完璧なイケメンばかり活躍する話だと男性ファンが怒り出すだろうしね。
 結局DA2の人気投票だって、ヴァリックがダントツ一位なわけです。

 DAの女性陣についても触れておく。 
 ハングド・マンに入り浸ってる酔っ払いがヘルシーかどうかは別にして、なぜ妙にさばけ切っているか。

 ここもメタ的な逆張りなんですね。

 Origins以降、実は女性陣には一人残らず「揺るがない信念」があるように描かれている。シンボライズされてるんですよ。

 Originsでは、
 モリガンは、育ての母フレメスに対する愛憎あいなかばする感情。まだ真相は謎だが世界を襲う変化への対応、生まれていればゴッド・ベイビーの育成。
 レリアナは、(チャントリーの教えをある種勝手に解釈した)友愛。あるいは自己顕示欲。
 ウィンは、信仰、節度、知恵。
 シェイルは、自分探し。あとハトへの憎悪。

 Awakeningでは、
 ヴェラナは、ヒューマンへの復讐。後には生き別れた妹の探索。
 シグルーンは、リージョン・オヴ・ザ・デッドへの同士愛、あるいは贖罪。 

 DA2では、
 イザベラは、自分自身の身の安全(それ大事!)、新しい海賊船とクルーの獲得。
 メリルは、(手法はどうかは別にして)、エルフ種族の復興のための喪われた知識の探究。
 アヴェリンは、カークウォール市民の安全。秩序と規律。
 べサニーは(おいおい、カーヴァーを除いてなんでべサニーは入れるんだよ!)、むー。

 女性陣は、こう書くととってもわかりやすいから、「ステロタイプ」に陥る危険があるように感じるかもしれませんが、プレイされればお分かりのとおり、そう簡単な造形ではないですよね。全員にひねりがある。

 例えば、ウィンさんはウォーデンのロマンスにちょっかい出すわりには、ハーレクイン・ロマンスのようなベタベタなお話が大好き。シグルーンには小学生並の無邪気さがある、などなど。

 女性陣にそうした「目的」が与えられているのも、DAが(例えばコナン・ザ・グレートなどの)著名ファンタジーのキャラクター造形をメタ的にひっくり返しているためかもしれない。

 「揺ぎ無い信念」をもって、わき目も振らず目標に邁進するマッチョなヒーロー。
 先述のコメントでステロタイプがタケヲワッタ君と書いたのは、あれ小学生だからですね。つまり世の中の細かいことは気にしない(で済む)中二病以前の男子の行動パターン。コナンも下半身を除けば発想は小学生並ですね。

 男性主人公が危険に立ち向かうのを柱の影(?)から、よよよと泣き伏しながら見送るヒロイン。あるいは恋愛感情と残酷な現実の間の葛藤にじっと耐えしのぶ女性像。コナンの物語のヒロインは、コナンと出会ってしまったおかげで一人残らずろくな目に合いませんね。

 そういうのはやらない、ってことなんでしょう。

 なに、いわれなくても、現実社会の男女像はDAそのまんまだって?

 女は強い。

 男はつらいよ(笑)。

 ま、もっかいあのAliensの「ゲームオーヴァー、メーン!」のシーンでも観ていただいて(笑)。よくわかるから。

 
 http://www.youtube.com/watch?v=dsx2vdn7gpY&NR=1

 
 (追加)そうか、字幕もないから何のことやらわからないかも。どういう文脈でこのシーンに触れたかという私の元記事はここ。映画の日本語字幕は・・・、いまどきYouTubeなら探せばなんでもあるべ?

 http://vanitie2.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/me3-9600.html 
 

 

« 【DA2】コンパニオン・ルック | トップページ | ドラクエ・オンライン »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】イケメンの弊害?:

« 【DA2】コンパニオン・ルック | トップページ | ドラクエ・オンライン »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30