フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】メイジ主人公編(32) | トップページ | 【DA2】コンパニオン・ルック »

2011年9月 4日 (日)

色眼鏡で見た日本、2011ヴァージョン(笑)

 最近GameSpotは元気ないなあ、つうかヴィデオ映像に注力しているから、読み応えある記事が減ったかな。依然、レヴューについては読むようにはしていますけど。

 IGNは編集長が変わったそうで、そのせいかどうかしらないが、面白い記事が以前よか増えている気がする。

 筒井康隆先生の大昔の小説に「色眼鏡の狂詩曲(ラプソディ)」という、かなりおかしな作品があります。17歳のアメリカ人が英語で書いた日本に関するSF小説が知り合いの翻訳家に送りつけられてくる。
 先生は世界各国の言語に精通しているが、英語だけは苦手(笑)なので、翻訳家でもある伊藤典夫氏(とは明言していないが)の助けでそれを読み、アメリカ人の日本に対するあまりの理解のなさに激怒したが、逆に笑ってしまって、脚色して短編小説にしたというもの。

 まあ、ひどいんだこれが(笑)。時代が時代ですからねえ。傑作です。

 IGNのTGS(トウキョウ・ゲーム・ショウ)の記事が結構すごい。

 Tokyo Countdown: WTF is TGS?

 http://games.ign.com/articles/118/1189700p1.html

 ま、これはコンヴェンション自体の説明。でもなんかいきなりタガが外れてる気がする?

 Tokyocountdownwtfistgs2011082202594

 ちょーっ、ちょっちょっちょ。

 まじか(笑)。行かなくちゃ(笑)。

 いや、そっちが先かよ!

 悪い悪い、つい。

 Tokyocountdownwtfistgs20110822025_2

 こっちやろ。

 まあ、読んでみると極めてまじめです。実はTSGが開催されるのはトウキョウじゃないんだよ、マクハリなんだよ、とか、トウキョウの人口は8百万人(あちらでは都市の人口はCity単位で比べるので、23区のことを言ってるんでしょう。都合計では13百万人だもんね)だとか、なんかまじめ。

 "Random Ass"で怒ってはだめよー。まあ、ひっかけだけど。Random Assessment、勝手にでたらめに選んだ日本像。

 でもやっぱ、なんとなく飛んでいる。

 Tokyocountdownwtfistgs20110822025_3

 Attendeesはいいよね。問題は、Well intentionded perverts ?

 おいおいおい、アブねえなあ。

 TSGがダントツ? 原則全員。でも善意?

 ま、Well intentionedだって断ってるからいいか(よくねえよ!)

 「善意のヘンタイ、倒錯者」って誰だよ! どんな種類の人間だよ?
 
 (あ、あれか・・・、ってかここの画像の順番からして自分も含まれるな。いいか、原則全員だそうだから)

 詳しく知っている連中の、敢えて色眼鏡で見た日本。

 時代は変わりましたねえ・・・。

 Tokyocountdownwtfistgs20110822025_4

 「ガキが、ルーツも知らずに調子ぶっこいてんじゃねえぞ」っていうこの一枚。

 Japan Invented Gaming As We Know It.

 なに、リップサービスに騙されてんじゃないかって?

 まあね。いいじゃん。
(でも日本人が読むことはほぼ想定してないと思うよ。日本人は英語だけは苦手(笑)ってことも良く知っているはずだから)

 いやでも、この記事に煽られて日本に遊びに来ちゃう人いるかね?

 一番目の画像で? あるか。 あるな。

« 【DA2】メイジ主人公編(32) | トップページ | 【DA2】コンパニオン・ルック »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 色眼鏡で見た日本、2011ヴァージョン(笑):

« 【DA2】メイジ主人公編(32) | トップページ | 【DA2】コンパニオン・ルック »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30