フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】フレメスとは何者か? (2) | トップページ | 【DA2】フレメスとは何者か? (4) »

2011年8月 6日 (土)

【DA2】フレメスとは何者か? (3)

 

 greywardens.comの連作記事。フレメスに関する考察週間。みっつめ。

 えー、さっきのぞいたらいつつに増えてまんがな。いつまでやる気なんだ。追いつくのか(笑)。

 よく読んだら、いつつめで最後だと書いてあった(ほっ)。

 

 でも、三つ目のネタは、あんまし乗りたくないなあ。

http://greywardens.com/2011/08/flemeth-week-question-three/

3) Flemeth’s hair is very similar to the head of the blood dragon in the DA2 art. Coincidence or hinting at something greater? 

 要するに、フレメスの髪型と、ブラッド・ドラゴンの頭の形が酷似しているというネタ。はたして偶然か、それとも何かより重大な事実を暗示しているのか? 

 偶然じゃないんですかねえ・・・。
 

 すくなくとも、ドラゴンにシェイプシフトする姿はプレイヤーの誰もが目撃してるんだから、それだけのネタじゃないのかなあ。 

 と、中の人の士気がまったくあがらないので、すべらない小ネタでも。

 ロザリングから逃げ出す途中のホークたちを救ったフレメスは、一行を港街グワレンへ安全に送り届ける見返りに、とあるアミュレットをカークウォールの付近に逗留しているデーリッシュ・キーパーの元へ届けるよう依頼する。

 「なぜ自分で届けないのか?」といぶかしがるホークたちに、フレメスは「あたしには予定があるんだよ!」とだけ答える。

 ゲイダーさんによれば、その「予定」、アポイントメントが何であるかは、彼女の髪型を見れば一目瞭然だそうだ(笑)。
 美容院かよ。 

 このネタだけで許して・・・、もらえるわけないか。

 いつにもまして超訳。抄訳。

**********

 質問を考えた言いだしっぺだから、偶然ではないと思ってる。だがブラッド・ドラゴンに素敵なデザイン以上の意味があるのか、何を象徴しているのかはわからない。DAにおいて「血」は繰り返し語られるテーマ。だがそれだけでフレメスが古の神というにはまだ情報が足りない。

**********

 間違いなくドラゴンの本性を示している。ヒューマン形態であっても、ホークが出会うどのヒューマンにもまったく似通っていない存在であることも象徴しているのかもしれない。

**********

 (訳:ああ、次のウォーデンの意見は私のに似ているな。ハイドラゴンに変身するのだから当然である。だがこんなネタでよくここまで長く書けるものだ(笑))

 

 ハイドラゴンに変身するのだから、辻褄はあっている。ヒューマン形態のときもドラゴン形態の名残り(homage)があるのではないか。このデザインも楽屋落ちなのかもしれない。DAシリーズはユーモアを上手に用いている。フレメスはふざけ半分に喋るし、また知恵が豊富なので、ときになぞなぞ(a riddle)のようにさえ聴こえる。現代ファンタジーの原点であるトルーキンを想起すれば、ドラゴンの教え(lore)ではなぞなぞが大きな役割を果たしていることがわかるだろう。

 なぞなぞのような話しぶりをする、ただの耄碌した老女を演じているフレメスが、突然ドラゴンに変身する姿には虚をつかれた者もいるであろう。DA2でもドラゴンの姿で再登場し、髪形もそれらしく整えている。見かけよりずっと重大な存在であることを象徴している。
 

 ブラッド・ドラゴン・アーマーは、ドラゴンがほぼ絶滅寸前となった時代に、その絶滅を推し進めたナヴァラのドラゴンハンターのひとりによって製作を依頼された。フレメスがドラゴンの姿でも用いることがある「蘇生」能力は、セダスの民が図に乗らないように警告する役目も果たしている。

 もちろん、フレメス自身はドラゴン・エイジ(龍の百年紀)そのものをも代表している。チャントリーがこの百年紀をそう命名したのは、暴力と激変を予想したからだが、それらはフレメスの得意分野でもある。

**********

 調べてみた。DA2のハイドラゴンは、あのアートワークのブラッド・ドラゴンのような頭部をしていない。だからあれはフレメスだ。だが意味はわからない。翼の下の人々も誰なのか? コンパニオンにしては多すぎるし、カークウォールの民を示すのかどうかもわからない。

**********

 古の神であることを示すヒントだと思うが、確証であるとは言えない。

**********

 

 関係ないと思うよ・・・。

 問題は、「なぜハイドラゴンにシェイプシフトできるのか?」のほうだよね。

 フレメスから「世の中の変化に直面したら躊躇わずに飛べ」といわれたホークが、「飛べと言われたって、俺(私)はどうすればいいの?」と尋ねると、「あたしみたいにドラゴンになればいいさ! あっはっは、お前には無理」と笑うだけ。

 これも考察するには超訳はよくない。原文でいこう。画像探すのめんどいので、IGNからパクってきた。

Dragonageii20110323101251844

 Do what I do ..., become a dragon!
 
 (Laughs)...You could never be a dragon.

 むーん。わからない(笑)。
 ホークがメイジじゃないから、とかじゃなかったはず。メイジ主人公で出たもんな。 

 ドラゴンへのシェイプシフトは、DAの世界では、フレメス固有の技なんでしょうか。
 それとも、レベル200とかのメイジしか手に入れることができない秘法なのか。
 ゲイダーさんによれば、フレメスのキャラクター・レベルは100をとっくに超えてるそうだから(笑)。

 

 

 

« 【DA2】フレメスとは何者か? (2) | トップページ | 【DA2】フレメスとは何者か? (4) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

Dragon Age: Origins」カテゴリの記事

Dragon Age III」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】フレメスとは何者か? (3):

« 【DA2】フレメスとは何者か? (2) | トップページ | 【DA2】フレメスとは何者か? (4) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30