フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】レガシー(24) | トップページ | 【DA2】レガシー(感想など) »

2011年8月22日 (月)

【DA2】レガシー(25完)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。
 本文は「続きを読む」の下。









 掲載忘れた。ローグのウォーデン・セット・アーマー。

Screenshot20110820112041216

Screenshot20110820112053156_2

Screenshot20110820112153213
 まあ、ローグらしい点はあまり見当たらなかったり。

Screenshot20110728231358149
 このメイジ用(再掲)と比べると流用ですか?と思う。
 べサニーのみたいなのがよかったなー。

 個人的にこのブルーストライプ(キルティングクロス?)のデザインは好きなんで構わないけど。

 それで思い出した。ローグ・アーチャーならいいんだろうけど(まだ目撃していませんが)、この主人公のようにツー・ウェポン・ファイティングの場合、ザ・キー(つまりあのユニーク・ウェポン)が一本しかもらえないのはショックであった。

Screenshot20110729003925054
 てっきりダガー二本セットでお買い得なのかと思っていたので、このシーンは衝撃を受けた(笑)。

 アイテム・セットを買っているせいもあって、主人公ローグは常時あの中華包丁?セットを使っていました。

Screenshot20110728234013405
 これこれ。例のDA:Oのドワ・ノーブル・オリジンに登場するカルタの悪党、ベラート・ジャーヴィアのカップルの名前にちなんだセット。

 もちろんザ・キーは片手で使うわけだが、それ以外のダガー系ではやはりこのセットが強力なので、(イザベラを連れて来ていない以上)、ザ・キーとどっちか一本(ジャーヴィアかな)という、非常にちぐはぐな様子になってしまう。
 カークウォール復帰後は、ベラート・ジャーヴィアはイザベラにお下がりであげ、自分はザ・キーとなんか強力そうなユニークを使うことにした。

(ザ・キーは使わない場合でもホーク邸の倉庫に入れることができない。インヴェとして身につけていないといけないそうだ)

 ザ・キーだから一本? んなこたあないっしょ。魔法のアイテムなんだから、どうとでもなるっしょ。
 二本にしなかったのは、単にコーディング管理上面倒だからかな。ツー・ウェポン・主人公だけアイテムふたつじゃ不具合の元ですもんね。

 弓はどんなんかなあ。見たいなあ・・・。

Screenshot20110821023038970
 アーチャー主人公はまだレベル6。この画像は、ようやっとカークウォールの市街に入ることができたレベル5剣と盾(S&B)主人公のものですが、ギャムレンの小屋にグリフォンの彫像持ち込まれると、こんな感じになるんだね・・・。ただでさえ手狭なのに、これはないわ。
 
 アーチャー主人公をレガシーに突入させようかと一瞬血迷った考えが浮かんだが、さすがにレベル6では・・・。
 ザ・キーだけ見に行って帰ってくればいいか。いや、戻って来れないか。見るだけならいいか・・・。
 それとあまり若いレベルでゲットしてしまうと、スペックもスケールダウンされてしまう気がする。その点でもとりあえず見るだけになってしまう。

The damage/dps of the weapon will vary by the level at which Hawke acquires it, but will not increase upon level-up. The bonuses from breaking the seals appear to by affected by level in the same way.

 DAWikiによれば、そのとおりですね。ホークのレベルに従ってスケール・アップ(ダウン)する。取得後は、レベルアップ時にスペックアップもしない。
 つまり、レベル18で突入したローグ主人公のもらったザ・キーは、ポスト・キャンペーンで突入した場合(だいたいレベル25あたりか)にもらえるものよりスペック・ダウンされたものであったわけだ。

 自分気にしないが、マンチ・プレイヤーだったら+1の差でも気が狂ってしまうはずだ。

 アーチャー用の弓と、S&Bウォーリアー用のワンハンデド・ロングソード(かどうかすら知らない)。しこしこ頑張って何とかこの目で見てみよう。

**********
 
 隠れボスとの戦い。
 あの中盤カルタ・ボスとの戦いに臨んだところで後戻りできなくなるため、実行不可能になる。
 隠れボスの趣向は嬉しいが、これはないよ・・・。
 こっちが文章をちゃんと読んでいないのも悪いが、コリちゃんの幽閉と、隠れボスの幽閉が一緒の話と似ていて混同しやすい設定なのも勘違いの元だった。

 私は三人目にしてようやく実現。

 レガシーに登場するのではないかと期待していたが、ブラッド・マジックの創設に寄与したという伝説のディーモン四体の一味ではないようだ。

 禁じられたものたち、Forbidden Ones。

 DA:OのGaxkang the Unbnound
 DA2のXebenkeck the Undying
 さらにあと二体、Imshael及びThe Formless Oneというのが未登場。

 (DAが三部作だとすると)DA3に二体まとめて登場させるって話はないと思われるので、DA2のストーリーDLCがレガシー以外に少なくともあとひとつ出るのであれば、どちらかはそこに登場するんじゃないかと期待。

Screenshot20110730194129374_2
 アリーナの真ん中に先ほどまではなかったはずのオベリスク。

Screenshot20110730194130531
 突如、バッド・フィーリングが襲ってくる・・・。

Screenshot20110730194146054
 何かが湧いた。

Screenshot20110730194303492

Screenshot20110730194640046
 既にやり直しを余儀なくされている。
 「パーティーの誰も倒れない自主規制」縛りが辛いというより、こんな局面で誰か倒れたらもうクリアなんて無理(笑)。

Screenshot20110730194810819
 何回かやり直しているから、あの最初のオベリスクが地中に沈んでいくのがわかる画像も撮れる(笑)。

Screenshot20110730194859868
 メンツをどう組み合わせても、どう分担しても無理かなあ。
 犬がすっごいバカなのと、矢が背中にグサグサ刺さっているのが笑える。のも今になってだけど。

Screenshot20110730195043859
 何度かの試行を重ね、ようやくご本尊がタグれる局面まできた。

Screenshot20110730195259544
 が、ワープはするわ、また取り巻きは召還するわ。

Screenshot20110730195422416
 ここの局面も数回試した。

Screenshot20110730195540823
 これは戦っているのではなく、ただただ押されまくっているだけ。

 このメンツ(ヒーラーなし)、このレベル(16あたり)、この程度の準備不足(ルーン、ポーション、グレネイド)ではとても倒せるとは思えないんで一旦退却する。すなわちリロード。

 まず、レベル不足が辛い(レベル制限装備が使えない)ので、レベル18くらいまで本編を進める。手元にあるそれなりの装備が使えるようになる。

 次は装備自体の充実。正直に言おう。200時間以上は優にプレイしたDA2で、ポーション、ポイズン・グレネイド、ルーンにこんなマジメに発注かけたのははじめてだ(笑)。

Screenshot20110731000813933
 ロック・アーマー、ライフ・ワードなんて、Normalで使うと思わなかったよ。

 DA2のルーンって、DA:Oと違って一回はめるともう取り戻せないじゃないですか。
 そうなるとエンドバトルまで使う装備にはめたいよね。
 結構お値段張りますしね。最終局面でブラック・エンポとか店売りの超絶ユニーク・アイテムを一度は手に入れたいのでお金は必死に節約していたのだ。
 コンソール・コマンドの「お金一杯」チートとか使いたくないしね。

Screenshot20110731001616302
 捲土重来。今度は面白いようにゴースト・アーチャーをなぎ倒していく。
 各メンツの装備にルーンを装着したのが一番大きい。

 あのフェンリエルのクエストでシェイド内で出会うスロス・ディーモン、トーパーからもらった貴重なマジック・レジスタンスのルーンまで投入したのだ!

 ん、じゃあフェンリエルどうなったかって? さあ、知らんなあ・・・。

Screenshot20110731001752172
 金の力に任せて戦力増強。Malvernisにもガスガスいく。あ、ちなみにこいつそういう名前です。

Screenshot20110731001849368
 おし、なんかの閾値超えた(らしい)。

Screenshot20110731001850075

Screenshot20110731001850593
 ゴースト・ドラゴン?

Screenshot20110731001851356
 Awakeningのクイーン以来かな。

Screenshot20110731001937207
 このフィールド中心部にあるあの凶悪な罠に嵌めようとスタンバってますが、なかなか寄りつかねえ(笑)。

Screenshot20110731002146314
 でも使わなくても削れそう。一杯仕入れたスタミナ、マナ・ポットも惜しみなく投入。

Screenshot20110731002156316
 なんかオケツから攻めている画像が多い(笑)。

Screenshot20110731002238817
 正面だと吹き飛ばされるしね。

Screenshot20110731002407476
 いつもながら、犬がバカにできないんだよな。

Screenshot20110731002448803

Screenshot20110731002525401
 主人公はなにやってるんだって?

Screenshot20110731002558471
 だいたいこうやって、砂を噛んでいます。

Screenshot20110731002701312
 準備さえよければ、タンク(アヴェリン)とDPS三人てのは理想的な構成ですね。
 あー、犬は勘定にいれません(笑)。

Screenshot20110731002720801
 結局、グレネイド使ってないわあ(笑)。

Screenshot20110731002730171
 キリング・ブロウ。 

Screenshot20110731002746471
 断末魔。

Screenshot20110731002747920
 ご臨終。つか実際にはとっくに死んでいるんだろうけど。

Screenshot20110731002800768
 ルートは・・・。他所様のと見比べるとわかりますが、スケール・ダウンされている・・・。
 低レベルで苦労してこの仕打ち。ハイリスク・ローリターン。

Screenshot20110731002806034
 Ichor。イコル(英語ではアイコー)、膿漿(のうしょう)。ヴァンパイアの血もイコル。人間がそれに触れると病い、災いを呼ぶ。
 ブライトの汚染の原因、ダークスポーンの血も、イコルと呼んでもいいかもしれない。

 Malvernisがなぜ汚染されていたのか。それはディープロードに幽閉された後に事後的に受けたブライトの汚染なのか。
 いやCODEXによれば、ドワーフのタイグを蹂躙していた時点で、すでに「触れるものすべてに腐毒と冒涜をもたらす」とある。であればブラッド・マジックに魂を売り渡した者のなれの果てなのか。

Foulness came from its touch, poison and filth and desecration.

 さらにMalvernisがドラゴンにシェイプシフトできるという事実。
 同じ能力を有するフレメスが何者であるかという問いへのヒントになるのでしょうか?
 それとも単に、超高級メイジはそういう能力を手に入れることができるのか。

Screenshot20110731002903982
 いいから、そんなことを考えてないで、はいはい、記念撮影、記念撮影だよ!

 MMORPGのプレイヤーたちはそういう風に、ライターの考えたストーリーなんて歯牙にもかけないでルートだけもらって帰っていくのであった・・・。

 低レベルでの突入は自己責任で(笑)。

 

 

 

« 【DA2】レガシー(24) | トップページ | 【DA2】レガシー(感想など) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/41295751

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】レガシー(25完):

« 【DA2】レガシー(24) | トップページ | 【DA2】レガシー(感想など) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31