フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】レガシー(16) | トップページ | 【DA2】レガシー(18) »

2011年8月 9日 (火)

【DA2】レガシー(17)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。
 本文は「続きを読む」の下。









    自分がこの手のものに通暁していて、知識を網羅的に有しているわけもないのですが、ダンジョン・クロールもの、ラビリンスものの映画って、「これだ!」というものって意外と少ない気がします。
 そもそも映画というメディアにあまり馴染まない、ってのがあるのかもしれない。

 せいぜい「インディアナ・ジョーンズ」とか「ロマンシング・ストーン」とかのトレジャー・ハンターものでしょうか。それか「シュレック」のようなおざなりダンジョン。
 「ネヴァー・エンディング・ストーリー」にもダンジョンはなかったような気がする。
 最近では、映画「指輪物語」がやってしまったので、あのあとはもう誰も似たことはできない、ということもあるかもしれない。こっちはあれでもまだ不満なのだが、原作があるからしょうがない。
 「パンズ・ラビリンス」はちょっとね・・・。
 
 マンガ「バビル二世」には、戦いで負傷した主人公が治療とエネルギー補給のため、バビルの塔の最深部で意識不明のまま長時間休息しなればならなくなる、ってネタがあった。
 ここを先途とばかりに、敵役(ヨミだっけ?)の手下が最強のメンツでバビルの塔に急襲をかける。
 ところがバビルの塔自体は、ありとあらゆる侵入者を凶悪な罠に嵌めるように設計された防衛システムの塊であった。
 
 そのエピソードでは、(なぜかいつもガクランを着ているあの)主人公はずっと昏睡している。つまり寝顔しか登場しない。しもべはどうだったけなあ。あまり活躍しないはず?
 敵方の(それもヨミの軍団のエリート中のエリートである)暗殺者たちが、バビルの塔の罠を解明しつつ最深部を目指して進んでいくのだが、その過程で罠に嵌り、次から次へと見るも無残に死んでいく。ミイラ取りがミイラ。

 お子ちゃまだった私でも、あまりに新鮮で、異常にわくわくしたのを覚えています。
 ずーっと昔のマンガの記憶なんで、私が美化しているのかもしれない。アニメではこのくだりなかった気もする。コミックだったはず。

 もし、私の記憶が半分でも正しいなら、これは間違いなくダンジョンものコミックの最高峰のひとつ。

 横山先生は、ニンジャものを絶賛する人が多いが、ときたまこういう「はっ」とさせられるような大ホームランを撃ったりする意外性のある大漫画家でした。

 「ダンジョン・キーパー」なんてゲームがありましたね。 
 「クトゥール」のTRPGってのは自分でやったことはないが、これと似たような世界が展開すると言っていた。

 つまりアニメやコミックの文法では、主人公がダンジョンで死ぬわけがないんです。「STAR TREK」のアウェイ・チームでも、「宇宙戦艦ヤマト」でも、DA2(アリショクとの対面)でも、主人公が名もないキャラたちを伴って危地に赴くとき、名もないキャラたちはみな死ぬのだ。主人公たち以外は全員死亡フラグつきだ。塹壕の埋め草。盾代わり。

(余談)J. J. エイブラムスの映画「STAR TREK」で、カークとヒカル・スール(日本語版ではカトウかな)がもうひとり赤い兵科章(戦闘要員だっけ?)の乗組員を伴って、パラシュート落下するところ。
 赤い兵科章の人は、たった数十秒でわざとらしく死ぬ(笑)。はい、この人には死亡フラグ立ってるのは皆わかってますからね、長々とひっぱるとしらけるね、という作り手の楽屋落ちだと思いました。

 勧善懲悪の世界では、いかに巧妙かつ凶悪なダンジョンを設計しても、主人公は死なない。インディアナ・ジョーンズでいえばナチスが、あるいはナチスが雇った傭兵が先行して罠で死ぬだけ。とっても、わざとらしい。

 ところが、上のバビル二世のエピソードのように、そのダンジョンをクリアしようと奮闘するメンバーが悪党側である、と話をひっくり返すと、凶悪な設計のダンジョンという本来の主役が見事に際立つんですね。
 こいつら、最後ほんとに全滅すんじゃないのか?とかちょっと心配になる(笑)。

 つまり、私がこんな無茶な趣向を思いついたのも、かんべむさしさんというよりかは、あの横山光輝先生へのオマージュなんだけどね・・・。

 と、無駄話を書いてるほうがずっと楽なんだが・・・。

**********

Screenshot20110728171305955
 つまり、このように色がついている光を。

Screenshot20110728171425267
 白色にするよう装置を操作しろというパズル。

Screenshot20110728171517001
 なんだよ、大仕掛けのわりには、たった一列だけ並べるだけ?
 BioWareよ、マチュア・ゲーマー舐めすぎ、反省しろと本気で思った。
 反省しなければならないのは私であったことは後にわかる。

 ラライアスに言わせると、ホークのおやっさんは、この手の装置
を見つけるとわくわくして丹念に調べたという。研究熱心なお方。

Screenshot20110728222813818                   光る装置、ネクサスはジャネカの魔法では一度にひとつしか
                 流れを操作できない。
                  ま、パズルのルールの説明ですな。
                 Screenshot20110728222846925                   ジャネカ・チームにもViewpointがある。
 Screenshot20110728222851394

Screenshot20110728222855568                   ラライアス・チームの進み具合がわかる。
                  Screenshot20110728222900339                   「僕たちをコリフェウスの元にほんとに行かせたくない
                 みたいだね?」

Screenshot20110728222919551

Screenshot20110728222923663                   ネクサスによって同じ色のバリアが開閉される。それは
                 こどもでもわかるのだが。

Screenshot20110728171629528_2

Screenshot20110728171655352_3   

Screenshot20110728171657578 
 カルタの残党。

                  Screenshot20110728223018746                   こちら、お出迎えはシェイドの一群。 

Screenshot20110728223102031

Screenshot20110728223104850                   ラライアスの最後の書状。

Screenshot20110728223108475                   ウォーデンとして三十年勤め上げる間、テイントの進行は
                 驚くほど食い止められていた。
                  だが、アーチディーモンの呼び声はもはや囁きではなく
                 耐え難い咆哮となってきた。
                  私が汚染に蝕まれ、狂気に陥る前にたち去れと理性が告
                 げている。

                  ウォーデンとして共に戦った名誉を諸君らひとりひとりと
                 分かち合あわせて欲しい。
                  私はディープロードに赴き、仇敵どもと死ぬまで戦う。
                  オーザマーのドワーフたちの敬礼に見送られながら、私は
                 誇りをもって責務に踏み出した。
                  同時に、その責務からようやく解放される期待に心を躍ら
                 せてもいた。   

                  どうか私のことを心にとどめていて欲しい。
                  そして、諸君ら自身がコーリングに直面したとき、恐れる
                 ことは何もないと肝に銘じて欲しい。
               
                   -ラライアス、ウォーデン・オヴ・ザ・グレイ

                  ラライアスは、由緒正しいウォーデンのコーリングの儀式を
                 経験したのです。  

Screenshot20110728171755923
 ジャネカの研究レポート。

 ウォーデンはコリフェウスを幽閉するため、ここにありとあらゆる
仕掛けを施し、結界に結界、錠前に錠前を重ねたが、それですら
不十分であった。ウォーデン・コマンダー・リアノンの日記によれば、
コリフェウスは強力すぎる。シールは弱まっている。補強する手段を
早急に見つけなければ。

Screenshot20110728171843143
 ここの装置を不用意に触ったウォーデンがディーモンを召還してしまった。
コマンダー・アスターが身を挺して仲間を逃がしたが、彼自身の指示により、
ディーモンともども彼をバリアの内側に閉じ込めてしまうことになった。
 彼の装備も一切が失われた。
 ワイズホプトのヘルム。レア・アイテムがありますよというヒント。

Screenshot20110728172002312
 ラライアス・チームは気がついていないが、このネクサスを操作するたび、
競争相手のジャネカ・チームが足止めされていく。

Screenshot20110728223140367
Screenshot20110728223220179_3
Screenshot20110728223225692                   ワイズホプトのヘルム。左と一緒。     

Screenshot20110728172017960

Screenshot20110728172156798
 ラライアスはホークの父とは何週間もここで一緒に過ごしたが、
最後までラライアスが気に入られることはなかった。
 ラライアスの血があまりに汚染されていたからだという。

Screenshot20110728172206799
 ラライアス・チームはネクサスの色がそれぞれ違う理由もわからない。

Screenshot20110728223412136

 Screenshot20110728223413191                   どっちが面倒かっていうと、ジャネカ・チームかな?

Screenshot20110728223426087                   ものには順番があるのだ。
                  ネクサスは広範囲に配置されているから時間がかかる。

Screenshot20110728223445657
Screenshot20110728223509140                   レイジとシェイドが邪魔。
                  さっきまで必死に覚えていたパズルの進み具合が、
                 戦いのせいで、わからなくなったり(笑)。

Screenshot20110728223520006

                  むー、忘れた(笑)。

Screenshot20110728172214672

Screenshot20110728172218501

 方針変更。

 コリフェウスを操れるという考えは間違いだった。
 最強のメイジたちですら何の影響も与えられないどころか、
逆に操作される危険がある。
 守衛や研究のため近づいたものは解放の鍵を探し始める。
 彼らを影響外に遠ざけて聴いても、ほとんど記憶が残っていない。
 心に直接響く声、古の神の呼び声について話すが、コリフェウス
から離れれば影響を受けない。

 ダークスポーンも彼を探索するため攻撃を仕掛けてくる。 
 予想でしかないが、奴等も同じ方法で召還されているのではないか。
 彼の魔法はブライトそのものを用いており、汚染を受けた者すべてに対し、
何らかの方法で呼びかけてくるようだ。

 彼を葬り去ろうとするウォーデンも同じ力によって手出しできなくなる。
 この監獄は十分に隠蔽し、存在自体を秘匿するべきだと言うしかない。
 コリフェウスは解放してはならない。

 ウォーデン・コマンダー・ダネケン発、ワイズホプトのファースト・ウォーデン宛。

 1014TE               Screenshot20110728223617540_2                   左と同じ文書。 

**********                    

 同じ文書のはずなんですが、置いてある場所が違う。
 ファースト・ウォーデン宛の密書が複製されていた、ということで辻褄あわせるしかない。
 DA Wikiによれば、分岐した二つの階層は「排他」であって、ラライアス・チームはリアノン階層。ジャネカ・チームはダネケン階層にしか立ち入らないようだ。

 ここがなあ・・・。
 ちょっち不満だなあ。
 もっと入り組んでて、互いにそれぞれの階層にも立ち入る仕掛けも良かったと思うんだけどなあ。  

**********

Screenshot20110821094422821
 ある時点でバリアのため行き止まりになる。その色が違うので
思い当たることがあって一旦引き返すことになるんだが。

Screenshot20110821101103127
 自分の浅はかさを恥じた瞬間(笑)。
 ああ、そういうことか・・・。
 さすがBioWare! 一筋縄ではいかなかったのね!
(もうお世辞言っても遅いと思う)
 合計4つの光のラインを揃えるということか。

Screenshot20110821095000744
 実はゲームクリアのためのクリティカル・パスは、一番下のみ。
 最初に解いた黄色のラインだけそろえればいいのです。
 4列全部はレアアイテムをゲットするためのパズル。

Screenshot20110728173042684
 ラライアスは、ホークの父と一緒にここを丹念に歩いたことを、
ことさら強調する。

Screenshot20110728223808728

                    Screenshot20110728223820615                    あら?
                   これがおそらく、ワイズホプトのヘルムです。
                   メイジ用だからカウルになってるけど。
                   ラライアス・チームが手にするのはまだ後だったんだな?

 いやそうではない。
 バカだからラライアス・チームの画像を忘れただけ(笑)。

Screenshot20110821094816302

Screenshot20110821094822075
 撮り直しました。これですね。 

Screenshot20110728173345010

Screenshot20110728173441603
 これはこれは。                 

Screenshot20110728224006520
Screenshot20110728224148021_2
Screenshot20110728224150284_2                   ゴレ来たか。それも三体。
Screenshot20110728224153417                   これはこれは。

 **********

 うまく行ってるのか、進行が揃ってるのか、無理矢理揃えたのか私も知らん!

« 【DA2】レガシー(16) | トップページ | 【DA2】レガシー(18) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/41142324

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】レガシー(17):

« 【DA2】レガシー(16) | トップページ | 【DA2】レガシー(18) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31