フォト
無料ブログはココログ

« 小松左京さん(訃報) | トップページ | 【DA2】レガシー(4) »

2011年7月29日 (金)

【DA2】レガシー(3)

 そろそろ続きをやりますか。

 見せ方にちょっとした趣向を考えているのですが、はたしてテクニカリーにココログで再現可能なのか? 

 まあ、まだだいぶ先の話だけど。

「続きを読む」の下。

 バンターについてコメントいただきましたが、パーティーのメンツによって全然分量が違うみたい。

 アンダースは例のあれがあるせいなのか、ホークがロマンス相手じゃないとあまりないんだね。むしろ(別パーティーの)アヴェリンは良く喋った。といってもべサニーの近況についての話が主体であったが。

Screenshot20110728115238547
 ブロント。
 ディープロードでドワーフが飼っている家畜獣ですが、地上に連れ出すと生まれて初めて見聞きする外界の物音や色彩などの膨大な情報が突然襲ってきて神経過敏になってしまうせいか、目にした動くものにやたら突進してしまう。使役獣としては使い物にならなくなるとか。

Screenshot20110728120250752
 戦闘獣にされちゃうんだな。

Screenshot20110728120306380
 牛のように突進し、馬のように後ろ脚で敵を蹴り上げる。あげく後ろ脚だけで立ち上がる。

Screenshot20110728120540978
 時間差湧きはかなり批判されたので、このDLCでは「何もないところからやたら湧く」のはやめ、わりと「理に適った」スタイルで増援が駆けつけることになっている。

Screenshot20110728120808793
 そこここにある強烈な罠はレバーで操作する。カルタが使う場合もあるけど、ホークたちがハメ技で使うこともできるみたいだ。Normal程度ではほとんどお世話にならずに済むけど、高難易度だと有効利用しましょうってことかな。
 初回プレイなので、戦闘後にようやく確認できただけです(笑)。

Screenshot20110728121417646
 セリフを撮りっぱぐれたのがあったので、この戦いもう一回やってみた。こんな感じで使うのかな。

 戦闘シーンはここに限らずかなりありますので、サクサク行きましょう。

 パーティーメンバーの会話も、やたらカットシーンを交えるのはやめて、バンターと同じプレイ画面で行われる趣向が増えた。字幕を出していれば頭上に吹き出しが出るパターンですね。とても撮影者泣かせである(笑)。

 セリフに発言者名をいちいち記載するのは、なんか私の文章が下手糞みたいでほんとはやりたくないけど、ここはひとりひとりやると画像数がスゴイ数になるし、画像を載せないと発言者が誰かわけわからなくなるんで、しょうがない。

Screenshot20110728121537363
べ:ねえ聴いた? やっぱり、あたしたちの血を狙ってるんだわ。でもなぜ?
ホ:頭のおかしい連中は血が大好きだからね。
ア:いかれたドワーフ。そんなのありえないから、リストから消しとこうよ。(訳:皮肉でしょうね)
ヴ:カルタは普通こんなことはしねえんだ。連中、ビジネスマンだからな!

Screenshot20110728121603465
ホ:コリフェウスってのが何者か知りたいな。そういう名前だから、どっかで必ず「むははははっ!」って笑うんだろうけどな。そうに決まってる。

Screenshot20110728121607348
ホ:で、何だって? また血がいるって? つばとか、髪の毛一束じゃだめなんかね?
ヴ:お前さん、本気で「つばきメイジ」(spit mage)に出会いたいと思ってんの?

Screenshot20110728121616331
ホ:色々いたほうが愉しいじゃん。

 絞ってもこれだけ画像がいる・・・。

Screenshot20110728121647666_2    
 読み物が好きなお友達にも読むものはたくさんある(笑)。

 ヴァリックがいると色々薀蓄を教えてもらえたりするが、アヴェリンとかだと「なにそれ、イミフ」で終わることも。別段プレイに関係ないけどね。

 こっちは、ドワーフのウォーリアー・カーストから、各世代たったひとりだけが選ばれ、死ぬまで何かの見張りの任務につく、と書いてある。それがこれまで何世代にも渡って続いてきたようだ。

Screenshot20110728120847022
 こっちは、「荒野のアムゲフォーン」なる碑文。たったひとりの見張り役に対する檄文。ザ・ペスティレント・ワン(The Pestilent One)、「邪悪なる者」がめざめないように見張れ。その復活は破滅を意味するとか。

Screenshot20110728121902165
「『アムゲフォーン』ってのはドワーフ語で『犠牲』を意味するんだ。ぞっとしねえ名前だな・・・」

Screenshot20110728121908432
「俺たちがどこか素敵な場所に旅することなんて一度もないだろ?」

Screenshot20110728122132345
 まだあんのかい。

 だがこれは重要そうだ。

Screenshot20110728122135519
 Malvernisとは、ザ・ペスティレント・ワンのドワーフ語ですね。ドワーフが精魂込めて作り上げたいくつかのタイグを、みな汚染まみれの灰燼に化してしまった。
 他にも色々メチャメチャやらかしたと書いてあるが、ドワーフが漠然と「神」か「精霊」のように扱っているザ・ストーンそのものにも脅威を与えたという。
 ドワーフのシェイパーたちがオーブに閉じ込め、百人のウォーリアーの血に染まったレリウムで縛り付けた。だがオーブの中ですら「その穢れし者」(The Foul One)は飢え、復活を待っている。
 ドワーフたちは、ザ・ストーンの安全を守るためオーブを地上に持ち出した。何物に対しても脅威を与えることのできない場所に。

 2000年の謎に関係しますね。、ドワーフのシェイパーたちがオーブに閉じ込めたのが2000年前だったのかな。

Screenshot20110728122251974
「俺はいつの日か、いにしえの悪も、恐怖も、猛威を奮う疫病も、狂気も何もない場所に訪れることにするぜ。
 ビーチとかがいいかな」

Screenshot20110728122259528
「お前さんがビーチに着いたその日のうちに、怒りに満ちたディーモンの海賊の大群が現れるんだぜ、きっと」

Screenshot20110728122521785
「あれ見てみろよ」
「要塞? こんな、何もない場所の真ん中に?」

Screenshot20110728122541986
 眩しくて何のことかわからなかったが、あれか。ドーム型の要塞?

 やっぱ、本編より記事にするの大変だ・・・。

 

 

 

« 小松左京さん(訃報) | トップページ | 【DA2】レガシー(4) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/41001342

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】レガシー(3):

« 小松左京さん(訃報) | トップページ | 【DA2】レガシー(4) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31