フォト
無料ブログはココログ

« プロットホール、分岐問題とか。 | トップページ | Dundeons and Dragons: Daggerdale »

2011年6月26日 (日)

キースせんせ、今頃気がついてごめんなさい。

 それだけそっち関係の話は意図的に無視してきたということで。

 キース・エマーソンせんせの日本へ向けた楽曲がYouTubeに載っていたことに今さっき気がついた。

http://www.youtube.com/watch?v=K6kUKr9tuUM

 もう被災地の画像、映像は今更見たくないという人はオルタナティヴ版のこちら。

http://www.youtube.com/watch?v=ABOdm2-rLlw

 心からの感謝の気持ちを抱きつつも、できたら、この次のリンクの"Jerusalem" くらいのが元気出てよかったんだけど。
 上のピアノ曲は、キースせんせが日本が3月11日被災した直後に作曲されたそうなので、わがままは言うまい・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=CN11bI1_sZo

 "Jerusalem"のEL&P版は、もう自分千回以上は聴いている曲なんで、曲そのものより、YouTubeでガイジンたちがこの曲の解釈で口論してるのがめっちゃ面白い。
  William Blakeの詩に、Huber Parryの楽曲なんだ。キースせんせたち(EL&P)は曲の解釈のみだ。

And did those feet in ancient time.
Walk upon England's mountains green:
And was the holy Lamb of God,
On Englands pleasant pastures seen!

And did the Countenance Divine,
Shine forth upon our clouded hills?
And was Jerusalem builded here,
Among these dark Satanic Mills?

Bring me my Bow of burning gold;
Bring me my Arrows of desire:
Bring me my Spear: O clouds unfold!
Bring me my Chariot of fire!

I will not cease from Mental Fight,
Nor shall my Sword sleep in my hand:
Till we have built Jerusalem,
In Englands green & pleasant Land

 おまけ。

 Wikipedia(en)に詩があったので、そちらに差し替え。

 そこにはthese dark Satanic Millsのくだりが産業革命批判を示しているとか、ジーザス・クライストがイングランドを訪れたという架空の物語りであるとか、色々書いていますけど、上にも書いたように、あちらでも諸説あるみたいだし、歴史上もコントラバーシャルな事件を生んだりしているようなんで、受け売りはやめときます。

 ちなみにこの"mills"は、もっぱら世界最初の製粉工場のミル(製粉機)を指すとありますが、実際にブレイクが見たのはコットン・ミルだったり、コール・マインであったとも書いてはある。時代背景的には確かにそう言う時代だったようだ。
 Mill、Mills、Millerさんてのは今でもイギリスなどに多くおられる苗字ですが、産業革命前から資本家の代名詞のように扱われていたと聴いたこともある。装置産業ですからね。日本の庄屋さんらとは発生形態的に違いますね。

 なお、間違っても、"mills"と"reactors"をこじつけるような、ラッダイト運動的、大衆迎合的なゴミのようなことは考えておりませんので悪しからず。言いたくないけど、昨今なんでもこじつけるやついるからな。たちわるいよ。

 素直にいい楽曲を聴いておくれ。
 いや、涙ぐんでなんかいないよ?

« プロットホール、分岐問題とか。 | トップページ | Dundeons and Dragons: Daggerdale »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キースせんせ、今頃気がついてごめんなさい。:

« プロットホール、分岐問題とか。 | トップページ | Dundeons and Dragons: Daggerdale »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30