フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ゲイダー氏インタヴュー、ファンタジー・マガジン(3) | トップページ | 【DA2】 Patch 1.03 »

2011年6月 4日 (土)

【ME3】 E3デモ

 先のヒーサーのインタヴューにもありましたが「趣味を仕事にする」はわりとリスキー・ビジネスだと思う。

 仕事で英語を使っていると勘違いされてるかもしれないが、今はほぼ使ってません。むしろ趣味にしか使ってないからいい。
 若いときは確かに趣味と実益を兼ねて、ゲームの世界でも仕事をしようかと思ったこともあるが、今はやらなくて良かったと思っている。
 やっぱ、仕事だと「まったく気に喰わない」ものもやらなければいけない、見なければいけない、翻訳しなければいけない。
 「これキライだからやりません」とはいえない。

 これは苦痛だ。実際にやってる仕事は好きとか嫌いとかのレベルじゃない、普通に無味乾燥なものなので苦痛に感じることは少ない。成功すればそれなりに嬉しいが、それも限定的。まあ収入を得る手段であると割り切れる。

 でもこういう記事を読むとどうしても業界にいる自分を夢想してしまう。
 ただ人より先にデモが遊べてしまうのが羨ましい、というだけなんでしょうけど。しかも記事をすぐに書かないといけないし、やっぱ大変なんだな。

http://ps3.ign.com/articles/117/1172200p1.html

 Mass Effect 3 plays like a shooter.

 また不穏なことが書いてある!(笑)

 このIGNの記者によれば、ME3はME2とは全く違うコンバットのゲームになるようです。

 デモの設定は、クローガンのプリンセス(!)を護衛するというもの。あのサーベラスがやっぱりシェパードの宿敵に戻っていて、その妨害に来る。そこで戦闘。

 シューターとしてはあまりにイマイチだったME、多少の改良はあったが基本的な点では依然として「シューターもどき」であったME2。

 銃器の姿こそさほど変わっていないが、その射撃は(前作までのなんの感動も呼ばないものではなく)、普通のシューターのように確かな手応えがある。
 (ソルジャーのアーマーの腕に装着されているナイフのように)ワン・ヒットで敵をキルできるメレー武器が兵科別に追加された。
 グレネイドはやっと「本物」らしくなった。
 物陰にカヴァーして射撃、裏でさいころを振って射撃の結果を出すのを待っているだけだった前作までの戦闘では、走りながら射撃するのは自殺行為。だが、ME3ではそれが「使える」手段だけではなく、かなり「有効な」手段なのだという。

 装備分類も、スキルも特技も、MEシリーズから大きく変わっていないが、実際の戦闘にはいれば、これはもう全く別な世界となる。
 ME3はもはやMEですらないと。

 2012年まで待つのがますます辛くなった、とのことです。

 「主流」に接近しているということでしょうか。

 さて、またBioWareヘイターども、というかMEへの可愛さ余って憎さ百倍な連中の罵倒の絶叫でも聴きに行くか(笑)。

 ・・・。

 ちゅうか、FFXIII-2のヘイターどものほうがずっと面白かったです(笑)。

« 【DA2】ゲイダー氏インタヴュー、ファンタジー・マガジン(3) | トップページ | 【DA2】 Patch 1.03 »

ゲーム」カテゴリの記事

Mass Effect 3」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ME3】 E3デモ:

« 【DA2】ゲイダー氏インタヴュー、ファンタジー・マガジン(3) | トップページ | 【DA2】 Patch 1.03 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30