フォト
無料ブログはココログ

« Dundeons and Dragons: Daggerdale | トップページ | 【DA2】メイジ主人公編(17) »

2011年6月29日 (水)

Dundeons and Dragons: Daggerdale(2)

 たぶん、このゲームについて書くのは最後になるだろう・・・。

 一応ネタバレありますんで、「続きを読む」のした。

 いやいや、エンドバトルはまいった。

 キャラクターは四種類固定だとか、装備表示バグがいつまでもそのまんまだとか、まあ欠点探せばあるけど、由緒正しいDnDの世界観を昔そのままに、教科書どおりに造りましたというところに好感を抱いていたのですが。

019
 たしかに全てのエピソードがどこかでは見ている。まちがいなく過去のDnDモジュールなり、ゲームなりをパクっている。

021
 でもただのクズゲーじゃないんだな。それなりに頑張ってはいる・・・。
 ちゅうか、DnDワールドで考えたら、物語もそんな矛盾していない。

022
 エンドロールにもシナリオ・ライターなんて出ていないから、セリフはデザイナーが適当に書いているんだろう。大したセリフもないし、分量もめちゃ少ないし。

023
 この戦いなんか、むしろDDOのレイドをぱくったんじゃないの?と思ったよ。
 ヴォールト・オヴ・ナイトよか、タイタンのやつかな。

024
 個人的にははじめて、DnD4.0準拠のドラゴンボーンが動いている姿を見た。
 でも完璧な脇役だった・・・。

026
 だらだらやっても、8時間もしないうちにエンドバトルになってしまった。
 通常でも6時間くらいで終わるのだそうだ。
 それは正直言って商品にするには短すぎます。

025
 レッドドラゴン・・・。お約束過ぎる。
 ちなみに主人公はここらへんではレベル8くらいになっているはず。レベル10が上限かな?

 ところがだな・・・。
 ここはほんとに苦労したぜ。
 意味を解明するまでに20回から30回はやり直しているはず。

 一回失敗しても(死ななければ)何度も繰り返せる仕様ではあるのだが。
 まず、クリアするための条件の意味がわかんなかったのよ。

027
 あきらめて投身自殺・・・。というよか、これがクリアへ繋がる正しい画像なんだ。

028
 ところが、このチャプターだけなぜか個人記録で10位?
 このチャプターだけ対象人数がメチャクチャ少ないので、きっとクリアした人数ですか?

 別に自慢にはならない。トータルの試行錯誤時間入れたら、きっと1時間、あるいは2時間くらいかかってるだろう。

 F1でいう、クリアラップってことか。でもあれ以上はなかなか短縮できそうにないってことかな?

**********

 ちょっち哀しかったのは、やはりエンディングが次回の作品に続くような終わり方であったこと。

 造り手サイドは、きっと続編造りたかったんだろうなあ・・・。

 でも、これじゃあ今のところは無理だと思うよ。Atariだしな。

 DnDワールドを忠実に再現しようとしているので、とても好感がもてるのだが、やっぱ、基本の品質は維持してもらわないとなあ。 

 でも惜しい。DnDだけにこれはひじょーに惜しい。

 ワーブラかどこかがライセンスつきで買い取って、続編やってくれないかな。  

« Dundeons and Dragons: Daggerdale | トップページ | 【DA2】メイジ主人公編(17) »

ゲーム」カテゴリの記事

Daggerdale」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Dundeons and Dragons: Daggerdale(2):

« Dundeons and Dragons: Daggerdale | トップページ | 【DA2】メイジ主人公編(17) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30