フォト
無料ブログはココログ

« Asunder フォーラム | トップページ | 【DA2】DLCはSDCCで発表。 »

2011年6月20日 (月)

Asunder フォーラム(2)

 前回の続きです。ちょっとはコンテンツについても触れているのかな。
 お、来たかな。

**********

Q: (このウィンは)ウォーデンと出会う前のウィンじゃないの? とにかく、もしレリアナとゼヴが戻ってくるなら、ウィンだって戻ってきていいんじゃない? でも本当に過去の話を補完する、レトコン(retcon、retroactive continuity)以外の意味はないの? ウォーデンとホークが姿をくらますことに関係があったりして? だとしたら素敵だけど。

A: 将来のゲームに直接関係ある出来事は小説では起きないよ。接線的に(tangentially)関連するがいいところだ。この小説の場合、ゲームの中で異なる結末があるイヴェントやキャラクターのうちいくつかが登場するし、それらについてひとつづつ、ある結末を選んでいる。小説内での正典を形成するために必要だからだ。もし、それがやりすぎになるんじゃないかと不安に感じるのであれば、その必要はない。必要ない限り、私もそんなことは避けようとするから。

 代替案は、すでにここでも触れられたように、そうした出来事やキャラクターを全部避けることだね。私はそうはしたくなかったし、その必要もないと思った。これは「もしかしたら起きたかも」しれない物語であり、DA2のタイムラインに沿って起きる出来事についての洞察であり、そのタイムラインを避けるのではなく、用いることこそが愉しさの一部でもあるのだ。だが、ここで将来のゲームの下地作りをしようとは、直接的にはしていない。

これでわかってくれるといいんだが。

Q: 「接線的に関連している」というけどDAの明確なタイムラインなんてあったっけ? 
Origins / Awakening/ Witch Hunt / DA2 の出来事がいつ発生したかハッキリと示されているようなものが。特にWitch Huntについては、 ちょっとばかしゴチャゴチャしてるんじゃないかな?

(訳:そう、そのタイムラインは私もモリガンラヴのときやろうとして諦めた。確かにハッキリとはしていない)

A: 君にとって示されたって意味? 難しいね。君が言うように、逸脱のポイントはいくつかあるし、そこで結構こんがらがる。どのタイムラインでも共通する主要なポイントを選んで、それで考えてみるのが簡単じゃないかな。
 
 小説からゲームに出来事を持ち込むとすると、特定のゲーム内で起きる相違点に従わないといけないが(ウィンの生死などはいい例だ)、世界をできるだけリアクティヴのままにしておくというゲームの性格上、タイムラインを明確にするプロセスはずっと難しくなっていく。それでも継続性オタク、ああっと、マニアにとっては、いつまでたっても十分リアクティヴなゲームとは呼べないんだからねえ・・・、ま、それはまた別の話だけどね。

Q: ゲイダーさんの(訳:前二作の)小説に出てくる(訳:マリックの)男子はアリスターだと思っていた。だけどゲイダーさんは私が間違っていると親切にも教えてくれた。その男子はアリスターではない。マリックは実際には三人の別々の女性との間に三人の息子をもうけたことになる。

 でしたっけ、ゲイダーさん?

A: そんなことは言っていないよ。

Q: (にべもなくはねつけられたことを、別なポスターが揶揄して)

 じゃん、じゃん、じゃーん!

A: そういうのには、ちゃんと適切なリンクをはってくれないかな。

http://www.youtube.com/watch?v=a1Y73sPHKxw

**********

 以下同じ質問者。

 ちなみに、上のリンク以外にこのリンクも紹介してる(なんでこんなことまで訳してんだろ)。

http://www.youtube.com/watch?v=qgo2109yFlE

**********

Q: 前作では、キャラクターの過去が描かれました。キャラクターづくりにはより大きな自由があったと思います。それに比べてDA2の出来事のあとの物語を描くのはチャレンジングでは?
 特に、ウィンがすでに著名な人物になっている場合は?「プロット」について言っているのではなく、キャラクターの話です。ウィンが強い個性のキャラクターであるとわかっているのは制約になるのでは?

A: ウィンのことをあまりよく知らない場合だってありえたじゃないか、というなら、そうだね。でもどのみち、ウィンもシェイルもこの小説の主要なキャラクターではないよ。彼女たちが再登場するとは言ったけれど、彼女たち中心の物語であるとは言っていない。そういう前提で考えるのは間違いだね。

Q: ウィンのセリフは大部分シェリル・チーさんが書いたのですが、書きやすいキャラクターでしたか? どこかで、うーん、こういう表現がピンとくるかどうかわかりませんけど、シェリルと交流することはあったんでしょうか?

A: シェリルは私が好き勝手やっていいと白紙委任状(carte blanche)をくれたから、問題ないよ。

(注:カルテ・ブランシュは、ダイナーズのプラチナ・カードだけど、ここでは元の意味でしょうね)

Q: クナリは登場しますか? シェイルは? それ以外のDAキャラクターは?

A: シェイルはすでに言ったよね。他のキャラクターについてはしばらく待って欲しい。

Q: ダンス(DANCING)はある?! 

A: あやうく「ない」といいそうになったが、ある章を思い出した。だから、答えはイエス、あるねsmilie

**********

 ここまでは同じ質問者ですが。私のワイルド・ゲスでは、ライターになりたいワナビー・ライター、女子ファンかなあ・・・。プロフィールは非公開なのでわからないけど。
 そうじゃなきゃゲイダーさんもここまでまじめに答えないだろうなあ。

 こまけえ。この細かさが、まさに文芸少女くさい。そんなの世界共通だから。
 まあ、文章からもわかるけど、最後の「ダンス」で、女子でしょうね。 DAなどBioWareはヴィデオゲームには珍しく女性で支えられていますからね。下手すると20%か30%くらい女子ファンじゃないかな・・・。異常な数値でしょうけどね。CoDとか99%男子だから。汗くさっ!

 ああ、案の定食いついてきてるな・・・。さらに同じ質問者で続く。

**********

Q: 他の「プロット」のアイデアは考えましたか? それとも今回はこのプロットが最初から有力でしたか?

A: 他のプロットも考えたよ。政治と関係のない古典的冒険もね。でもそれはバカバカしいかなと思ってやめた。自分として政治的陰謀のねたが好きだからね。

Q: あらすじが最初にもうできていると思うのですが、実際に書き始めてから劇的に変わってしまうということがありますか?(例えば最初に考えていたエンディングが実際に書いてみたらもう心に響かない、適切なものではなくなって、完璧に書き変えてしまうとか)。

A: 二つの点で劇的に変更されたね。そう、私の精緻かつ整然としたあらすじのとおりにキャラクターどもが動いてくれなかったのが主たる理由だ。間抜けで非協力的なキャラクターどもめ! まあいい、あらすじのほうを変えることにする。くそ。

Q: 何で書いていますか? 紙? コンピューター? タイプライター?

A: コンピューター。今時紙で書いてる人なんているの? あるスピードで文字が現れてくれないとイライラしてきて困るんで。私の手書きがありえないくらいひどいものになってきてるのもあるんだが、実際に書いていないからだろうね。

Q: 人里離れた山小屋に閉じこもって、ミューズ神だけを伴ってじゃないと書けないタイプのライターですか。それとも、アイデアを他人とぶつけ合って練り上げていく、私がよくそう呼んでいるんですが「群生ライター」ですか?

A: 両方かな。最初にはブレインストームのためのメンバーが必要だが、本格的に書き始めたら、ふたりばかり(私が書いたクソをクソと言ってくれるという意味での)信用できる友人に書いている最中のものを読んでもらう。それ以外は誰とも話したくない。完全に地上から姿を消し、友人たちも彼はどこにいったといぶかしがるんだ。

 ま、嘘だけどね。私がどこにいるかは皆知っているよ。皆とても辛抱強いんだ。

Q: 書いたら忘れるタイプ? それとも書き終えたものにいつまでも執着する(keep obsessing)タイプ?

A: 書いてる間はとりつかれているね。書き終わったら終わりだ。
 ヴィデオ・ゲームのライターを長いことやってきて、自分の書き上げたものに対してごく限られた影響力しか行使できないという経験から学んだ。自分で書いたものに憑依されない体質になったんだ( I have very little possessiveness over my writing)。
 ゲーム開発の世界では、自分では夢にも思わなかった制約が次々現れる。うまく動かすためにストーリーは(カットや予算の都合など)自分の力が全く及ばないところで変更を余儀なくされる。だから、終わったら忘れることにしてるよ。

Q: 猫たちはどうしてるんですか? 猫たちは人間が自分たち以外に注意を向けているときは、とっても邪魔したくなるみたいですよね。

A: ヘロー(Helo)は私が書いている間、椅子の背もたれで寝てるが、いつも私の首のところに落ちてくるね。私が立ち上がると落っこちてしまうんだが、十分後には彼もまたそのことを忘れて同じことをしてるよ。エイジャクス(Ajax)は私を無視する振りをしてるね。二匹ともコリー(訳:奥さんかな)のほうに注意を向け始めて、結局私が書いている間、彼女が沢山面倒をみなければなくなってるね。彼女に言わせるとこんな感じ。"lovemelovemelovemeOMGloveme"

Q: この小説の題名をFalcoの歌から題名を取らなかった理由はなんですか?

A: なぜなら「アマデウス(Amadeus)って誰だよ?」と思う連中があまりに多いだろうと思ったからだよ。

Q: 異なる文化ではメイジのことを違った形で取り扱うという視点は示されるのでしょうか?

A: (訳:Asunderの舞台となるオーレイの首都)ヴァル・ロヨーでは事態はどうなっているか、わかると思うよ。

**********

 ああ、ちょっと怖いね。筋金入りのゲイダー・ウォッチャーかもね。

 Falcoはわからなかったなあ・・・。別段過去の小説の題名がFalcoの楽曲に由来しているわけでもなさそうだし。単純にゲイダーさんがどこかで好きなバンドにあげてたのか。

 結局、Asunderのことはほとんどわからなかったのね。

 

 

« Asunder フォーラム | トップページ | 【DA2】DLCはSDCCで発表。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

Dancingは、剣劇(sword play)かと思ったら違いましたか。本物のダンスなのね。
書いた物に執着出来るのはアマチュアの特権ですね(^。^)

 剣戟が出てこないことはありえないのですが、剣劇?
 省略しましたが質問者から「クナリとのダンシング希望」とはあるなあ。
 "Oh please please please please let the dancing involve the Qunari!"
 (タイポも原文のまま(苦笑))

 前二作読んだはずだがダンスのシーンは記憶にないんだな(笑)。剣戟のシーンばかり覚えています。

>書いた物に執着出来るのはアマチュアの特権ですね(^。^)
 
 そう、アマチュアはそうですね。でもプロにも二種類いるらしいよ。
 カート・ヴォネガット曰く(実際には彼の知り合いの芸術家曰く)、「芸術家」には二種類いるそうです。
 1.自分の過去の作品のことだけ話す人種。
 2.「人生」、「命」などに関することしか興味がない人種。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Asunder フォーラム(2):

« Asunder フォーラム | トップページ | 【DA2】DLCはSDCCで発表。 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30