フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ファインディング・ナサニエル(3) | トップページ | 【DA2】【ME3】ME3スクリーンショット、DA2リャンミリオン。 »

2011年5月 6日 (金)

【DA2】DA3大胆予測(亡者の妄想)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

 ここまでプレイスルーを自分なりになぞってくると、前の記事のナサニエルの発言もかなり重要ぽいですね。
 グレイ・ウォーデンが執拗にここカークウォールあたりのディープロードを探索し続けていることについての発言。その詳細はウォーデンの機密事項なので答えられないが・・・。

 「しかるべき時が来れば、おのずと君にも明らかになるだろう」

**********

 自分のエンディングの記事書くまで待ちきれないし、また忘れちゃうんで、ここで大胆に考えてしまおう。ここから先のDA2のプロットには触れない。わかってる範囲で言えること。
 エンディングまで書いたら読み直して、また考えてみることにします。

 何かを読んだわけじゃない、全部私の妄想なんで、無視するならここまででOK。
 でも当たったら褒めて(笑)。はずれたら? この記事削除しとくかも。

 もちろん、DA3が出る前提だ。出ない事態になったら、ふてくされてやる。

**********

 ドワーフの爆薬職人を調べようと思って、自分のAwakeningのAftermathの記事を読み直していたら、ウォーデン・コマンダー(主人公)がワイズホプトに呼び戻された理由は不明とはいえ、第六のブライトの発生が予想されるからというものもあったようだ。

 Awakening二人目、三人目のアフターマスはブログに載せていない。
 画像があったので読んでみる。

 なおアリスターとの関係で、私の撮り忘れがあったり、バグのためか話がちぐはぐになってる部分がある。気にしないでください。ここでの議論とは関係ない。

 一人目。つうか画像全部一緒で文字読まないと違いはわからない。
 この文章は過去記事のコピペ。

 一人目はオリージャン。

Screenshot20100325223902591
 コマンダーの偉業は伝説にまでなった。彼の向かうところ、通りには群集が列をなし、政治の世界では最終的に領土中の支持を集めることとなった。だが、人気には敵対者と嫉妬がつき物である。人生は決して退屈なものにはならない。
 数年後、コマンダーは不意にワイズホプトのウォーデン要塞に出頭を命じられた。非常に小さなカッターボートがアマランティンの港に停泊したその日に、彼は出立した。

 一番最後のブライトがついこの間終わったばかりなのに、新しいブライトがはじまると言う者もいた。コマンダーはそれに対処するために呼ばれたのだと。
 真実がなんであれ、コマンダーがヴィジルズ・キープに再びその姿を現すことはなかった。
 しかし彼の伝説は、これから先何年もの間、忘れ去られることはないであろう・・・。
 

 二人目はOriginsから引き継いだヒューマン・ウォーリアー。このDA2プレイスルーの元データ。国王アリスターの王妃となった。

Screenshot20110216180848696
 フェラルデンの救世主でもある彼女は、グレイ・ウォーデンのコマンダーとして長く留まることはなかった。ダークスポーンはもはや大きな脅威ではなく、ブライトは名実ともに終わりを告げた。彼女はまた違う道を進むことになる。 

(アリスターの王妃なので、ここはフェラルデンの宮廷に戻ってアリスターと民衆の歓迎を再び受け、その後数年暮らすという記述があるはずだが画像が見当たらない)

 数年後、フェラルデンの救世主は完全に人前から姿を消すことになる。誰一人として彼女の旅立ちの理由を知る者はいなかったが、彼女の物語がこれで終わると考える者も誰もいなかった・・・。

 三人目はOriginsから引き継いだエルフ・メイジ。ロマンス相手だったアリスターはアーチディーモンと相討ちとなって果てた。

Screenshot20100811111853646
 フェラルデンの救世主でもある彼女は、グレイ・ウォーデンのコマンダーとして長く留まることはなかった。ダークスポーンはもはや大きな脅威ではなく、ブライトは名実ともに終わりを告げた。彼女はまた違う道を進むことになる。 

 最愛のひとアリスターの元に戻り、フェラルデンからも宮廷からも離れて暮すことにしたという者もいる。またある者は、別の土地のグレイ・ウォーデンとしてアリスターとともに勤め続けたという者もいる。デネリムでふたり一緒の姿がしばしば見かけられたという噂も久しく絶えなかった。

 だが数年後、彼女もアリスターも人前に姿を現すことはなくなった。グレイ・ウォーデンの新たな任務に携わっているのかもしれず、ふたりきりの冒険に旅立ったのかもしれず、あるいは単に姿を消しただけかもしれない。だが、ふたりの物語がこれで終わりだと考える者など、誰もいなかった。

(これはアリスターとロマンスが成就したが結婚していない場合のパターンである。だがアリスターはすでにこの世の中にいない点が反映されていない。その後のパッチで直ったかどうか、Wikiにはこのバグは現時点では記載されていません)

 このように、オリージャン・ウォーデンだとそっけない終わり方ですが、Originsの主人公だったウォーデンのその後には「これで物語は終わりじゃない」と暗示させる一文がついている。

 そのまま額面どおり(本当にDA3に続くと)受け取ってよいのか、それともその後に発売されるDLCのことを言っていただけか、それこそDA2で触れられている噂話レベルのことなのか、あるいは企画段階でDA2につなげようと思っていてボツになったのか、わかりません。 

 ただ結果として、みな数年後には姿を消している。

**********

 考えるべき重要事項としていくつか。

・チャントリー、ザ・ディヴァイン、オリージャン女帝

 DA2のホークがなんらかの形で絡んでくるのかな。
 チャントリー体制の瓦解というのは、DA2のカッサンドラとヴァリックが冒頭から話をしているので、ネタバレとみなさなくていいでしょう。ここまでの話でも、カークウォールのチャントリー体制が崩壊すれば、セダス全土にその影響が及ぶことは明らか。
 ゆえに、DA3でもチャントリー、ザ・ディヴァインの問題は大きな軸として描かれる。
 これは中学生でもわかるね。中学生はDAを遊んではいけないらしいけど。どうせこれも読んでるんだろ? コメントとかすんなよ。チクられたらここ閉鎖されるからな。こっそりやれ。

・テヴィンター帝国、ブラック・ディヴァイン

 一方で、チャントリーの勢力が弱まれば、おのずと対抗するテヴィンターの力が相対的に増す。カークウォールの事件の陰で糸を引いているわけではないようだが、メイジ復権と称して援助をすることになりそうだ。
 いまだ継続中のクナリとの戦役にもメイジは貴重な戦力になるし。
 悪のチャントリーの総帥、ザ・ブラック・ディヴァインの登場もあるかもしれない。

・グレイ・ウォーデン

 Originsの主人公が絡んでくるでしょうか。
 本編中でもストラウド、あるいは別のウォーデンが言っているように、グレイ・ウォーデンにとっての重要事項、関心事はブライトのみ。
 チャントリー絡みの政争から影響こそ受けるが、影響を与えようとすることはない。 

 頻繁にカークウォール地方のディープロードを調査しているということは、何かの前兆を発見したからなのか。
 果たしてDA三部作(だとして)が、ふたたびグレイ・ウォーデンの物語に触れずに終わるようなことがあるだろうか。 

・オーザマー

 そうであれば、ディープロードつながりで、オーザマーは間違いなく関係が出てくるであろう。

・フェラルデン

 顔見世くらいでしょうか。レッドクリフはどうなったかな?

・フレメス(あるいはモリガン)

 これがなあ。これがわかったら予想もへったくれもないもんなあ。

・ブライト

 古(いにしえ)の神は七柱。Originsのウーサミエルが第五の使徒じゃねえや、アーチ・ディーモン。
 まだあと二柱いるんすよ。

 三部作なら・・・。これ二柱まとめて出すな。三部作であるとはハッキリ言ってないはずだけど。
 アーチディーモンではないが、ハイ・ドラゴンが二体いっぺんに出現してセダスが大変な目にあった歴史はある。この事態を受け、ネヴァラにドラゴン・ハンターが生まれたのであった。(そういえば、ドラゴン・ハンターのコンセプトも掘り下げられてはいないね)

 さあ、妄想いってみよう。

 まず、全部ヒューマン・ホークで一部「自称ファン」が興ざめしたというDA2の反省は全く関係なく、DA3はマルチ・オリジンだ。まあこの手法は古来からRPG、あるいはMMOでもよくありますよね。ざっくり考えると。

1.チャントリー

 出発地点はオーレイの首都ヴァル・ロヨーっすね。たぶん代表クラスはテンプラーだからウォーリアーかな。サークル・メイジもありだ。女帝かザ・ディヴァインの密偵ということでローグって線もある。主人公は貴族や利害関係者のくだらない保身に苛まれつつ、右往左往する。ここはヒューマン間の骨肉の争いでいいと思う。

2.テヴィンター

 出発地点は帝国の首都ミンラソウス。代表クラスはもちろんメイジだが、ここもクラスにこだわることはないと思う。もちろんメイジの支配を画策する非常にダークなストーりーだ。
 重要な利害関係者はクナリ。奴隷解放問題という線でエルフでもいい。

3.グレイ・ウォーデン 

 出発地点は難しいが、ワイズホプトのウォーデン要塞としておこう。クラスはなんでもありだ。ブライトの前兆を探し、対処する話がメインかな。
 重要な利害関係者としてはオーザマー・ドワーフですね。
 グリフォンはねえ・・・。馬も出ないんだからグリフォンも出ないな。

 DA2同様、主人公はヒューマン特化になってしまうかもしれない。最低3つ、最大6つくらいのオリジン・ストーリーというかオープニング・シークエンスがある。

 エルフ、ドワーフ主人公が復活する線は薄いと思うんだが、開発期間に余裕があるなら、それぞれフェラルデン、オーザマーを起点でもいいかもしれない。 

 プレイヤーの目的は、当初はセダス大陸全土を揺るがすとはいえ、どっちかってとしょうもない政治闘争、権力争いである。
 善:チャントリー、悪:テヴィンター、中立:ウォーデンみたいな色分けで色々揉めたりするのね。
 やがて、ブライトの前兆がある。

 第六のブライト。

 対処しようとしてたら、別の場所で別のブライトの兆しが見つかる。
 政治闘争とかやってる場合じゃなくなる。でもまだ政治に明け暮れる物分りの悪いバカはやっぱりいるんだろうけど。ああ、もうどこかの国そのものだね。

 第七のブライト。 

 それでですな。ここでフレメス、モリガンの登場ってのはどうでしょうか。

 モリガンは、エルーヴィアンでフェイドに行ったわけでも、別の土地にいったわけでもない(二度と戻って来ることはできないと言っていた)。
 これはもう過去か未来しかないんじゃないのかと思ったが、「この世界でもフェイドでもない」という発言にひっかかるか。
 例えば喪われた知識を獲得するために過去に飛んだのであれば、理屈上あっちのエルーヴィアンを使って戻ってこれるのか?
 モリガンが使ったものは使用回数一回こっきりだったんですよね。だからだめなんだが・・・。メリルの登場で話がややこしくなって一概にそういえなくなってしまった。

 ではDA3の物語の時代の直前くらいに飛んだとしたら、その目的は?
 ブライトのエッセンスを得た子供に関係ある。その子に「来るべきものに備えをさせる」。フレメスへの復讐? フレメスはモリガンのことを「娘でもなければ敵でもない」と言っていた。もっと大きな脅威への自己防御であろうか。

 もし行き先が過去でも未来でもないなら、モリガンはわが子にエナジーを与えるため、何か得体の知れない場所に行ったことになる。サイフォンのようにその場から我が子にエネルギーを与え続けるのだ。よってモリガンはDA3では登場しないことになる。

 フレメスは、何かもっと大きな存在の一部。それこそ何かの使徒。ドラゴンそのものかもしれない。本当の「古の神」ね。でもそれを崇拝しているはずのテヴィンター首都さえも焦土にしてしまうんだな、よくあるパターンの素晴らしきアイロニー。
 モリガンは、「闇の儀式」は来るべきものへのさきがけ(a herald)に過ぎないといっていた。ドラゴンに関係はあると思う。ブライトのエッセンスを吸収したドラゴン、グレイ・ウォーデンのドラゴン版とか。
 では、その大いなる存在がなにを狙っているのか。「変化」とは何か。それがわかれば苦労はしない。

 メイジとチャントリーの政治闘争だと思っていたら、ブライトがワンツーで発生して、さらに「古の神」のしもべたるフレメスがこの世界全体の変革を狙う。その変化を阻止するヒーロー、メサイアなのか、それとも変化を我がものとして暴れ回るアンタイ・ヒーロー、ダーク・メサイアなのか、パワーを十分につけたモリガンの子供が颯爽と登場する。
 最後は、二柱のアーチディーモンのそれぞれをフレメスとモリガン・チャイルドが手なづけて・・・。

 それだけ書きゃどれか当たるだろうって?
 いや、どれかじゃなく、全部かなあと思ってるんですけど?

 なに、エピックすぎる?
 だってDA2はエピックさがなくて物足りないとか言ってませんでした?

 でもこれ、DVD何枚分だよ・・・。
 それ以前に開発期間何年だよ。

 だから三部作を諦めて、DA3、DA4になるような気がするんだよね・・・。
 3年も4年も悠長に開発とか、きっとEAが許さないから。
 

« 【DA2】ファインディング・ナサニエル(3) | トップページ | 【DA2】【ME3】ME3スクリーンショット、DA2リャンミリオン。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

なんとなくですがフレメスは実は最初に覚醒したアーチデーモンで力を取り戻すために行動してるのでは?と思います。

 ご意見ウェルカムですよー。
 辻褄あわせるのは私の役目だ(自分で勝手にそう決めた)。
 
 七柱の古(いにしえ)の神、これは全部ドラゴンですね。ハイ・ドラゴン。
 セダスに登場するアーチディーモンは、これまで五体。すべてブライトに汚染されたハイ・ドラゴンだというのが定説。
 
 残りニ柱、ドラゴン二体の所在が不明だ。
 ご指摘の話を膨らませると、一柱は、ブライトに汚染されずに(あるいは克服して?)すでに覚醒していた。知性を持っているのかどうかわからないけど。
 それが(知性を持っているなら)フレメス自身。あるいは、彼女が自分を「全体の一部」と言っているから、フレメスに関係のある存在。目的はまだ不明。フレメスは善なのか悪なのか? 
 (Originsではウォーデンとアリスターを救った。DA2ではホーク一家を救った。気まぐれなのか。自分の狙いにとって必要だったのでしょう)
  
 ここからは個人的都合で解釈。
 モリガンがその真実を知った。フレメスがドラゴン・チャイルドを求めていたのもその目的を達成する手段だった。
 フレメスはドラゴン・チャイルドをモリガンに奪われ(プレイ内容による)、DA2冒頭では窮地に追い込まれて逃げ隠れしていた。だが、モリガンはフレメスの「敵」ではないといっている。

 この場合、残る一柱の古の神、これが物語にどう絡むのか。モリガンとその子供が絡んでくるのではないか。

 ちなみに、って長くなったな。次に続く。

 ちなみに、七柱の古の神、おさらいしておきましょう。
 Dumat the Dragon of Silence
 Zazikel  the Dragon of Chaos
 Toth   the Dragon of Fire
 Andoral  the Dragon of Slaves
 Urthemiel  the Dragon of Beauty
 Razikale  the Dragon of Mystery
 Lusdacan  the Dragon of Night

 上から順番に五柱現れたことになっている。OriginsのアーチディーモンはUrthemielですね。
 ミステリー(謎)とナイト(夜)が残っている。
 これじゃ、あんまりヒントになりませんね(笑)。

 ドラゴンが実は高い知性を有していた存在というのはDnDの定番ネタなんで、ありそうなんですけどね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】DA3大胆予測(亡者の妄想):

« 【DA2】ファインディング・ナサニエル(3) | トップページ | 【DA2】【ME3】ME3スクリーンショット、DA2リャンミリオン。 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30