フォト
無料ブログはココログ

« 秩序について(続) | トップページ | 「空気」の研究 »

2011年5月29日 (日)

Drakensang: The River of Time

 Dungeons and Dragons: Daggerdaleは、意外といけるかも?と期待していたんですが、GameSpotのX360のレヴューによるとバグが大変らしい。コンテンツもまだまだ少ないとか。アメリカ人のあんちゃんたちとガリガリCo-opする元気は私にはもうないが、もうちょっち様子を見て待ったほうがいいかも。

 同じくDnDのライセンシーであるAtariから売却されるCrypticが開発していると言っていたNeverwinterは一切音沙汰がなくなった。コンセプトは上のDnDDDにちかいCo-opで、ユーザー・コンテンツも積極的に取り込む点が大きく違うが、これも出ないかもね・・・。

 DnDとついていると脊髄反応で買ってしまっていた私ですが、最近はちょっと引き気味。DDOの甘美な思い出を胸に抱いているだけでもういいか。

 The Witcher 2は、前作同様コンバットのぬるぬる感がなんとも気になるんですが、もう正統派のメジャーRPGタイトルと呼んでいいと思う。ゴミ(素材)拾いの量がちょっと過剰にすごいんですが、それも愉しいと思う人も多いだろうから。
 今回も英語翻訳はぜんぜんOK。問題なし。紛失していた前作クリアのセーヴファイルを作り直すため、残っていたファイルから、前作のEnhanced版の最後のチャプターくらいを一気にプレイして思いましたが、すでに英語は改良されてバッチリになっていた。ま、会話は相当くどいんですけどね。

(結果的に前作のプレイのセーヴファイルは、あんまし重要なところには反映されていないのかもしれないけど。アダが死んでるとか生きてるとか、そこらへんは確認できた。また前作ではだいぶスコイテルの肩を持ったので、もしかしたら騎士団の肩を持ったときと違ってるのかもしれないけど)

212
 結局前作のセーヴ・ファイルを作らないと気がすまなかった、自分でもどうしようもないA型気質。

229
 別に操作はできないようですが、ちゃんと船が出ます。

230_2
 (元)海賊船長が登場するのに、はしけのようなバージ船しか出なかったDA2。

232
 いやね、こういうところはものすごく大事だと思うのですよ。
 「最後まで撃たせないなら拳銃を出してはいけない」というのも「売れる」小説の鉄則だそうだから。意味があるなら出す。出したなら使う。

 あのジャック・スパロウだってちゃんと船を獲得するじゃないか。

238
 造型も雰囲気も申し分なし。「DX11なんて飾りです!」かな?
 いや昨今のグラボも相当いいってことだろうけど。

249

250
 なんだよ、もう集まっちゃったのかよ!
 前作からの御馴染みのメンツがいきなり集結してしまう。こちらも造型から声優から格段に良くなった。前作のダンデライオンなんて、出てくるたびに苦笑したもんな。いつも半笑いで。

251
 もちろん、私は野郎にもドワにもあんまし興味はない。今のところこのお方がアイ・キャンディ。前作と比べ物にならないくらい、ぐっといい感じですよね。

 さてThe Witcher 2をガリガリ進めるかと思っていたのですが、注文したことすら忘れていた作品がようやく届いた。

 このブログで触れたかどうか忘れたけど、Drakensang: The Dark Eyeのプリクエル。

 ドイツでは、ザ・ウィザーズ・オヴ・ザ・コーストが要求したTRPGのDnDのライセンス料がぼったくりと看做され、ほとんど流行っておらず、独自開発のTRPGであるThe Dark Eyeがダントツ人気なのだそうだ。
 日本でもホビジャの料金設定見てると、「いい加減にしろよな」と思うもの。ホビジャもきっと悪いんだろうけど(信じなさい。私はここの、翻訳ですらないゴミのような取説つけてぼったくるあこぎな商法と泣く泣くだいぶ長い間付き合ってきたのだ。おかげで自力で英語を読むという癖がついたのではあるが)、WotCがふっかけてるんだろうか。

 スクリーンショットの取り方がわからずおろおろしたが、本編にはいればはちゃんと撮れるようだ。ただオープニング・ムーヴィーとかは(可愛らしくて非常にいいのだが)別の手段で撮らないといけないので割愛。まああちらのどのゲームサイトにでも出てるでしょ。
 それとキャラクター・スタッツ画面とかレイヤーが違うせいか、これも撮れない・・・。

 よってろくな画像はない。

 画像で示せないのが残念だが、前作からエンジン周りは一切触ってない、ということだ。
 「壊れてもいないものをなぜ直す?」というのはDA2のレイドロウ氏の謝罪文にもあったし、GameSpotのレヴュアーもDA2に対して批判していたことだ。

 Drakensangは、実質前作のエクスパンションということです。ストーリー部分が新しいものに変わっているから、それでもいいんですが。

 それでいいのかな? 

 たしかに大企業のBioWareと中小企業と比べちゃだめでしょうけどね。
 

Screenshot_2
 せっかくのイケメン主人公も、アップの画像が撮れない・・・。

Screenshot_8

Screenshot_7

 でも、エンジンが変わってないなら、今回もミニスカキャラのパンチラあるかな(そればっかだな。

« 秩序について(続) | トップページ | 「空気」の研究 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Drakensang: The River of Time:

« 秩序について(続) | トップページ | 「空気」の研究 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30