フォト
無料ブログはココログ

« ストーリーテリング・イン・ゲームズ(ボツ原稿ともいう) | トップページ | 【DA2】DA3絹のドレスと笑う仮面。 »

2011年5月31日 (火)

【DA2】DA3夢の途中。または血とグリフォン。

 Dragon Age IIのプレイスルー記事ではなくなったけど。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。









 途中までまとめていたDA3はどうなるか、BioWare亡者の妄想。続きます。

 レイドロウ氏の謝罪文(既訳)でまたヒントがもらえた。

**********

 DA2のストーリーで起きた事件は、セダスの政治と権力の構造を根本的に覆すものになるのだし、それは将来的には陰謀、ドラマ、全面的な抗争などあらゆる形をとり、グレイ・ウォーデンとダークスポーンの戦いがより一層深く係わり合いつつも、世界をそれ以上の激動に導くのだ。

The story events of DA II have fundamentally altered the political and power landscape of Thedas, in a way that's open to intrigue, drama and sweeping conflict in the future, and evolves a world that, while still very much involving the Grey Wardens and Darkspawn, is about more than just that one struggle.

**********

 DA3ではグレイ・ウォーデンがまた表舞台に登場すると考えて間違いないでしょう。

 「陰謀」、「ドラマ」、「全面的な抗争」という部分は、もし(余計なことは言わないし、発言に必ず裏づけのある)ゲイダーさんが言ったのだとしたら推理する価値があるし、その結果もかなり確度は高そうなんですが、レイドロウ氏は一般論を混入させることが多いので、どうかなあ・・・。

 「グレイ・ウォーデン」 (ジ)アンダーフェルズようやく登場?

 「陰謀」 オーレイ陰謀公家の暗闘?

 「ドラマ」 テヴィンター帝国の転覆?

 「全面的な抗争」 メイジとチャントリーの全面抗争? ひいてはテヴィンターとオーレイとの戦争?

 とか我田引水してみた。またグリフィン(グリフォン)についても言及しているので、(これもゲイダーさんが言ったのなら)一番上のアンダーフェルズかなーり確度高いのだが。

 アンダーフェルズ(The Anderfels)はOriginsに一回だけ登場している。ただし夢(フェイド)の中で。ワイズホプト(Weisshaupt )の要塞が登場しますよね。偽ダンカンと戦う場面だけですが。 

 おさらいをすると、第一のブライトが猛威を奮ったとき、はじめてのグレイ・ウォーデンが生まれたのがアンダーフェルズの首都ワイズホプトである。
 この国は、極寒の地、最果ての地、非常に貧しい土地という設定がされている。ブライトに二度も見舞われたせいもあり、一切の生命が存在しない部分も多いという。昆虫や地虫すらいないので屍骸は永久に朽ち果てない。まるで南極だ。
 ワイズホプト(ドイツ語)の意味はホワイト・ヘッドだそうだ。山頂が雪で覆われた山岳地帯を言っているのだろう。

 The Anderfels are a land of shocking extremes. It is the most desolate place in all the world, for two Blights have left great expanses of the steppes so completely devoid of life that corpses cannot even decay there--no insect or grub will ever reach them.

 本来はテヴィンター支配下だったが叛乱によって独立した(お?)。
 テヴィンターに再度征服された直後、第一のブライトに見舞われる。ダークスポーンとの戦いはなんと100年も続き、ワイズホプトにグレイ・ウォーデンが生まれてようやく終息する。

 その後もテヴィンター支配が続くが、第二のブライトもまたここを直撃する。テヴィンターは本国の防衛のためアンダーフェルズを手放す。アンダーフェルズはブライトでほぼ全土壊滅直前まで追い詰められたのであるが、ときの皇帝によって守られた。オーレイ帝国傘下となり、チャントリーに帰属するのもここらあたり。第二のブライトが終焉を迎えた頃、オーレイの支配からも逃れて独立。

 第三のブライトでは概ね難を逃れたが、第四のブライトではホスバーグの都市がダークスポーンの手に落ちるなどの被害が発生している。

 現在では王国となっているが、王の権威は比較的弱く、国民はここに本部を置くグレイ・ウォーデンを崇拝している。
 ただしそのため、ウォーデンの代表であるファースト・ウォーデンは国内政治に忙殺され、なかなかセダス全土のウォーデンたちを束ねる仕事ができないようである。
 Originsに登場したリオーダンによればここに集結するウォーデンは3000人近い。 

 ゲイダーさんによれば中世ドイツ(という国はないからゲルマン民族)がモデルとなっている。西ゴート族(Visigoth)をイメージしているそうだ。

 かつてグレイ・ウォーデンはグリフィン(例の羽の生えている妖獣、グリフォンとも)に跨り、空を駆け巡っていた。アーチディーモンとも空中戦を演じたようだ。

 第四のブライト後、グリフォンは徐々に生息数が減っていき、第五のブライト(OriginsとDA2で描かれるブライト)の200年くらい前に絶滅したとされている。
 残念ながら、グリフォンがかつてアンダーフェルズ近隣に棲息していたというような記述はない。もしあったら、DA3でグリフォンが登場するとなれば自動的にアンダーフェルズも登場すると思ったのですが・・・。

 でも「馬ですらコンバットに出すのは大変」という話はフォーラムで開発が何度も言っている。
 グリフォンは空まで飛んじゃうから、コンバットに出すなんてするんだろうか・・・。
 やっぱ、陳腐で古臭い「カットシーン」だけ?(笑)

 不吉なことを書けば、西ゴート族の王国は最終的にイスラムの侵略によって滅亡する。
 クナリの侵攻によって滅亡、グレイ・ウォーデン壊滅から物語がはじまる、とかあまりに陳腐なのできっとないと思うが・・・。ジ・アーキテクトのように知性あるダークスポーンが、仇敵ウォーデンの本拠地を攻撃とか?

 出るとしたら、やはりOriginsのオリジン・ストーリーのように、グレイ・ウォーデンのキャラクターの物語はワイズホプトからはじまる、くらいの出番かしら?

 Origins/Awakeningの主人公ウォーデンは・・・。きっと噂話くらいで登場するのかな。
 私は彼(彼女)はファースト・ウォーデンになっている、と思うんですけどね。

 
 

 
 

 

« ストーリーテリング・イン・ゲームズ(ボツ原稿ともいう) | トップページ | 【DA2】DA3絹のドレスと笑う仮面。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】DA3夢の途中。または血とグリフォン。:

« ストーリーテリング・イン・ゲームズ(ボツ原稿ともいう) | トップページ | 【DA2】DA3絹のドレスと笑う仮面。 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30