フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ | トップページ | 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ(3) »

2011年5月 7日 (土)

【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ(2)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

Screenshot20110324173534307
 もう何も。

Screenshot20110324173622637
 申し上げませんクモ。

Screenshot20110324173924456

Screenshot20110324173928080
「あの罠の感じからみて、追っ手のことは完璧に予想してたみたいね」

Screenshot20110324173935879
 ローグ先行が基本です。くどいと思われようが何度でも繰り返します。

Screenshot20110324173946240
 これは試しに発動させてみたのかな。うひゃひゃ。

Screenshot20110324174159066
 あれ? このギフトさっき拾わなかったか? 拾ってるな。なんだろう、一つ目拾い損ねた場合のバックアップ用か。

Screenshot20110324174212803
 いい景色ではあるんだが。

Screenshot20110324174232607
 なにせマップが使いまわしなもんで。

Screenshot20110324174241377
 感動もイマイチというか。

Screenshot20110324174303931
 あげく、ボスモブまで使いまわしかよ!

「こいつ一回倒してなかったっけ?」
 とかホークが白々しく言ってますが。

 ヴァルテラルとか、メリルはあの一件でトラウマになってんじゃねえの!

Screenshot20110324174323090
「この場所に呪縛されているわ。守護している何かがある限り生き続けるんだわ」

 うわ、ご都合主義・・・。
 トラウマにはなってないのか。

Screenshot20110324174607401
 石化で固めてコンボ狙い。前回とすっかり同じ戦法になっている。

Screenshot20110324174702335

Screenshot20110324174756538
 メンツが前回と異なるからコピペというわけにもいかない。

Screenshot20110324174804554
 はい撃沈。

Screenshot20110324174811024
「あんたが来るのは予想外だったな」

 さてっと、ゼヴラン登場です。

 なに、レリアナ登場のときとの落差はなんだって?

 だって一番最初にマニフェストに書きましたよね? 「エコヒイキします」って。
 
Screenshot20110324174813917
「ああ、どうりでアンティヴァン・レザーの臭いがしてたのね・・・」

Screenshot20110324174818833
「イザベラ! ほんとにおいらの大好きな海賊女の君かい?!」

Screenshot20110324174821583
「とっくにお陀仏してるかと思ってたよ」

Screenshot20110324174829047
「そっくりそのまま返すよ、愛する君。お互い運よく、頼りがいのあるお仲間を見つけたようじゃない?」

Screenshot20110324174832771
「はじめまして。ゼヴラン・アライナイです。冒険者、ときには暗殺者。
 クロウの襲撃を予想していたんだけど、まさかカークウォールのチャンピオンが現れるとはね!」

Screenshot20110324174846507
「そんなに有名?」

Screenshot20110324174852912
「クナリの征伐、ディープロードの踏破、ヒューマンの中のヒューマンと呼んでもいい。有名に決まってるでしょ!」

Screenshot20110324174859312
「イザベラとはどこでお知り合いに?」

Screenshot20110324174901310
「皆に吹聴しまくってるのかい、イザベラ?」

Screenshot20110324174905413 
「ん。ああ、そんなこと言うなら、イザベラさんはもう遊んであげないよ」

Screenshot20110324174914012
「アンティヴァン・クロウ。野鳥の話じゃないみたいだな?」

 クロウは「からす」。

Screenshot20110324174915301
「まさかアンティヴァン・クロウのことを何も知らないなんて、勘弁してよ!」
 おいらたちは最良の暗殺ギルド、裕福な敵を持つ大陸中の者が怖れる存在」

Screenshot20110324174927299
「違うか、『あいつらは』か。おいら、もうクロウから足を洗ったんだ。連中は認めやしないけどね」

Screenshot20110324174934601
「ギルドを抜けただけでこの大騒ぎ? 何か他にも理由があるんだろう?」

Screenshot20110324174937586
「クロウにとってはそれだけで十分な理由なんだよ。ウソじゃない!」

Screenshot20110324174941377
「確かに、送りこまれてきたアサシンをここのところ立て続けに四人返り討ちにしたけど。 手下ともども。あ、あと首領も始末したかな」

 このくだりは、私のOriginsの三人目主人公のアフターマス、「その後」に書いてあったゼヴランの「その後」に似ている。この記事の最後で触れます。

Screenshot20110324174948148
「つまり、クロウのメンバーが、おいらの首を持って帰れば即大金持ちなんだ! 
 あんたも転職を考えてみたら? あはは、冗談だけどね」

Screenshot20110324175000695
「想像してたより、意外と背が低いな」

Screenshot20110324175004038 
「ああ、ナンシオでしょ? 危険な人殺しを捕まえろと言われてきたね?
 今度はどんな話をしてた? あいつの妻を殺した? 両親を虐殺した? 子供たちを奴隷商に売り飛ばした?
 それともアンティヴァの官憲で、ありえないほど男前の脱走犯を捕縛する任務を帯びてるとか?」

Screenshot20110324175030214
 ハートマーク出てるなあ。男前(ハンサム)に反応するってことか。あっさりパスです。

Screenshot20110324175035872
「それに、お尋ね者の人殺しって言ってたな」

Screenshot20110324175039248
「ああ、それは間違いない! でも理屈上、ここにいる全員がその名で呼ばれてもおかしくないはずだよね。
 おいらをナンシオのところに連れて行くならご自由に。でも言っておくけど、やつは間違いなくあんたたちを殺そうとするね。クロウは仕事の痕跡を残すことをとっても嫌うんだ。おいらは別だけどね」

Screenshot20110324175107810 
「でもあんたは、自分の身は自分で守れる男だよね。心配することないか。
 じゃあ、おいらを縛るなり、猿轡するなりして、引っ立てていきなよ・・・。それともナンシオのところまで案内してくれる? どうするつもり?」

 衛兵に引き渡すなんてできたっけ? ああ、そういう選択肢はないな。このまま見逃すか、ナンシオのところに引き立てるか、どっちかだ。訳も違ったかな。修正。
 私は「イザベラ、どうする?」を選んだみたいだ。

Screenshot20110324175111922
「君は彼のことをとてもよく知ってるんだろ? どうする?」

Screenshot20110324175114349
「だといいんだけどね」
「いや、そうじゃなくて、見逃しますか? 連れて行きますか?」

Screenshot20110324175125270
「ああ、そっちの話? あたしなら見逃すわね」

 このハートマークはやばくないか? 「縛って連れて行く」がなぜハートマーク?

Screenshot20110324175131331
「確かに、俺を与太話でおちょくった奴のところに連れて行くことはできんな」

Screenshot20110324175138874
「ひとつだけ忠告を。できればナンシオとはけじめをつけたほうがいい。あんたを必ず付け狙ってくるから」

Screenshot20110324175141290
「ご厚意に感謝します、チャンピオン殿。それではこれにて、ごきげんよう」

**********

 Origins三人目主人公は、「究極の献身」で自らアーチディーモンと刺し違えた。
 そうするとエピローグの戴冠式(私の場合はアリスターのだったかな)でコンパニオンとのやりとりがないので、メンバーのその後の動向が全部アフターマスに出てくる。

 過去記事からコピペ。固有名詞の表記とかちょっと訂正。

----------

 ゼヴランはしばらく旅の身となり、クロウからできるだけ遠ざかっていた。遂にクロウの手の者に見つかったとき、彼は敵の本拠地で戦う決心をし、アンティーヴァに戻ることにした。マスター・アサシンが4人立て続けに姿を消した後、クロウはそのリーダーとしてゼブランを再び迎え入れることにした。これが彼にとっての勝利なのか、それとも敗北なのかはわからない。

----------

 一回クロウに戻ったことになってますね。でも上ではギルド・マスター、首領まで倒したと言っている。

 Originsふたりめ主人公(エルフメイジ女性)は、愛するひとアリスターが犠牲となったので、「その後」ではかつてロマンス関係でもあったゼヴランとエルフふたり旅をすることになっていた。

 DA2ではメイジ女性主人公の物語にインポートしてあるので、この場面でホーク、イザベラとの絡みでどう変化するのか楽しみだったのだが・・・。
 イザベラがクナリのトゥーム持ち逃げしやがって、二度と帰って来ない感じなんだよな。.

 世の中、あちらたてれば、こちらたたずですか。

 

 

« 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ | トップページ | 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ(3) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39899757

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ(2):

« 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ | トップページ | 【DA2】ア・マーダー・オヴ・クロウズ(3) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31