フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー | トップページ | 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー(3) »

2011年5月 5日 (木)

【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー(2)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。









 アリショクたちがいなくなり、ドック地区は多少静かになったものの、夜盗の類はまだ出没する。

Screenshot20110324125053450
 あんな彫像あったっけ? 

Screenshot20110324125101836
 邪魔だ、どけー。

Screenshot20110324125103177

Screenshot20110324125107069
 どうみてもやりすぎのエフェクト。X360で遊んでるアメリカのお子ちゃまたちが喜ぶんだろうな。マチュア・ゲームだけどな。

Screenshot20110324131102132
 おろ?

Screenshot20110324131133103
 あー、これ俺だわ。チャンピオンの彫像だ。
 アリショクのクビを踏みつけて、まるで見てきたようなウソ設定。

Screenshot20110324125807116
 ここが魚倉庫か。

Screenshot20110505155231352
「この死んだ魚で一杯の倉庫の中から、たった一つの箱を探せって?」

Screenshot20110324125837692
 荷箱は沢山あるが、番号でどれかわかるはずだ。

Screenshot20110505155937537
 これや、これや。

Screenshot20110324125900435
「番号だとこれね」
「あれ、なんか出てきた」

Screenshot20110324125902626
「罠だ!」

Screenshot20110505155950466
「ギャムレンがいねえ! 皆殺ししろ!」

 隠れていた敵も湧いた。

Screenshot20110505155959326
 毒の霧。遠隔攻撃コンパニオンはほっとくと毒の中から一歩も動かないので子守が必要。

Screenshot20110505163131920
 肉体労働チームはほっとくと敵に突進するから問題ない。

Screenshot20110505163219297

Screenshot20110505163300693

Screenshot20110324130143037
 傭兵のひとりが雇い主の手紙を持っている。
「こいつらは、ギャムレンを拉致って郊外の洞窟まで連れて行く手はずだったのか。まるでできの悪い恋愛物語の序幕だね」
「とにかくこの茶番、そろそろ終わらせないとな」

Screenshot20110324131414244
 ザ・シンク。掃き溜め。悪の巣窟?

Screenshot20110324131521877
 またクモかよ! いや、アンデッドもいますけど。

Screenshot20110324131922925
「あら、ギャムレンは自分で来ることすら億劫がったのかしら?」

Screenshot20110324131925896
「従兄弟のあなたが来るなんて・・・」

Screenshot20110324131930154 
「君に従兄弟がいるなんて言ってたっけ?」
「あれ? 俺に従兄弟いたっけ?」

 というかホークの母リアンドラの兄弟姉妹はギャムレンしかおらへんはず。

Screenshot20110324131934763
「ギャムレンが話をしていないのね? まあ・・・、それも当然かしら」

Screenshot20110324131938370
「涙ちょちょ切れる家族のご対面を邪魔して悪いが」

Screenshot20110324131942502
「こっちも仕事を片付けなきゃなんねえんだ」

Screenshot20110324131944883
「ヴェルド? ここで何をしているの?」

Screenshot20110324131950651
「メケルは死んだ。この野郎が殺したんだ!」

Screenshot20110324131953141
「メケルは知らんなあ」

Screenshot20110324131954811
「俺の兄貴だった! お前が殺した!」

Screenshot20110324132000559
「ちょっと、意味がわかんないわ。メケルの役目はメモを手渡すだけだったのよ!」

Screenshot20110324132008708
「俺たちが中を読まないと本気で思ってたのか? 宝石を渡せ、シャレイド。兄貴の死を無駄にする気はねえんだよ」

Screenshot20110324132019713_2
「あんた、あんな宝石のために自分の兄貴をホークみたいな相手と戦わせたの?
 いい、宝石なんてまだ見つけていないの。持ってたって、あんたのせこい手には渡さないけどね、ヴェルド」

Screenshot20110324132026698
「いいだろう、腕づくでも取りあげろ!」

Screenshot20110324132051139
 しょぼかったメケルと違い、ヴェルドはエリート級だが、どっちが兄なのか弟なのか本当はわからない。英語が区別しないからというより、そもそも年長かどうかなんて気にしてないんだよな、社会人類学的に。私は勝手に間の抜けてるほうを兄貴にしています。

Screenshot20110324132142334
 従兄弟の間の関係も日本と微妙に違うはず。白人はもともとモンゴロイドとちがって子供の数少ないからね。従兄弟同士の結婚は日本は法律上は禁止されていないが、慣習上はどうだろうか。アメリカは州によってばらばらだそうだ。
 シャレイドは、シャラードのようにも聴こえるが、どっちにしろフランス語の「謎かけ・言葉遊び」の意味でしょう。このクエストのように。あだ名臭い。

Screenshot20110324132201157
 彼女は弓使い、宝石を捜している、戦いに場慣れしている、ゴロツキとも付き合ってることからみてローグですね。
  コンバット画像もいい加減飽きてるでしょうから、雑談でつないでみました。

Screenshot20110324132424098
「あなた滅法強いのね。ギャムレンにはちっとも似てないみたい」

Screenshot20110324132429244
「君だって叔父貴の娘には思えんぞ。その戦いぶりを見てるとね」

Screenshot20110324132435274
「お褒めの言葉と解釈しとくわ。
 母、マーラは・・・、あたしが生まれる前にギャムレンの元を離れたの。彼があのろくでもない宝石を探し出すことに没頭していたから。おそらく母が去ったことすら気付かなかったんじゃないかしら」

 ギャムレンが放蕩生活をはじめるのは、父親が逝去して資産を(偽って)相続してから。
 父親の葬儀の直前にリアンドラは双子を生んでいたと言ってましたね。だから葬儀には出られなかったと。
 したがってホークやベサニーのほうがシャレイドよりも年上です。
 でも、そういうところにこだわるのもやっぱり日本人だからです。

Screenshot20110324132443884
「母は昨年死んだわ。死ぬ間際にギャムレンのことを教えてくれた。それまで父親が誰かなんて知りもしなかった」
「ヴェルドは君が宝石を持ってるといっていたな。嘘をついたのか?」

Screenshot20110324132454228
「ぜんぜん? 見つけたわよ。ギャムレンができなかったことをやり遂げたの」

Screenshot20110324132500814
「そんなにも執着していたのに、ギャムレンはあの手紙が来るまで、一言も宝石のことに触れなかったぞ」
「あなたに知られたくなかったんじゃなくて?」
「だがその宝石のため資産を使い果たしたと言っていた。諦めていたのかもしれん」

Screenshot20110324132516114
「それはちょっと、容易に信じられないわね」 

Screenshot20110324132524873
「次から、誰かに会いたいときは玄関の扉をノックするって方法があるから、君も覚えておいたらどうだ」

Screenshot20110324132529958
「あら、それも素晴らしい方法よね。ある日突然玄関に現れて、『こんにちは、実は娘なんです』って、それがうまくいくとも思えないけどね」

 まあねえ・・・。ギャムレン金持ってない、っつうか金持ってないからこそ、その事態は悲惨なんだよな。

Screenshot20110324132537767
「ただ彼が、何ていうのかな、そこまで執着していたものをどこまで追いかけてくるか知りたかっただけよ。
 そして結局現われもしなかった。この餌は十分通用すると思ったのに」

Screenshot20110324132552374
「ああ見えて、いいところもあるぞ。自分でも何言ってるかわかんなくなってるけど」

Screenshot20110324132556863
「あらほんとに? じゃあ、あたしはどうすればいいと思う?」

 「宝石を渡してくれ」選んだらどうなったか・・・。でもDA2でそこまでの広がりはないだろうから、これどれ選んでも一緒かな。

Screenshot20110324132601250
「ギャムレンと話をしてみたら? 叔父貴は君の存在を知ってるのかな?」
「どうかしら・・・」

Screenshot20110324132609011
「私なら、こんなチャンス逃しはしないわよ?」
「君が見限ってしまう前に、ギャムレンに最後のチャンスを与えたらどうだ?」

Screenshot20110324132614816
「そうね。従兄弟がいるって素敵なことだとわかったし、父親もきっとそうかもしれないわね」

**********

 長いなあ。重くなってきた。つづくっ。

 え、妙に丁寧だから長いんだと?
 実はこの手の浪花節に弱いんじゃないかと?

 違うよ、のりのりなんかじゃないよっ?!

« 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー | トップページ | 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー(3) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39871347

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー(2):

« 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー | トップページ | 【DA2】ギャムレンズ・グレーテスト・トレジャー(3) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31