フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(11) | トップページ | 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(13) »

2011年5月23日 (月)

【DA2】ザ・ラスト・ストロー(12)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。









Screenshot20110325184139983

Screenshot20110325184142611
「さていよいよだな、チャンピオン。ようやくあいま見えることができる」

Screenshot20110325184149431
「いつか殺してやろうと思ってたわけだな」

Screenshot20110325184154092
「まさか。全てそなたが自分で捲いた種であろう。
 メイジでもないのにその肩を持つ。ならばメイジらと同じ運命を与えよう」

Screenshot20110325184204344
「騎士隊長、チャンピオンは身柄を確保すべきでは?」

Screenshot20110325184207226
「命じられたとおりにせい、カレン」

Screenshot20110325184211127
「いやです。トラスクがあなたの頭がおかしくなったと噂を流しはじめたとき、拙者はあなたを弁護した。だが、これは行きすぎだ」

Screenshot20110325184220779
「不服従は認めん! 騎士団はその使命に忠実であらねばならん!」

Screenshot20110325184224679_2 
「そなたにも馴染みがあるであろう?」

Screenshot20110325184227526
「純粋なレリウム。ディープロードから持ち帰られたものだ」

Screenshot20110325184232494
「あのドワーフは大変な値をつけおったが」

Screenshot20110325184237118
「剣の形はしてなかったがな」

Screenshot20110325184241354
「皆の者、この男を殺せ!」

Screenshot20110325184244374
「もう、沢山だ。これは騎士団のすべきことじゃない。騎士隊長、退いてください。あなたを罷免します!」

Screenshot20110325184253455
「私のキャプテンがブラッド・メイジの魔の手にかかりよったわ」

Screenshot20110325184258554
「いや、そなたら一人残らずだ!」

Screenshot20110325184300948
「弱き者ども、メイジに心を操られし者ども」

Screenshot20110325184304787
「私に刃向かおうというのか!」

Screenshot20110325184308059
「だが、そなたらの力は借りん!

Screenshot20110325184309620
「私がひとりでこの街を守る!」

Screenshot20110325184315023
「ならば拙者を倒してからにしていただこう」

Screenshot20110325184318513
「愚かな坊やめ! 他の連中と同じだ!」

Screenshot20110325184321959
「完全に正気を失ってる!」

 やっぱ、ここはヴァリックでしたね。このくだりセリフも沢山ありそうだし。二人目主人公では実現しました。というか、ローグがもう彼しか残っていなかったともいう(苦笑)。

Screenshot20110325184324659

Screenshot20110325184327440

Screenshot20110325184328323

Screenshot20110325184329479

Screenshot20110325184330821
「堕落した輩、邪悪な輩に決然と立ち向かう者らに祝福あれ!」

Screenshot20110325184332389

Screenshot20110325184333989

Screenshot20110325184335154

Screenshot20110325184336069

Screenshot20110325184337413

Screenshot20110325184352349

 記事丸々一個分の大見得を切られてしまいました・・・。

 しかしカレンの善人ぶりは・・・。
 Originsのときとはだいぶ違う印象がある。
 このセーヴファイルではフェラルデンのサークルはライト・オヴ・アナルメントによって殲滅されているのであるが、それを強く主張していたのもカレンだ。

 その強硬派カレンですら、許容できない狂気、という意味だろうか。

 なお、ナイト・キャプテンのカレンに上位者であるメレディスを罷免する権限があるのだろうか?といぶかしく思う人がいるかもしれない。

 これ、アングロ・サクソン的には普通のこと。むしろ誰かに大きな権限をつける前には、そういう安全装置を先に作り出すのがデフォルト。
(もちろん、何人いるか知らないがナイト・キャプテン皆の合意がいるでしょう)

 弾劾裁判のほか、トム・クランシーの小説にもあったと思うが(映画にはなってないかな)、大統領の正気が疑わしくなった場合、執務続行不可能とみなされた場合、閣僚の多数決(過半数かどうか忘れた)で解任できる。まあ、明文化されているというより、極限状態での解釈になったのだと思うけど。

 無数の核ミサイルを発射する権限を持っている男女が狂気に陥ったら? 
 それはそのときと考えるのが日本人。そういう風である限り、核ミサイルなんて持っちゃダメなのだが。

 日本の総理大臣はいくら気が狂ってもやめさせることはかなり難しい。
 戦前などは、それが疎ましいので軍部が統帥権侵犯問題(軍の最高司令官たる天皇陛下の権限を総理大臣が簒奪しているという意味)などを持ち出して、結果軍拡論者、迎合論者以外で総理大臣になり手がいなくなったりしたわけです。

 もちろん、アングロ・サクソンだって昨今の経済事件を見れば、堕落したトップのおかげで様々な悲劇が起きている。
 だから良し悪しは一概に言えないともいえるが、私が言ってるのは核ミサイルや軍のことだ。経済事件も確かに戦争の原因にはなりえるが、それ自体のダメージは比較にならない。

 
 

 
 

 

« 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(11) | トップページ | 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(13) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/40098565

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(12):

« 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(11) | トップページ | 【DA2】ザ・ラスト・ストロー(13) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31