フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ベスト・サーヴド・コールド(4) | トップページ | 【ME2】 Mass Effect Genesis on PC and X360 »

2011年5月18日 (水)

【DA2】フェンリス(6)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。









 ここで最終クエスト前に、最後のギフト。
 フェンリスへのものです。

Screenshot20110325150935743

Screenshot20110325150939817
「ちょっとこれを見てみないか?」
「ブレイド・オヴ・マーシーだな。覚えておる」

Screenshot20110325150944864
「テヴィンターでは良く目にする。アルコン・ヘサリアンがアンドラステの息の根を止める際に用いられたと言い伝えられている剣のレプリカだ。しかしこれは良くできておる」

Screenshot20110325150954203
「するとミンラソウスの市場の店ごとにそれが売ってるわけか」

 白虎隊の木刀じゃねえっつの(笑)。

Screenshot20110325150957980
「ふっ。まさか」

Screenshot20110325150959565
「お目にかけて進ぜよう」

Screenshot20110325151003825

Screenshot20110325151007425
「帝国に対する貢献をなしたものに対し、名誉の証として贈られる品だ」

Screenshot20110325151010280
「ダナリアスはこれを手に入れたくてしかたがなかったと記憶している」

Screenshot20110325151013376
「だったら俺が使うから返せ」選択肢なんてあったのか。

Screenshot20110325151017103
「帝国について、あまり話をしたがらないようだな」

Screenshot20110325151020291
「良き思い出などないところだ」

 フェンリス・ファンには申し訳ないが、非常に長く、画像が数多くなるのでまとめます。

「帝国のチャントリーは、魔法が人々の上に立つことを禁じていないのではないのか?」

Screenshot20110325151029145
「いや、そうではない。『魔法は人々に仕えるべきもの。支配するものにあらず』。
 帝国では、それは魔法はよりおおきな善、大義のため用いられるべきであると解釈される。大義がなにかを定めるのはマジスターなのだ。
 だが、もちろんそんな話を信じてはならん」

「マジスターのなすことはそんなに邪悪なのか?」

Screenshot20110325151044802
「お主らのいうところのサークル・オヴ・メイジャイが帝国を支配しておるのだ。そこがチャントリーも支配し、テンプラーもその配下だ。
 マジスターは聖なる掟により制約されると言うが、なんのことはない、彼ら自身が掟そのものだ。
 ゆえに好き勝手に振舞うことができる。マジスター全員がだ」

「では、全ての禁じられし魔法は解禁されていると?」

Screenshot20110325151103606
「メイジは強力であればあるほど、元老院での地位も高くなる。自ら掟を定め、自らなにが許容されるか決めることができる。
 競い合いたい者はすべてその道を歩む。さもなくば叩き潰されて終わりだ。
 かつてもそうであったかはわからんが、少なくとも今はそうだ」

「奴隷取引はいまだ合法なのか?」

Screenshot20110325151129575
「統治するアルコンによる。だが何年も前に禁じたアルコンは、たちまち暗殺された。
 帝国は奴隷なしでは崩壊する。帝国の選良どもは他の手段を知らんのだから」

Screenshot20110325151138858
「叛乱で終止符が打てそうな気がするが」

Screenshot20110325151142135
「実際、叛乱が絶え間なく発生しておる。だがそのほとんどは・・・、無残な最期を迎える。
 そうした『暴動』には元老院が結束して当たるからな。

Screenshot20110325151151467
「いつかそうでない日がやってくるだろう。そのときマジスターどもは、自らの足場がいかに脆弱であるか思い知るのだ」

「クナリとの戦争はもう何十年も続いているとか?」

Screenshot20110325151204161
「クナリがセヘロン島に上陸して以来、そのとおりだ。八十年前? あるいはもっと以前か。
 アルコンはセダス全土に対して支援を求めた。あまり思わしい成果はなかった」

Screenshot20110325151217296
「随分と長期に及ぶ戦争だな?」

Screenshot20110325151219769
「クナリはその島を欲していただけで、しかも手中に収めた。帝国は何度となく奪還を試みたが、未だ成功していない。
 クナリは戦力を温存して大艦隊を建造しているのであろう。もし本格的な戦いを挑んできたら。その時どうなるか見ものだ」

Screenshot20110325151237728
「クナリとは、それほど強力なのか?」

Screenshot20110325151240270
「かつて奴らは、セダス全土と戦ってすら膠着状態にしたのだ。帝国のみと戦えば、結果は自ずとわかるであろう。
 セヘロンで俺が見た限り、奴らは挫けるということを知らない。マジスター連中にもまして、自分たちこそ正義だと信じ切っておるのだ」

Screenshot20110325151258846
「よかったらその剣は置いていくよ」

Screenshot20110325151305008
「俺のために? そうだな、俺がこの剣を手にするという皮肉が心地よい」

Screenshot20110325151307964

Screenshot20110325151309471

Screenshot20110325151310725
「かたじけない、ホーク」

**********

 フェンリスが雄弁なのではなくて、これ、ゲイダーさんが書きたいこと全部書いたんだね。

 彼が言っていた「ぜひ読むべきフェンリスのセリフ」にはこれも含まれているようです。

 メイジはテヴィンターに行けばハッピーになれると勘違いしている一部ファンにとって、ルール無用の超絶競争社会の恐ろしさを教える内容ということでしょうか。

 フェンリスとテヴィンターの話は、どうしてもあのDnD小説、ダークエルフ(ドロウ)のドリストの物語を想起してしまう。

 ドリストも、ドロウ社会では繁殖の道具以外としてはほぼ奴隷扱いの男性として生まれる。そこでは各血流(ハウス)が序列の上位を目指し、様々な暗闘を繰り広げている。序列の階段を上がるためには上位の血流を、他の誰にも知られず一人残らず葬り去らなければならない。
 ドリストは、そうした邪悪な心の持ち主しか生き残れない王国で、善なる心を持ってしまったがゆえに苦悩する。

 テヴィンター帝国のマジスターたちの血みどろの権力闘争も見てみたいが、オーレイの華やかな仮面をつけて虚ろに微笑みあう陰謀公家たちが、テーブルの下では互いの向う脛を蹴りあう世界もそそられる。

 DA3で両方ともやってもらえないものだろうか。

 

 

« 【DA2】ベスト・サーヴド・コールド(4) | トップページ | 【ME2】 Mass Effect Genesis on PC and X360 »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/40033992

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】フェンリス(6):

« 【DA2】ベスト・サーヴド・コールド(4) | トップページ | 【ME2】 Mass Effect Genesis on PC and X360 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31