フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】DA3考えよう。 | トップページ | 【DA2】ライター衆の好きなセリフ。 »

2011年5月27日 (金)

【DA2】復活のレイドロウ氏。

 ネタバレかどうか知らないけど、「続きを読む」の下。

「例のレイドロウはどうしました?」
「ふるさとにでも帰ったんだろ?」

 ということで、しばらく鳴りを潜めていた(らしい)、DA2のリード・デザイナー、マイク・レイドロウ氏の復活?のご挨拶。

 がーっと、マシンガン的に訳したので、原文も載せておきます。謝罪文だから私がおちゃらけてるところが混入するといけないので。

http://social.bioware.com/forum/1/topic/315/index/7475089

**********

 やあ、みんな。

 気づいていた人もいるだろうけど、フォーラムからしばらく遠ざかっていたし、僕の謝罪はウヤムヤになってしまっていたけど、これ以上の個人攻撃にプロとして対処するにはまだ準備が足りないと考えていたんだ。自分のルールとしてプロとして答えられない以上、フォーラムにポストはしないことにしている。君たちに失礼だからね。

 でも、ポストしてない間、意見を聴いていた。何人かはフォーラムで過激な討論を積極的に仲裁してくれていたようだし、私たちもフィードバック、危惧・不安、批判とともに、DA2で楽しんでくれた内容についての情報も集めていた。僕らにとってそれらのフィードバックは掛け替えのないものだし、ここでお礼を言わせてもらいたい。

 この場を借りて、繰り返し語られている不安について、多少払拭する試みを許していただこう。

 DA2のローンチ以降、僕はインタヴューにいくつか答えてきたが、君たちの中には、僕の発言を、フォーラムで繰り返し提示されていた懸念をすっかり無視していると解釈している者たちもいた。そういう意図は全くなかったし、そうしたメッセージを流す気もなかった。

 ここでの不安の声には、間違いなく気がついている。レベルを再使用(訳:マップ使いまわしのことですね)、波状的な戦闘(訳:マップ問題と同根です)、物語のナレイティヴや、選択の重要性(訳:つまり選択が重要でないことがあるということ)、などなどの不安や危惧について、注意にとめただけではなく、実際に精査し、検査してみたし、僕の(そしてチームの多くのメンバーにとっても同様に)将来の計画に寄与するものもあった。さらに、不安や危惧に注視しただけではなく、DA2が将来的に改良可能な部分だけではなく、改良が必須な部分があることにも納得することになった。それこそ私たちの意図するところなのだ。

 最後に、君たちの危惧には気がついていると述べると同時に、DA2のチームが成し遂げたことを誇りに思うとも言わせてもらいたい。「壊れてもいないものをなぜ直す?」という意見に賛成する者が多いのも承知しているし、その理由もわかる。僕の見地からすれば、DAフランチャイズの将来をみたとき、DA2はより大きなポテンシャルを生み出す境地に到達していると考えている。

 より大きな潜在顧客? もちろん、RPGを楽しむ経験をより多くの者たちに広めたくない人なんているのかい? だが、より重要なことには、豊潤なストーリー、奥深いRPGのメカニズム、より多くの選択、これまで以上にエピックなものを生み出す潜在力だってあると僕は信じているのだ。DA2のストーリーで起きた事件は、セダスの政治と権力の構造を根本的に覆すものになるのだし、それは将来的には陰謀、ドラマ、全面的な抗争などあらゆる形をとり、グレイ・ウォーデンとダークスポーンの戦いがより一層深く係わり合いつつも、世界をそれ以上の激動に導くのだから。 

 ホークの物語は、日常の物語からの訣別を意味しており、それを中心にゲームを創造することによって私たちは多くを学んだ。うまくいったものからも、うまくいかなかったものからもだ。いつもそういうものだ。将来、僕たちが君たちの懸念をどのように受け止めたかについて議論できればいいと思っているし、将来の計画を練り上げる最中にも、こういうのが欲しいというフィードバックをもらいたいとも思っているが、今のところは、礼を述べるだけにとどめておくのがいいと思う。

 ちょうど、君たちと共有したい画像も手に入った。とどのつまり、カークウォールの郊外で探索できる場所がもっと欲しいという要求が多かったこともあったし、フリー・マーチズのまた変わった風景をいくつかお目にかけるのはやぶさかではないと思ったからだ。

125531

125532

125533

 それから、こっちは・・・、なに、これグリフィンの群れか?
 そうかもしれんね!

**********

 ならん、ならん、個人攻撃するフォーラムごろに迎合してはならん! 認めない! 
 プロだろうがなんだろうが、ぶちきれるときはぶちきれてよし。
 野球だって乱闘はいけなくなくない。あー、いけなくない、か。
 
 いや、ごろつきには迎合しとらんでしょ。

 喋りすぎなのがやっぱあれだけど、レイドロウ氏にはRPGへの愛があるから許す。

 以上。

 私なんかマップさえ増やしてくれれば、ほぼOKですよー。

 DA3のネタも都合よく拾えたしね(笑)。

 しかし、グリフィンは・・・。本気かな?

**********

Hey guys and gals,

As some of you have noted, I have been absent from these forums for a time, and my apologies for going dark, but I did not feel prepared to deal with some of the more personal attacks in a professional manner. And as a rule if I don't feel like I'm going to be professional, I don't post. You guys deserve better than that.

Now, while I haven't been posting, we have been listening. Several folks have been active on the forums and moderating the more extreme discussions, and more of us have been collecting your feedback, concerns, criticisms and the parts you enjoyed of DA II. This feedback is invaluable to us, and so I wanted to take a moment and say thank you.

I’d like to take this opportunity to address some lingering concerns and clear the air somewhat.

Following the launch of DA II, I did some interviews and some of you interpreted my statements to mean I was blind to the concerns that have been voiced repeatedly on these forums. That was never my intent, nor the message I wanted to convey.

I am absolutely aware of the concerns voiced here. Issues like level re-use, the implementation of wave combat, concerns about the narrative and significance of choice and so on have all been not only noted, but examined,
inspected and even aided me (and many, many others on the team) in formulating future plans. Further, I'm not only aware of the concerns, but I agree that there are aspects of DA II that not only can but must be improved in future installments. And that is precisely our intent.

Finally, let me conclude by saying that while we are all aware of your concerns, I am very proud of what the team accomplished with Dragon Age II. I know many are advocating a "it wasn't broke, why did you try to fix it?" stance, and I absolutely understand why. From my perspective, as someone looking to the future and the DA franchise, I think that DA II moved us into a space that has more potential.

A larger potential audience? Sure, who wouldn’t want more players diving into the experience of playing an RPG? More importantly, though, I believe that there's also more potential for rich stories, for deeper RPG mechanics, for more choice, and for something even more epic to come. The story events of DA II have fundamentally altered the political and power landscape of Thedas, in a way that's open to intrigue, drama and sweeping conflict in the
future, and evolves a world that, while still very much involving the Grey Wardens and Darkspawn, is about more than just that one struggle.

Hawke's story was a departure from the usual tale, and in crafting it and the game around it we learned a lot. Some from what worked, but even more from what didn't. Such is always the way. I hope that in the future we'll be able to
discuss how we're addressing your concerns and even solicit feedback from you on future plans in the process, but for now, I hope a simple thank you will suffice.

In the mean time, though, I stumbled across a few images I thought I might share with you folks. After all, there’s been a lot of requests to explore areas outside of Kirkwall, and I agree that seeing some more of the
Free Marches would be cool.

Also, there seem to be rather a lot of….are those griffins?
I think they might be!

« 【DA2】DA3考えよう。 | トップページ | 【DA2】ライター衆の好きなセリフ。 »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】復活のレイドロウ氏。:

« 【DA2】DA3考えよう。 | トップページ | 【DA2】ライター衆の好きなセリフ。 »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30