フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(2) | トップページ | 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(4) »

2011年4月 6日 (水)

【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(3)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

Screenshot20110315193228190

Screenshot20110315193230893

Screenshot20110315193232901

Screenshot20110315193235777 
 ウーンデド・コーストのどこかに出たようです。

Screenshot20110315193243066

Screenshot20110315193245128

Screenshot20110315193248142

Screenshot20110315193250578

Screenshot20110315193254108

Screenshot20110315193257783 

Screenshot20110315193259053
「とまれ。バスラ・ヴァシェダン、拙者アルヴァラード、そこのサレバスを引き渡してもらおう。
 その者のカラタームたちはタル・ヴァショスに殺された。タル・ヴァショスの死体の後を追ってきたところ、ここでサレバスとお主に行き当たった」

Screenshot20110315193317680
「まだクナリが出てくるのかよ。やんなっちゃうね」

 私は本心からそう思った。

Screenshot20110315193321157
「話を無視するのはヒューマンの生まれつきと理解する。殺されたカラタームの死体がここに導いたのだ。
 いかにしてお主がこの者の首輪の紐を握ることになったのか、それは知らない。だがお主にクンを操る資格はない。引き渡せ。さすればお主の罪を咎めはしない」

Screenshot20110315193339148
「もし彼が戻りたくないといったら?」

Screenshot20110315193345818
「サレバス! いまだクンの掟に従っていることを示せ!」

Screenshot20110315193348886
「がるる」

Screenshot20110315193351740
「この者がお主につき従ったのは、導かれるのがこの者の性だからだ。それ以外なんの目的も有していない」

Screenshot20110315193400096
「おたくのリーダーに会ったぜ。アリショクは味方になるかもしれない俺たちに対して、こんな仕打ちは望まないんじゃないのか?」

Screenshot20110315193406070
「アリショクがサレバスをお主に預けるとお考えなどと思うのは、マラアス・イメカリ、子供が意味もなく駄々をこねるのと同じだ。
 アリショクはアルヴァラドを喪ったサレバスをどう扱うべきかご存知だ。サレバスを縛る上で今以上に危険な状態はないのだ」

Screenshot20110315193425723
「シスターはケトージャンと呼んでいた。実際の名前はサレバスなのか?」

 サレバスも役割の名称であって、かつこのメイジの名称でもある。メイジであることを糾弾し、かつ広く知らしめるための呼称。
 アルヴァラードは、このアメフトのヘルメットみたいなのかぶってるふですけど、こっちはクナリのはぐれメイジを追跡する役割の者。クンを去ったメイジや、まだクンの教えを受けていないメイジはグレイ・ワン、灰色の者と呼ばれる。
 アルヴァラードはヒューマンのテンプラーと似たような役割か。

Screenshot20110315193458314
「お前たちの一族の死体を利用して、誰かがお前たちをここに導いた。その冒涜行為こそ許されないのではないか?」
「その連中も間違いなくそう遠くないところにいたであろう。お主やお主の盗賊仲間たちにさほど脚力があるとも思えんからな。
 犠牲者の仇を討たないのは罪に違いはないが、もっと重大な脅威が目の前にある今は別だ。
 拙者の役割はサレバスの身柄を確保することだ。ヒューマンの変態どもを糾弾するのは別の者たちの役割だ」

Screenshot20110315193527730
「こんなにも束縛され迫害されているのに、それでも足りずに監禁する。なぜだ?」
「その者の力、全てのサレバスが有する力は混沌と悪魔から引き出される。真に制御することなど不可能だ」

Screenshot20110315193539695 
「つまり、畏れていると」

Screenshot20110315193543205 
「まるで一緒だな」

Screenshot20110315193545400
「サレバスは危険で感染するから束縛しなければならないのだ。ヒューマンのテンプラーですら、その本当の恐怖を知らん」

Screenshot20110315193559397
「アンダースのようなメイジが全部危険だって? そんなことを感じさせる理由は今までひとつもなかったぞ?」

Screenshot20110315193605402_2
「無駄だよ。こいつもメイジを決して認めようとはしないんだ」

Screenshot20110315193609449
「なに? そやつもサレバスか、バス・サレバス?!」

Screenshot20110315193615665
「ヴァシェダン! ネーラ、スタア、カラサーム!」

Screenshot20110315193625734
「貴様、怪しげな言葉を吐きおって、悪魔が毒で拙者の心を蝕むようだ! そのメイジともども、クンの名の元に成敗いたす!」

Screenshot20110315193627578
「だが、お互いなんの危害も加えてないぞ?」

Screenshot20110315193634025
「バス・サレバス! 誰にも危害を加えられないようにしてやる!」

Screenshot20110315193753087

Screenshot20110315193839844

Screenshot20110315194027229
 結局光ってるだけだったんか。

**********

 私もこうやってうずくまりたい気分です・・・。
 クナリ成分多すぎますよ。げっそり。

 うーん、マチュアなプレイヤーが多いDA2、ここまでくどく説明しないと理解できないのかしら? 

 なお、アンダース不在の場合どうなったのか? メイジだからメリルもいたら同じかな。
 経験していません。
 メイジ主人公の場合は同じ結果になるね。

 ローグ主人公メイジ抜きパーティーでやってみるか・・・。

 もちろんあっさり引き渡しちゃうということもできる。これも未経験。

 

« 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(2) | トップページ | 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(4) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39510703

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(3):

« 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(2) | トップページ | 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ(4) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31