フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】エネミーズ・アマング・アス(4) | トップページ | 【DA2】メリル(7) »

2011年4月 5日 (火)

【DA2】エネミーズ・アマング・アス(5)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

 近づいてみると不気味な繭の中身は、やっぱヒューマン。

Screenshot20110315010737044
 若い男性。おそらく行方不明のテンプラーであろう。

Screenshot20110315010746545
「まあ素敵! また実験用の器が手に入るわ!」

Screenshot20110315010752024
「ケランはどこにいる?」

Screenshot20110315010754470
「ディーモン好みの肉体は誰のでしょうねえ」

Screenshot20110315010758077
「またディーモン絡みか。お前ら、一体全体『ノー』って言葉知らないのか?」

Screenshot20110315010802997
「こっちはディーモンに泣きつくそこらの惨めな浮浪者じゃねえんだよ。あたしらはディーモンを追い求め、そして信奉してるんだ!」

Screenshot20110315010809566
「なぜテンプラーの新人をかどわかす?」

Screenshot20110315010812200
「ディーモンが憑依できるのはメイジや死体だけじゃないってことだよ。あたしが手助けしてお願いすれば誰にだって憑依できるんだ。テンプラー、貴族、いい格好しいのお節介にだってね!」

Screenshot20110315010827116
「俺たち、ここに来るまで、お前らのアボミネーションを切り刻んできたんだけどな」

Screenshot20110315010830857
「いいんじゃない? ディーモンもそうやって粋がってる魂が好きなのよ。
 テンプラーをあと何人かディーモンの手に引き渡せば、奴らの中に混乱の種を撒く事ができる。
 騎士隊長がキレるまでに、テンプラーが身内からどれだけの数のアボミネーションを発見することになるか、見物じゃなくて?」

Screenshot20110315010849699
「ケランはどこだ?」

Screenshot20110315010856947
「実験には相当な量の糧が必要なのよ。生きたままの器が沢山。役立たずの器だってちゃんと肥やしになるの。無駄にはしないわ」

Screenshot20110315010905381
「わけのわからんことだけほざいてろ。そのほうがずっと話が簡単だ」

Screenshot20110315010918570
「かつてテヴィンター帝国は世界を席巻していた。ディーモンを味方につけていたからよ。力と知識で手なづけていたわけ。
 あたしの腕の一振りで、テンプラーが一生かかっても成し得ないことができる。
 それなのに、奴らがこのあたしに向かって命令する? アホくさ!」

Screenshot20110315010927045
「支配するのはこっちのほうさ、お前ら全部をな!」

Screenshot20110315010931191
「できるだけ殺さず、器を回収するんだよ!」

Screenshot20110315010956230

Screenshot20110315011117988
 ディザイア・ディーモン。タローンと結託していたのはこいつか。

Screenshot20110315011121172

Screenshot20110315011149779

Screenshot20110315011157742
 ちねっ!

Screenshot20110315011213561

Screenshot20110315011324668
 これがケラン本人だったようだ。

Screenshot20110315011327768
 タローンが死んだ今、結界が破られる。

Screenshot20110315011330818
 死んではいないようだ。無意識に受身とってるし。

Screenshot20110315011334967
「た、助かったのか?」

Screenshot20110315011338552
「僕がケランです。ああ、メイカー感謝します、彼から見捨てられたかと思っていた」

Screenshot20110315011345213
「本当にケランか? ケラン・プラス・ワンじゃねえだろうな? なんかとてつもなくでかくて不気味な余禄がついてたりしねえだろうな」

Screenshot20110315011357151
「アンダース、余分なお客がいるかどうかわかるか?」

Screenshot20110315011401684
「ふーむ。試すにはこれしかない」

Screenshot20110315011403727
「あちち、なにするんだ!」

Screenshot20110315011407612
「ディーモンが憑依していれば防御してくるはず。彼は大丈夫のようだ」

Screenshot20110315011418295
「だが、ほんの僅かでも可能性が残っているなら、テンプラーには伝えないといけないんだろうな」

Screenshot20110315011422587
「いえ、僕は僕です。誓います。テンプラーには言わないで。何をされるか怖い」

 ディーモンに憑依されたらなんでも誓っちゃうところが怖いところ。だから疑われた者の言葉には何の意味もない。魔女狩りのセオリーですね・・・。まじで怖いね。

Screenshot20110315011439890
「カレンなるテンプラーに伝えるときは、ブラッドマジックの話を軽く扱うべきだろうな。テンプラーに今以上厳戒を取らせることもあるまい」

Screenshot20110315011544533
 ギャロウズ。

Screenshot20110315011555845
 姉のマーシャも弟ケランに会いにカレンのところに来ている。

Screenshot20110315011557941
 姉弟の固い抱擁。

Screenshot20110315011600296
「これはきっと、いいニュースと悪いニュースってやつだな」

Screenshot20110315011603771
「ん、どういうことだ?」

Screenshot20110315011607749
「いいニュース。ケランは戻った。悪いニュース。君の新人のうち半分がディーモンに憑依されていたようだ」

Screenshot20110315011611711
「スィート・ブラッド・オヴ・アンドラステ!」

Screenshot20110315011615275
「ディ、ディーモン? 新人とディーモンって何の話ですの?」

Screenshot20110315011619610
「ミーシャ、話す気はなかったんだけど、奴らはとにかくひどい。あのメイジどもは僕たちをただ踏み潰すだけのアリンコみたいな存在だと思ってるんだ。チャントリーとテンプラーを完膚なきまで破壊し尽すつもりだったんだ」

Screenshot20110315011634670
「メイジたちは何千年もの間、テンプラーから組織的に迫害されてきたからな」

Screenshot20110315011639644
「この惨状を目の当たりにして、そういう言い草か?
 メイジは拙者やそなたのような他の者たちと同じには扱えないのだよ」

Screenshot20110315011647543
「それこそちょっと言い過ぎじゃなくて?」

Screenshot20110315011649813
「だが、事実だ」

Screenshot20110315011652056
「連中は武器だ。ちょっと気分が悪けりゃ、街ひとつなんてあっという間に火の海にできる力を持っている」

Screenshot20110315011700765
「確かにメイジの交渉力はその事実で損なわれる。だが、どこかに妥協できる場所があるはずじゃなのか」

Screenshot20110315011707273

Screenshot20110315011708268
「かもしれん。メイジにはもっと教育が必要なのかもしれん。チャントリーはそのためにある。メイジの存在がアンドラステのご遺志に逆らうわけでもないのかもしれん。拙者もそれについては考えてみよう」

Screenshot20110315011720939
「だが、ケラン、貴様がディーモンの影響下にないと証明されるまで、この場で即座に騎士団の任から解かなければならん」

Screenshot20110315011728927
「そんな! そんなことやめて! ケランは大丈夫よ、安全よ」

Screenshot20110315011732577
「彼に罪があるのではない。だが、俺たちの疑惑が正しかったとき、犠牲者たちにそんなことが言えるか?」

Screenshot20110315011738478
「サー、お願いです! がんばって抵抗しました! 奴らの食べ物だって何も摂ってません! 僕が解任されたら、姉の生活が! もう五年も訓練を積んできたのに!」

Screenshot20110315011756408
「俺たちが独自の試験をやってみた。憑依はされていない。騎士団から解任することもなかろう」

Screenshot20110315011800973
「そこまでの自信があるなら、なおさら、どんな方法を用いたのか聴く気も起きないがな」

Screenshot20110315011806247
「だがそなたらがブラッド・メイジどもを食い止めた貢献は大きい。それに免じて申し出を受け入れよう」

Screenshot20110315011812116
「賢い選択だ」
(皮肉だと思う・・・)

Screenshot20110315011821201
「もし十年の間、ディーモンの憑依の兆しが発現しなければ、ケランはテンプラーの正規な資格を復活できることにする」
「返す返すもありがとうございます、セラ。でもケランが正規の資格を喪ってしまったら、十分なだけの報酬をお渡しできるかどうかわかりません」

Screenshot20110315011831495
「その話はこっちが預かる、姉君」

Screenshot20110315011834758
「そなたのテンプラーへの貢献は偉大であった。決して忘れることはないであろう」

Screenshot20110315011844186
 フェンリスのライヴァルリーはしょうがないな。

« 【DA2】エネミーズ・アマング・アス(4) | トップページ | 【DA2】メリル(7) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39498858

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】エネミーズ・アマング・アス(5):

« 【DA2】エネミーズ・アマング・アス(4) | トップページ | 【DA2】メリル(7) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31