フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ブラックパウダー・プロミス | トップページ | 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ »

2011年4月 6日 (水)

【DA2】ブラックパウダー・プロミス(2)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

 さて、主人公ホークとアリショクとの初対面は、アクト1 最大の山場のひとつでしょうけど、書き手のモチベーションはいまいちです。

Screenshot20110315184417145  

Screenshot20110315184420521

Screenshot20110315184423869

Screenshot20110315184426654
 これだけで画像4枚。このくらいの中割りじゃないと意味なんだかわかんないし。 

Screenshot20110315184429121  
「えっへん、偉大なるアリショク様、にっくきタル・ヴァショスを尽く始末してまいりました。それはまことか? はいはいはい、それはもうその通りでございます」

Screenshot20110315184439682
「さように交渉の前準備も整いましたので、かねてご同意いただきましたとおり、爆薬用の火薬の取引を執り進めたく存じ上げる次第でございます」

Screenshot20110315184445272
「だめだ」

Screenshot20110315184450532
「のってこねえな。お前もなんか言え」

Screenshot20110315184455155
「あんたの取引きとかこっち知ったことじゃないんで、脱走者を始末した報酬の支払いだけくれ」
 諧謔的トーンです。

Screenshot20110315184500494
「この偉大な成果は、あー、私の慎重な計画と、その指示により達成されたものでございまて・・・」

Screenshot20110315184506839
「貴様はガートロックを要求し、拒絶された。次に貴様は任務を捏造し、その支払いを約束した」
 ガートロックというのが爆薬の技術のことでしょうか。

Screenshot20110315184514109
「貴様自らの目的は逸せられた。証明されたのは貴様の富であって、貴様の価値ではない。クナリは依然として貴様になんら負っていない」

Screenshot20110315184524257
「この者はあなたのレシピを用いた遠大な計画を有していたようですが、俺はそのごく一部を配分として受け取るはずでした」 

Screenshot20110315184529367_3
「ドワーフ。貴様、我輩の名を無断で用いて、ありもしない空想上の約束を騙ったのか?」

Screenshot20110315184534886
「あの・・・、クナリの技術は相当な収益を生むと考えましたので・・・」

Screenshot20110315184541750

Screenshot20110315184545494
「ならば、貴様が礼金を支払え。我輩の名の元にな」

Screenshot20110315184549988
「あー、ちくしょう、ほら、もってけ、全部くれてやらあ!」

Screenshot20110315184554270
「ったく、牡牛みてえなツノ男とイヌコロの国から来た雑種どもか」

Screenshot20110315184556840
「てめえの火薬でも飲んでそのドタマ吹き飛ばしゃあいいんだ、くそが!」

Screenshot20110315184600346
「ヒューマン。貴様も用済みなら立ち去れ。いくら粘ってもそれ以上金は出さん」

**********

 実はこれだけで終わりました。

 もうこれだけでもいいよね、と思ったがあまりに手抜きと思われるのも癪だし、ちょうど画像も残っていたので、「社交的」トーンで応対した場合のパターン。

Screenshot20110315184711997
 お前も何か言え、のところで。
「ウーンデド・コーストのタル・ヴァショスは始末した。そちらの約束を果たすのが名誉ある民としての務めではないのか?」

Screenshot20110315184717270
「名誉ある取引など、はなから存在しない。ガートロックの要求を拒絶されたそのドワーフは、己の価値を証明しようとして任務を捏造したようだが、その者に価値などない」

Screenshot20110315184728273
「追放者たちを始末しようとして、こっちはヒゲが千切れるくらい奮闘したんですぜ!」

Screenshot20110315184730747
「でもあの人のおヒゲはまだあるよね? 痛くないのかな?」

Screenshot20110315184735478
「貴様は、己より腕の立つ者を雇って任務にあたらせながら、今その威を借りて己の功績だと偽るのか」

Screenshot20110315184740967 
「その者の功績を貶めておるのは、他でもない貴様だ。
 我輩が剣を振りかざす前に、即刻立ち去るがいい」

Screenshot20110315184813957
「ですが、あなたにとってもこの結果は望ましいものではないですか?」

Screenshot20110315184753475
「よもや、我らがなす術もなく手をこまねいていたと考えているのではあるまいな?
 貴様らの行いは我らへの干渉だ。それ以上の何物でもない」

Screenshot20110315184759215
「これだけの働きに対して何の見返りもなしですかい?」

Screenshot20110315184801914
「何かあるとすれば、我らがクンの教えを正しく履行する機会を奪われたということだけだ。
 それに対して貴様らに何を支払う必要があるのだ? 消えろ、ドワーフ。我輩が勘定を埋め合わせる手段を思いつく前にな」

 脱走者を始末するのがクンの教え(掟)だが、ホークたちに勝手に始末され果たせなかった。言いだしっぺのドワーフを血祭りにあげる以外に、本来この勘定は埋め合わせることができない、といったところでしょうか。

 この後は、ホークが「支払いもらってないんですけど」というところに戻って同じ。

 それから、メイジ主人公でフェンリスを連れて来たら、ちょっと面白いことが起きた。
 ただし、ゲーム自体にはなんの得にもなりません。

 ま、全パターン網羅するなど夢のまた夢ですけどね。

**********

 DA2のローディング画面のヒント集(Tips)に種族ジョークがありますね。

 異種族とポーカー・ゲームをしてはならない、というやつ。

 クナリは無表情でブラフが読めない。エルフは賭け金のつけを踏み倒す。ドワーフは負けた腹いせに命をつけねらってくる。

 人種ジョークのヴァリエーションですが、クナリはなあ・・・。

 家の壁を塗り替えるのにドワーフは何人必要?

  一万一人。ひとりが刷毛をもって、一万人で家を回す。

 家の壁を塗り替えるのにシティ・エルフは何人必要?

  零人。「いいのよ、お前。かあさんは今のままで満足だから」

  家の壁を塗り替えるのにクナリは何人必要?

 ? 「そもそも何故に壁を塗り替える必要がある。家の役割は雨露を凌ぐのみ。その色に何の意味があろうや」
 

« 【DA2】ブラックパウダー・プロミス | トップページ | 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39507366

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ブラックパウダー・プロミス(2):

« 【DA2】ブラックパウダー・プロミス | トップページ | 【DA2】シェパーディング・ウルヴズ »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31