フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ミラー・イメージ(3) | トップページ | 【DA2】メリル(8) »

2011年4月23日 (土)

【DA2】ミラー・イメージ(4)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

Screenshot20110322215343516_2
「ヴァルテラルは始末しましたよ」

Screenshot20110322215346501
「マ・セラナス。これでほっとしました。これ以上部族の者を喪うことはないでしょう」

Screenshot20110322215352383
「これも見つけたわ・・・」

Screenshot20110322215354718
「家族の者たちに渡しましょう」

Screenshot20110322215403695
「ポルは助けられなかった。洞窟で・・・、あの子は私を見るなり逃げ出して、ヴァルテラルの巣に飛び込んでしまったの」

Screenshot20110322215406245
「部族の多くの者たちは、そなたがあの鏡で堕落を・・・、いやもっと何か恐ろしいものを呼び戻そうとしていると怖れているのです」

Screenshot20110322215412604
「どうしてそんな考えを吹き込まれたの?」

Screenshot20110322215419644
「私は彼らのキーパーですよ、ダーレン。警告するのが務めです。
 今からでも戻ってくるなら遅くはありません。考え直しなさい。ひとりで暮らすことなどありません」

Screenshot20110322215428200
「またその話ですか? あなたは決して私のやることを認めませんのね?」

Screenshot20110322215433759
「エルーヴィアンは罠なのです。タムレンが犠牲になりました。そなたはブラッド・マジックに手を染めた。これ以上続ければ、さらに自分が誰かを見失うことになるのがわからないの?」

Screenshot20110322215444938
「じゃあ、私は一体誰なんです?」

Screenshot20110322215447462
「とにかく、課業は果たしたわ。取引きは取引き。アルリンホルムを渡してください」

Screenshot20110322215458998
「ホーク。メリルは話を聞こうともしません。よってこの部族の財宝はあなたの手に委ねます。お願いします。メリルにこれ以上バカなマネをさせないように」

 えええっ。こっちの責任になったのか?

Screenshot20110322215507064
「造物主、感謝します! もしかしたら約束を破るのではないかと心配してたのよ」

Screenshot20110322215518909
「たとえ部族全部を敵に回したとしても、この鏡を復元する意味があるのか?」

Screenshot20110322215527389
「何もかも喪う事の意味はご存知でしょう、ホーク?
 エルフの民は土地や自由を奪われただけではなく、歴史も、物語も、言葉も、魔法も、儀式も。神々ですら奪い去られたのよ!
 犠牲を強いられることは承知しています。でも喪われたエルフの過去のただの一片だけでも見つけられるなら、鏡を復元する価値はあると思います」

Screenshot20110322215546560
「あの鏡のせいで、君がブラッド・マジックに手を染めたとキーパーが言っていたのは?」

Screenshot20110322215554699
「あの見つけたカケラは・・・、汚染されていました。助けを借りずに清めることができなかった。
 キーパーには断られました。あの方は、あれは別の時代に属するものであるから、放置しておくに越したことはないといいました。
 だから私は・・・、スピリットを見つけたんです。ブラッド・マジックを用いてあの鏡の汚染を取り除く術を与えてくれました」
「ブラッド・マジックがなにかを『清める』というのは初耳だぞ?」
「ブラッド・マジックは『邪悪』を内包しているわけではないわ。ただの魔法です。他の魔法と同様に」

Screenshot20110322215624838
「お前、そこまでバカだったとは・・・」

Screenshot20110322215627257
「あの鏡にこびりついていた力はあまりに強すぎて、普通の手段で取り除けなかった。レリウムの山でも積み上げればなんとかなったでしょうけど、そんな手持ちはなかった。手にしたものでやるしかなかったの」

 ふーん・・・。
 決断まかされちゃったのか。

 「彫刻刀を渡さない」選択肢は、この後でメリルのストーリーを止めてしまうと思ったんですよね。
 大抵のエピソードがアクト1からアクト2に引き継がれているんで、拒否すると続きが見られないのではないかと。
 初回プレイなんで、それは余りにもったいないから渡してしまいました。
 ロールプレイヤーではなく、メタゲーマーが勝ってしまった瞬間です。もっともそんな瞬間一杯あるけど。

Screenshot20110322215746570
「ナイフは渡しておこう。自分の手を切るなよ」

Screenshot20110322215750309
「やめとこうぜ、ホーク。こいつがあの鏡で何をやるか知らんが、ディーモンの指図に違いないんだから」

Screenshot20110322215756130
「誰もあなたになんて聞いてないわ!」

Screenshot20110322215757773
「ありがとう! あなたならわかってくれると信じていました!
 とっととここから出ましょう。周りの皆が私を睨みつけているから」

Screenshot20110322215806244
 アンダースとのフレンドシップ終わったかとびくびくしていたが、変化はメリルだけであった。
 フェンリスが一緒だったらすごい結果になったのかな?

**********

 ミラー・イメージ(Mirror Image)。
 当然、「鏡像」なんでしょうけど、何をコノートしてるんでしょうか。色々ありそうですね。

 相手が自分の話を聞かないと互いに罵りあうキーパーとメリル。
 かつての仲間からあたかもディーモンのように看做されるメリル。
 喪われたエルフの歴史を垣間見たいという知識欲も、やはり「欲望」、悪徳なのか。
 それとも「自分だけは大丈夫」という発想が「傲慢」の罠に陥るということなのか。

  

« 【DA2】ミラー・イメージ(3) | トップページ | 【DA2】メリル(8) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39721106

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ミラー・イメージ(4):

« 【DA2】ミラー・イメージ(3) | トップページ | 【DA2】メリル(8) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31