フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(3) | トップページ | 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(5) »

2011年4月10日 (日)

【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(4)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

Screenshot20110315211733472

Screenshot20110315211741264
「ヘロー」

Screenshot20110315211748338
「この大群、一体どうやって倒したんだ?」

Screenshot20110315211753794
 ルーンですかね。

Screenshot20110315211755550
 くれるみたいです。

Screenshot20110315211757178
「ブーン!」

Screenshot20110315211759138
「そんでもって、このでかいのはどうやったんだ?」

Screenshot20110315211804795
「エンチャントメント、ちがう!」

 サンダルはキャンプまでひとりで帰ってもらおう。ゼッタイ大丈夫。下手するとホークたちがお荷物との噂も。

Screenshot20110315211815202
「先に進もうぜ。抜け道を探さにゃならん」

Screenshot20110315211932699
 一旦ボウダンのところに戻るべきかと思ったが、この先が気になって仕方がなかったので前に進む。どっちでもあんまし関係ないみたい。

Screenshot20110315212156871
 ゴーレムも動くんだろうなあ、と思わせる。

Screenshot20110315212314451
 でも湧くのはエミッサリー。

Screenshot20110315212351529

Screenshot20110315212545853
 Originsと異なり、カメラがパーティーメンバーの誰かに固定なので、引いた画像はこの人たち中心にならざるを得ない。

Screenshot20110315213018690 
 これは引っ掛けかとヒヤッとした。このまま狭いスペースにオーガと閉じ込められるのかと愕然としました。

Screenshot20110315213044026
 これはカイティングしかない。
 当初この階段部で戦おうとした無謀さ。

Screenshot20110315213113596
 意外といい線まで行くかと思わせておいて、後方からハーロックが無数湧きという罠。
Hardだと楽に詰みます。

Screenshot20110315214449527
 ここも試行錯誤の末、正解はこれ。突進するオーガを闘牛よろしく往なしてから、ボコ殴り。これの繰り返し。

Screenshot20110315214553779

Screenshot20110315214657096
 愉快な画像を撮る余裕まで生まれます。

Screenshot20110315214751904
 ヴァリックをタグったなと。

Screenshot20110315214759742
 はい、スウェイ。

Screenshot20110315214849294

Screenshot20110315214822927

Screenshot20110315215016365 
 正直、BioWareのRPGでこれやらされるとは思ってもいませんでした。
 アクションゲームにしては当然物足りないだろうし(Pauseできちゃいますから)、ヴァリックのようにただ逃げ回るというのもRPG的にどうなのかと・・・。

Screenshot20110315215159414
 まー、しょせんBioWareの考えたHard難易度だろうから、今のでピークかなあ。

 あっちのRPGファンはアクションゲーがとてつもなくへたくそなの多いからなあ。
 どっちかってと、アクションできないからRPGファンなんですよね?
 そそ、そうゆうデブに限ってBioWareが裏切ったとかほざいてヘイターやってんだよな。
 え、デブに決まってるんですか?
 そりゃ決まってるだろう。90%間違いないよ。
 でも日本人だって、マリオカートでピーチ姫と一緒に体動く人とかいるし、スーマリでジャンプのとき、コントローラーも一緒に上に投げようとする人いませんか? あとFFのATBのボス戦とかで中の人がパニックで混乱しまくって味方全員にコンフュかけたりとか?  
 まあ、いないとはいいませんけどね。なにその目。最後のは私じゃないよ? いや確かにちょっち危なかったんだが。

 おそらくオーガ戦が前半の山場で、そろそろ中休み来るんだろうな、とメタゲーム的に甘いことを考えていた。

Screenshot20110315215223361
 そろそろ容量的に中休みが一回来るんじゃないかなと観光気分。といっても溶岩流以外見るべきものはない。

Screenshot20110315215300094
 だれ切った精神故、何が起きたのか当初まったく理解できませんでした。

Screenshot20110315215312921
 自分でも笑える。ドラゴンを視認して把握できた瞬間に、全員カイティングと称して撤退(笑)。
 もう条件反射として染み付いちゃってる。
 だが犬は? 犬はどうした?

Screenshot20110315215338939
 ベサニー、そこじゃまだダメ。もっとカイティングしないと。
 またどっかのボトルネックに引っ掛けるつもりです。

Screenshot20110315215555370
 ここでしょう! ここ通過してきたらダンジョン設計おかしいって。

Screenshot20110315215624450
 ベサニー、ここだ、いてまえ! 

 ダメでした。この壁のおかげで遠隔射撃やスペルの射線がとおりませんでした。
 うむー、やっぱこういうところはアクションゲームじゃないんだな。前脚だけ思いっきり見えてるのにな。射線(当たり判定)はどっか上のほうに一箇所だけ設定されちゃってるんだな。

Screenshot20110315222707293
 証拠写真だ。このくらい接近しないと射線が通らない、ということは扉の隙間には何の意味もないということ。
 でもカイティングすること自体には意味が大ありです。

Screenshot20110315215919508
 やっぱ逃げも隠れもせず、正攻法だ!
 何かって言うと「正攻法で」とかほざく人を信用してはいけない。そういうのを思考停止という。戦略なき戦いという。コンプライアンス墨守という。
 日本はいつもそうだな。意思決定者には基本バカしかいない。
 でもここは正攻法で(笑)。強行偵察と呼んでください。

Screenshot20110315215927483
 氷のダメージはバンバンはいるが、HPバーになんの変化もないように感じられるのが脱力感を増す。そんなのに負けちゃダメだ。

Screenshot20110315215939537
 クラスコンボで大ダメージを狙わないとしんどい。だがほおっておくとクラスコンボに必要なタレントを勝手に使われてしまう。AIはそのタレントをOFFにするのが吉。全部OFFにしたら一秒に何度もポーズしないといけなくなるので無理。
 もっと有効な複雑なAIも組めるが億劫で放置したままだった。そもそも、そうういう手間を惜しむ人は高難易度なんかやっちゃだめなんだ。これは自分を責めている。

Screenshot20110315220016319
 本当にこうやって力押しでいいんだろうか。ボーン・ピットのドラゴン戦はこうだったが、ちと芸がねえな。

Screenshot20110315220019877
ほんとね、中の人もこうやって視点切り替えるとか、余裕ぶっこいてるわね。ちょっとへこましたほうが後々増長しなくていいんじゃない?

Screenshot20110315220223992
 あー、やっぱ来たかあ。

 大抵ここでグダってやり直しになったので、ベサニーがなぶり殺しの画像はないな。
 結局この頃合でカイティングが正解だったのだ。

Screenshot20110315220449659
  だれでもいいからタグとったら、チビドラゴンが湧く直前に通路を戻る。

Screenshot20110315220543350

Screenshot20110315220640853
 チビどものいないところでボコってとにかく終わらしてしまおう。ドラゴンリングはその後各個に撃破せよ、でいいと思う。

Screenshot20110315222717564

Screenshot20110315222722459

Screenshot20110315223011212
 さすが、ドラゴンだけにルートはすごい数。

Screenshot20110315223559614
ここでホークのアーマーセットの最後、チェストピースが取れる。 ローグ、メイジだと違うものが揃う。

Screenshot20110315223820847
 ウォーリアーのアーマーの見た目はいいが、性能はどうかな・・・。

Screenshot20110315223915899
上述のとおり、ドラゴンリングや小さいドラゴンは親(母親でしょうね)を倒してから刈取る。親がいないと当たりからしてぜんぜん違う。

Screenshot20110315224359794
 ドラゴン戦も軽く書いてますが、実際には涙も鼻水も出尽くしました。

 今度こそ本当にようやく終わったのかなあ。

Screenshot20110315221148880

Screenshot20110315221158034
 ダッシュでキャンプまで戻る。結局戻る必要なかったんかな?
 あ、これはボウダンのところに戻るためだったか。

Screenshot20110315221351075 

Screenshot20110315221257262
 サンダルが見つかり、ホークには一生かかっても恩返しをする、とまで言い切る喜びようだ。
「ヒューマンのおじさんにお礼をいいなさい!」

Screenshot20110315221303543
「サンキュー」

 サンダルが色々喋るようになったのは、なんかの伏線かなあ(こう書いているときはDA2のコンテンツとは何も関係ない)。
 Originsのように「エンチャントメント!」だけのほうがキャラ立ってたよなあ。

« 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(3) | トップページ | 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(5) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39560066

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(4):

« 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(3) | トップページ | 【DA2】ザ・ディープローズ・エクスペディション(5) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31