フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】メリル(4) | トップページ | 【DA2】メリル(6) »

2011年3月27日 (日)

【DA2】メリル(5)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。









 サンダーマウント山頂の祭壇で死者へのたむけの儀式を執り行なうと、そこに現れたのはフレメス?

Screenshot20110313143850200
 メリル編、最初からずっと、なにがなんだかさっぱりわけわかんねえ・・・。

Screenshot20110313143852012

Screenshot20110313143854611
「おやおや、辿り着いたね!」

Screenshot20110313143859017
「誰? 知り合い?」

Screenshot20110313143900529
「こら、すぐに手放すあぶく銭みたいに言葉を吐くものではないぞ」

Screenshot20110313143905563
「あたしのこと知らないくせに。大きなお世話よ」

Screenshot20110313143907257
「いや、お前のような女はよく知っておる」

 モリガンと口の利き方が似てるって受け止めるのが自然かな。もうこの人の話もなにがなんだか(笑)。

Screenshot20110313143910455
「アンダラン、アティシャン、アシャベラナー」

Screenshot20110313143913061
「ああ、部族の子だね。若く、そして賢い子。あたしが誰か知ってるのかね? その呼び名だけではなく」

Screenshot20110313143926002 
「ごくわずかだけ」
「なら、頭をおあげ。だいたい皆すぐに頭を下げすぎなんだよ」

Screenshot20110313143934038
「約束を固く守った者に再会するのは、この上なくいい気分だねえ。
 アミュレットはどこぞの商人の懐にいっちまうんじゃないかと思ってたよ!」

Screenshot20110313143944315
「いや、中に魔女が入ってますって言ったら、そりゃ誰も買いやせんでしょう?」

Screenshot20110313143949525
「ほんの欠片よ。小さな欠片。だが、それこそがあたしに必要だったんだよ。
 ちょっとばかし身の安全を保つためにね。不可避なことが起きると踏んでたから。モリガンのことだから、もう既に起きているんだろうけどね」

 Origins「闇の約束」編のインポートファイルを持ち込んだキャラでしか、この場面まだやってない。のんびりブログなんて書いていないで、ほかも進めないと!

Screenshot20110313144004936
「何か計画があるようだが?」

Screenshot20110313144008138
「お互い、運命が待ち構えてるんだよ、坊や。なすべきことは山ほどある」

Screenshot20110313144014152
「そうさな、旅立つ前に助言でもしてつかわすか」

Screenshot20110313144021112
「あたしら皆が変化の断崖絶壁に立っておる。この世界が奈落のどん底に突き落とされるのが避けられないと知れば人々は恐れ戦くだろう」

Screenshot20110313144029197
「その瞬間を待つのだ。そしてその時がきたら、跳ぶのを躊躇ってはならない」

Screenshot20110313144036557
「一度落ち始めなければ、本当に自分が飛べるかどうかなぞ、決してわかりゃせんのだからな」

Screenshot20110313144044552
「ドラゴンのお手軽アドヴァイスですか」

Screenshot20110313144048602
「皆それぞれに試練がある」

Screenshot20110313144050881
「ねえ、これってきっと後悔するんじゃない?」

Screenshot20110313144053288
「後悔ねえ。あたしのほうが身に染みてるだろうね」

Screenshot20110313144056800
「だがそんなものに拘らんようにな。いつまでも抱いていると魂まで蝕まれるぞ」

Screenshot20110313144104202
「もし後悔するようなときが来たら、このあたしを思い出すがよい」

Screenshot20110313144109020
「そして、娘。気をつけるんだよ。目を閉じてしまったら進むべき道も見失う」

Screenshot20110313144116403
「マ、セラナス、アシャベラナー」

Screenshot20110313144122480 
「さて、言いたいことひとしきり喋ったな。そろそろ行くか。あたしの感謝と、それから同情をお前さんに」

Screenshot20110313144132097

Screenshot20110313144133224

Screenshot20110313144136624

Screenshot20110313144138122

Screenshot20110313144139560

Screenshot20110313144141514

**********

(追加)一部会話の画像が抜けておりました。リプレイでわかった部分を追加。わりと大事なのかもしれないので。画像はもう仕込むの面倒なんで今は省略。

「モリガンって誰だ?」
「あたしよりも、他の誰よりも物事を知ってると思ってる娘さ。だが当然さね? まさにそういう娘になるようにあたしが育てたんだから! そうじゃなきゃ困るんだよ!」

「娘というより敵のようにも聴こえるんだが?」
「どちらでもない」

「どうして自力で旅せず、俺に運ばせた?」
「予定があると言ったじゃないか! そして後を追われたくなかったからさ。お前はとても上手に隠し通してくれたね」

「わからんな。今見てるのは、もしや幻影?」
「あっはっはっは! ただひとところにおらねばならんのか? 肉体など、邪魔でしかない。あたしは全体から遊離して、ただ流れに任せて漂う欠片でしかない。嵐の中で溺れないように必死にしがみつくガラクタと一緒なのさ!」

「欠片?」 (もうなんだか全然わからんぞ・・・)
「理解する必要なぞないそ、坊や。お前はあたしの命を救ったようだ。あたしがお前の命を救ったようにな。それで五分だ。それだけ覚えておけばよい」 

**********

 むー。

 フレメス。

 今までのDAの経験からすると、そんなに意味深なことは言ってないはずですが。
 Originsのストーリー、特にモリガン、DA2のストーリー、特にホーク。
 これだけ考えればいいのかも。

 DA3はわからないので考えてもしょうがないけど、モリガンの企みはフレメスにとってもあまり好ましいものではなさそうだ。
 逆にDLC「ウィッチハント」でモリガンは、フレメスのことを警戒しろと言い残していた。

 以下、「ウィッチハント」の拙訳と愚考です。何も参照せずうんうん言って考えたもの。当たってるかどうかわからない。

・母は自分の死も、それ以上のことですら誤魔化してきた。あたし同様、彼女は終わってなどいないわ。

 これはDA2で再登場したので完了。確かにOrigins主人公が討ち取ったはずだが、やっぱチート・デスしていた。たぶん、高級メイジのフレメスは自分の本体をフラクタリに隠しているんだろう。今回のアミュレットもそのフラクタリの一種かもしれない。
 ただ自分も「欠片」に過ぎないと言う意味がわからないが。

 見ず知らずの難民ホークにフラクタリを預けたのだとしたら、フレメスは自分自身の安全に相当脅威を感じていたことになる。(他の人ではだめで、ホークのような幸運の持ち主でなければならなかったが)
 だが、その脅威の元はなんなんだろう?

 素直に考えれば、身を隠していた一年余りの期間は、モリガンがエルーヴィアンでどこかに旅立つまでの期間に合致すると思われる。だからモリガンに関係あるんでしょうか。

・目を付けるべきはフレメス。あたしではない。狩り立てるべきは彼女よ。
 フレメスの企みは全部わかったと思っていた。不死を懇願していたのだと思っていた。
 あたしは間違っていた。それも大間違い。

 ここがわかんないなあ。どうして狩り立てないといけないのか。
 上のDA2本編ではフレメス自体も「変化」に巻き込まれるような言い方をしている。
 フレメスは変化を何らかの形で利用しようとしたがモリガンに阻止された、そしてもう自分の手から自分の運命も離れてしまった。「避けられない定め」という意味で「イネヴィタブル」を連発してますしね。そういうことかなあ。

 フレメスが言う「後悔」とは、Originsでまんまとモリガンに出し抜かれたことに対するものでしょうか。

・フレメスはブラッド・メイジではない、アボミネーションでもない、真にヒューマンとすら呼べない・・・。あの(闇の)儀式は目的を達成するための手段に過ぎなかった。来たるべきものの先触れ(a herald)。
 
 正体ドラゴン・・・、だったらちょっと怒る。
 あのモリガンの「闇の儀式」が手段に過ぎないというのも謎。
ここら辺はDA3につながるのかな。

 それと「死者への手向けの儀式」でなんで復活するん?
 エルフの儀式をただのきっかけとして、自分にかけたセキュリティの復号のキーとして利用したんだろうか。わからん・・・。 

 そして「断片」の意味。全体のごく一部? フレメスはワン・ノヴ・メニー(One-of-many)、今の言葉で言うと複製が存在するクローン(というか、どっちかっていうとMass Effectのゲスに近い、モジュールのような存在)なのか? それとも何か違うものの一部?

 頭がかゆくなってきたので、別主人公でここのくだりでもプレイでもしようっと。

« 【DA2】メリル(4) | トップページ | 【DA2】メリル(6) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39385802

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】メリル(5):

« 【DA2】メリル(4) | トップページ | 【DA2】メリル(6) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31