フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】プロローグ(13) | トップページ | 【DA2】プロローグ(15) »

2011年3月19日 (土)

【DA2】プロローグ(14)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

Screenshot20110312115338013

Screenshot20110312115344551
「もう三日たったわ。いい加減に現れないかしら」

Screenshot20110312115349069
「もうそろそろ来るわ。ギャムレンはきっと私たちを探しているところなのよ!」

Screenshot20110312115356285
「もしそうじゃなかったら?」
「おっと、今見たら消えちゃうかもしれないけど、来たみたいだよ」

Screenshot20110312115400570

Screenshot20110312115407885
「リアンドラ、随分老けたなあ!」

Screenshot20110312115413038
「ギャムレン!」
「先に言わせてくれ。このブライトも、姉さんの旦那がなくなったことも、想像もしていなかった・・・、もう、フェラルダンとして一生暮らすもんだと思ってたんだよ」

 リアンドラが姉、ギャムレンが弟です。

Screenshot20110312115426055
「ああ、ギャムレン、辿り着くまで時間がかかったのよ。かわいそうにカーヴァーは助からなかったの・・・。アンドラステ、彼をお導きください」

Screenshot20110312115439405
「ああ、メイカーお助けください。リアンドラ、俺に全部押し付けないでくれ。姉さんたちを街に入れることができるかどうかもわからんのだ」

 ん? 話が違ってきましたね。

Screenshot20110312115443316
「一番好きな叔父さんなのに、と言ったら考え直してくれるかな?」

Screenshot20110312115449353
「俺の気分がよくなるだけだ。つまり、袖の下をつかませようにも、騎士隊長の取締りが厳しくてどうにもならん。もうちょっと金があればいいんだが」

Screenshot20110312115457073
「え? でも邸宅があるでしょう? とうさんが死ぬときに残した家があるわよね?」

Screenshot20110312115506770
「その家なんだが・・・、うーん、売ってしまった。借金を返すために。姉さんに手紙を書こうとは思ってたんだが」

Screenshot20110312115513601
「じゃあ、もう何もかもおしまいじゃない・・・」
「そうでもないさ。手助けしてくれる奴はいる・・・、お前たちがあまり相手の素性のことをとやかく言わないんであればだが」

Screenshot20110312115525581
「かあさんは一族は裕福だと言っていたよ。本当にどうにもならないのか?」

Screenshot20110312115536062
「だから、助けるっていってんだろ! ふたつの申し出がある。奴らなら門の中に入るに十分な金を持ってる」
「あの家を手放してしまったなんて、まだ信じられない。ギャムレン、一体全体どうして・・・」
「ああ、まさか姉さんが、忌々しい家族皆引き連れて俺を訪ねてくるなんて思ってもみなかったからな。
 俺だってロウタインに立派な住処があるんだ。そこに住めばいいじゃないか!」

 まだ言ってるかあさん。母親ってのはどこでも一緒ですかねえ・・・。
 そしてギャムレン叔父さんも、ちょっと怪しい感じです。借金って何の借金だ?

Screenshot20110312115558378
 カークウォールはあきらめて、どこか他に住む所を探そうと言っても、かあさんは納得しません。ここが彼女の故郷ですから。
 またギャムレンに言わせれば、沿岸の街はどこに行ったって、街に入れてもらえないフェラルダンの避難民で溢れ返ってるのは一緒だろうと。内陸ならまだましだろうが、その旅路も容易ではない。

Screenshot20110312115613911
「かあさんにはもう旅は無理よ。どうにかして中に入る方法を見つけなきゃ」
「じゃあ、聴こうじゃないか、叔父さん。どんな申し出なんだ?」

Screenshot20110312115639514
 ギャムレンの「伝手」(つて)によると、ふたつのグループが人手を欲している。
 うまい話の「裏」(また出てきましたね、catch)は、ホークとベサニーが一年間、衛兵に渡す袖の下分の借金を返済するため働かされる。

Screenshot20110312115645919
「一年も!」

Screenshot20110312115647482
「これでも俺は精一杯やったんだ! 他の難民なんて、そんな手段すらないやつが大勢いるぞ、嘘じゃない」

 ミーランは、レッド・アイアンという傭兵部隊のリーダーをやっている。新兵募集中だ。
 アセンリルは、いってみれば密輸業者。
 どちらも今このそばに来ている。話をしてどちらかを選べと。

Screenshot20110312115724736
「ベサニー、どうする?」
「ここまで来たからには、もう誰の仕事かなんてどうでもいいわ。フェラルデンに帰らなくて済むならね」

 じゃあ、早速探しましょうか。

Screenshot20110312115735056
「ギャムレン、本当に大丈夫なのかしら?」
「かなりの金がいるんだ、リアンドラ。もう俺たちは、前みたいに名門 でもなんでもないんだよ」

Screenshot20110312115743913
「私はどうすれば?」とアヴェリン。
「私の分の借金まで、他の人たちが働いて返済するのを指をくわえて見ているなんてことはできない」

Screenshot20110312115753128
「ひとりやふたり増えたって、どうってこたねえ。あんたは自分で自分の始末できそうだしな」
「じゃあ、一緒に来ればいいわ」

Screenshot20110312115754737
「他に・・・、手もなさそうね。ご好意に感謝します」

**********

  "Don't look now"、意味が本当に「見たら消えちゃうから見ちゃダメだよ」かどうかはわかりませんが。
 同名の映画がありました。邦題「赤い影」。オカルト・ホラーなんだそうなので私は観ていない。そういうの苦手だから。そのジャンルはすっぽり知識から抜けている。
 でも、そっちの映画にひっかけてるんだと思います。あらすじだけ読むと、内容もファミリー・マターで、ホーク一家の運命と多少似てるみたい。

 おっさんの話だからはしょろうと思ったけど、このファミリー・マター、後々重要ぽいので、意外と省略するの難しいんですよね。

« 【DA2】プロローグ(13) | トップページ | 【DA2】プロローグ(15) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39288461

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】プロローグ(14) :

« 【DA2】プロローグ(13) | トップページ | 【DA2】プロローグ(15) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31