フォト
無料ブログはココログ

« 【ME2】DLCアライヴァル | トップページ | 【DA2】プロローグ(13) »

2011年3月19日 (土)

【DA2】プロローグ(12)

 Dragon Age IIのプレイスルー記事です。ネタバレ注意。

 本文は「続きを読む」の下。

ギャロウズの入城門は開かれているが、衛兵は誰も通過を認めていないようだ。

Screenshot20110312114143195
「こら、貴様ら、戻れ戻れ。ごり押ししたって早く入れるわけじゃないぞ!」

Screenshot20110312114236691
「なぜ我々を入れてくれんのだ?」

Screenshot20110312114157052
「はっ! フリー・マーチズには元から貧民が沢山いるんだ。これ以上避難民を入れて、くその山を高くするつもりはないんだ!」

 この要塞は、ギャロウズ、絞首場と呼ばれていたが、帝国統治下の時代には監獄の役目も果たしていた。奴隷の叛乱がおきるまではここに奴隷を収容していたのだ。
 現在ではテンプラーが運営するメイジの収容場所になってる。この衛兵ライトに言わせれば、大して変わりはないのだが。

Screenshot20110312114227610
「魔法は人の役に立つべきもの。人を支配するものであってはならない。だからメイジはここに隔離して、他の者たちに危害を加えないようにしてるわけだ」

Screenshot20110312114149909
「門が開いている。誰も通す気がないわけでもないんだよな?」

Screenshot20110312114239248
「俺に権限があるなら、門も締め切って、貴様らにはどこか他所にいってもらいたいところだが・・・。それはできない。貴様らの中にも、まっとうな役目で街を訪れる者がいるかもしれんからな。だから騎士隊長メレディスは希望者を仕分けしろと命じておられる。
 もちろん、ほとんどの者はまっすぐ船に戻ってもらうことになる」

Screenshot20110312114257189
「騎士隊長? テンプラーの役職じゃないか? シティ・ガードがなぜテンプラーの指示に従う?」

Screenshot20110312114306738 
「指示に従っているわけではない・・・。だが彼女はカークウォールじゃ有力者だ。
 ヴァイカウントが彼女の不興を買うようなことをしたら、一体何が起きるかわからん・・・。
 もちろん、彼がそんなリスクを冒すことは今まで一度もなかったがな」

Screenshot20110312114319988
「責任者がいるなら会わせてくれんか」

Screenshot20110312114323637
「ふーっ、わかったわかった、誰でもそう言うんだ。この先にいるエヴァルド隊長に会え。俺の役目は貴様らが壁を乗り越えないように見張ることだけだからな」

Screenshot20110312114350642
 取りあえずは、先に進んでよし、となりました。

**********

 シティ・ガード、衛兵たちの上司は一番上がヴァイカウント(Viscount)、中世英国では「子爵」ですが、ここでは貴族の称号という意味ではなく、カークウォールの統治者を指す称号。世襲制なんだろうか。
 テンプラーが自治体の治安に責任を有する定めなど一切ありませんが、権力バランス上、ここではどうやらテンプラーが優位に立っているようです。

« 【ME2】DLCアライヴァル | トップページ | 【DA2】プロローグ(13) »

Dragon Age II」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1382435/39274448

この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】プロローグ(12) :

« 【ME2】DLCアライヴァル | トップページ | 【DA2】プロローグ(13) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31