フォト
無料ブログはココログ

« Japan's Decline (3) | トップページ | 【DA2】マイク・レイドロウ・インタヴュー@gamezone (1) »

2011年1月20日 (木)

【DA2】ゲームは誰のものか。

 公式フォーラムで面白い話をやっていた。
 どっちかってといちゃもんつけ屋に近いOPのこれでスタート。

「マイク(レイドロウ、リードデザイナー)に『君のゲームだから楽しめ』と言われても、DA2のデザインは全てデザイナーが望む方向にプレイヤーを誘導するようなものだ。矛盾していないか」

http://social.bioware.com/forum/1/topic/141/index/5752032

 残念なことにDA2の軽いネタバレを含んでしまう。「続きを読む」の下に。

 ここでの議論の本質は、ゲーム世界に及ぼすプレイヤーのコントロール権限。
 OPは「オールドスクール派のように全てのパーティメンバーの装備からそのスタッツ、能力からすべてをコントロールしたい派」らしい。
 洋ものRPGの世界ではWizardry、Ultima、M&Mの古いものまでさかのぼらないと、そこまで自由なものはあんまりないのではないか。
 DnD準拠のものであればIcewind Daleがそうだ。6人パーティーを全て自分でロール(キャラメイキングのことをTRPGでさいころを振ることに由来してrollと呼ぶ)することはできる。
 Icewind Daleの方式でなければ楽しめないという人はかつて日本でも多かったはずだ。そういう方たちはもうDAもMEも遊んでいないんだろうね。

 ただこの人物のロジックはかなりくだらないというかガキ。他のポスターが「お前勝てるの幼稚園くらいじゃん?」とかガンガンいじめてるのがとても楽しいのでお暇ならw。
 相手する必要もないと思ったら マイク・レイドロウが反論。
 リード・デザイナーも大変です。BioWareの人にしては珍しく元々出たがりってのはあるけどね。

**********

 まったく賛同できない。
 ゲームプレイへの制限はプレイヤーのエージェンシー(agency、BioWareのデザイナーが良く使う、ゲームへのプレイヤーの介入とか働きかけ、媒介することをいう)を完全に損なうというのが君の主張だろう。
 私の主張は、プレイヤー・エージェンシーを認める形としてのルールの制約の中で構築されてこそ、ゲームが、全てがイマジネーションの世界から生み出される完全な砂場(サンドボックス)から区別されるものだということだ。

 例えばローグしか二刀流になれないというような制約を認められないなら、DnDのメイジが特定の種類の武器しか取り扱えないことも認められず、モノポリーでお金を払わずホテルが買え、Ultima4の戦士は羊飼い並みの謙虚さを元々もってることになり、それら全て君の望むままで、もっと極端に言えば、世界中のどんなボードゲームだって、広げたとたんに「勝った!」と叫べば勝ちだ。なぜなら、そりゃそうだ、君のゲームだから。

 上の例で言ったら、私はローグにウォーリアーと異なる役割を与えたことに謝罪するつもりなど全くない。私たちはクラス・ベースト・システムを使うことを決め、ちょっとだけファッションセンスの違う似通った個性のないコンバタントなどではなく、れっきとしたクラスに作り上げようとした。なぜか? そうすることで君たちに選択の幅が生まれるからだ。それぞれに「有利」と「不利」があるから、「選択」が意味を持つんだ。

 だから、そうだ、君のゲームだ。だが依然としてゲームだし、ゲームには従うべきルールがあるし、その抜け道を見つけたなら賢くなったように思うし、負けたくなければルールを知ろうと思うだろう。

 それが面白くないとしたら、世のゲーム全部が君の嗜好にそぐわないと言わざるを得ないね。

**********

 OPの反論。イザベラが弓が使えないというのは私も確証がないです。が、強烈なデュエリストの才能を持つ彼女に弓を使わせる局面はそんな多くないのではないか? 

 それからここの話と間接的に関係するのですが、DA2でのコンパニオンの装備は、主人公ホークと異なり、おいそれと交換できない仕組みになったようだ。その部分だけMass Effect 2寄りになったともいえる。指輪とか首飾りなどは変更できそうな画像もあったのですが、アーマーや主装備はどうなんだろ。ずっと固定なのか、新しいものを入手したら自動的に置き換わるのか?

**********

(ローグは弓が使えるなら、イザベラが弓を使えないというのはおかしい。そんな制約を加えて何の得がある?)

 Originsでデュエリスト(そしてデュエリストの特化クラスを教えてくれる唯一のキャラクター)として登場した彼女は、その後も好みの武器を変えておらず、よってさらに際立って個性のあるキャラクターとして再登場するんだ。もちろん彼女自身の「有利」と「不利」を伴ってね。
 弓の得意なローグが欲しければ、ヴァリックも候補だ。彼の場合ビアンカというクロスボウに執着しているけど。
 まったく正直にいって、フォロワーに好きな武器を使わせるか、それとも制約を付けるかの議論は可能だ。いかなる種類のゲーム・メカニズムを述べ立て、対極にあるものより優れてると主張することも可能だ。私にとって重要なのは我々が首尾一貫していること(consistent)であり、DA2に限れば我々全員がそうだ。

 もちろんDA2はDA:Oのルールセットとは首尾一貫していない。軽い気持ちで決断したわけではない。Originsのファンから非難を浴びることはわかっていたからね。変化は非難を呼ぶ。だが正しい理由で変更したのであれば、自分を強くもって耐え忍び、私のように、正しい判断であったことを結果が証明するのを信じるしかない。

**********

 食い違いもここにき極まれリというか、幼稚園児に施政方針演説してるような気がしますが?

 もちろんリード・デザイナーたるもの、OPひとりに答えているというよりはフォーラム全員に答えているわけでしょうけど。

 ここでもこの手の話にBioWare諸氏が答えているスレッド、何度もご紹介したかもしれません。最後は開発チームが(呆れて)誰も登場しなくなり、ユーザー同士の誹謗中傷合戦になってスレッドはロックダウン(閉鎖)となります。
 ところで私自身、そろそろ自分を「オールドスクール派」と呼ぶのを控えようかと思います。

 だって、こんな連中と一緒にされたくねーし!

 コンパニオンがなくなるのは悲しいが、コンパニオンの装備?
 DA:Oだって、そんなヴァリエーションがむちゃくちゃあったわけじゃないし、何度プレイしたって最後はコンパニオンともどもだいたい定番におさまってしまう。
 コンパニオンの能力?
 まあ、確かにDA:O初回プレイではレリアナをデュアル・ウェポン、アリスターをツーハンデドと無理やり矯正してプレイしたが、二回目以降はデフォルトのまま素直にプレイしてもなんら問題はなかった。
 
 つうか何度もプレイスルーしてると、インヴェントリ管理面倒なんだよね。
 Mass Effect なかなか進まないのもそのせいだ。面倒くささ超絶だし。Mass Effect 2は随分割り切っちゃたのねと思ったが、別段不自由には感じなかったし。

 こちらとしては、BioWareのゲームはプレイスルー繰り返してなんぼと悟っておりますので、面倒なマイクロマネジメントが必要な部分は全部省略して(省略できるオプションをつけて)いただいても結構だ。

 しっかし、「ゲームは君たちのものだ!」とかいう煽りをそのまま受け取るのもすごいよな。ある種の天才かもしれない。

 でも中身は「私たちはカスタマーだ! これはカスタマーの意見だ!」とか叫んでるのと一緒だよな。カスタマーは神様かい?

 あのなあ。たかだか6000円とか60USD(MMOだと1500円/月な)で神様になれたらなあ、教会も宗教もなんとかの科学もなーんにも必要ないんだ、この地上に。

 「お客様のクレームはゴミの山」です。

 だって、クレーム処理してるエリート社員って聴いたことある?

 
 

« Japan's Decline (3) | トップページ | 【DA2】マイク・レイドロウ・インタヴュー@gamezone (1) »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】ゲームは誰のものか。:

« Japan's Decline (3) | トップページ | 【DA2】マイク・レイドロウ・インタヴュー@gamezone (1) »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30