フォト
無料ブログはココログ

« 【DA2】昼夜兼行? | トップページ | 【DA2】 "Why be good ?" »

2011年1月 7日 (金)

【DA2】デーリッシュ・クラン再訪

 greywardens.comの翻訳ブログになってますが、正直他にあまりネタもない。
 Originsのネタバレありそうなんで、「続きを読む」の下に。

 greywardens.com、筆者はいつものスティーヴ。 

 http://greywardens.com/2011/01/on-maretharis-clan/

 Originsのデーリッシュ・エルフ・オリジン・ストーリー、主人公はマレサリ(Marethari)のクランの一員だ。
 小説「Stolen Throne」では、フレメスとの間になんらかの関係があったとされ、主人公であったマリック王子がこのクランのメンバーたちに付き添われてフレメスに面会している。
 Originsのオリジン・ストーリーで一命を取り留めた主人公(後にグレイ・ウォーデン)は、ダークスポーンの汚染を受けてしまったことからダンカンとともにクランを離れるが、マレサリ・クランはブライトを避けて北へ移動することになっていた。
 クランのリーダー(キーパーと呼ぶ)はマレサリ。キーパーはメイジが任じられるのが常であり、ゆえに彼女もメイジである。

Screenshot20091118201605405
 マレサリ。顔面皺くちゃなのではなく、デーリッシュ・エルフの風習である刺青。んまー、でもかなりお年を召しているのは間違いない(DAのエルフは1000年も生きるような長寿の能力を喪っています)。

 DA2冒頭でホーク一行を救ったフレメスが、ホークに手渡すよう言付けた小包の送り先がマレサリであった。

 マレサリがパーティーに参加することはないが、変わりに同じく女性メイジのメリル(Merrill)と若き男性ウォーリアーのフェナレル(Fenarel)が一時的に主人公とチームを組む。

 このうち、メリルのほうがDA2で再登場するのではないかと噂されているそうだ。

Screenshot20091118202447491
 メリル。DA:Oのエルフはみんななんとなく一緒に見えちゃいますね。DA2で再登場ならイザベラのように造形を見直していただけるとありがたい。

 主人公がメリルたちとともに訪れるのが、あのモリガンDLCにも再登場したエルーヴィアンの鏡のある古い遺跡。エルーヴィアンは多数存在することが確認されているので、そこがモリガンDLCで主人公ウォーデンが訪れるのと同一の場所かどうかははっきりしない。
 同じくモリガンDLCでは、モリガン自身が(これはマレサリとは別のクランであるが)デーリッシュの女性戦士アイリンのクランからエルーヴィアンに関する古書を盗み出している。

 フレメス、モリガン、エルーヴィアン。
 デーリッシュが登場すると、どうしてもこれらとの関係がちらついてしまいます。

 そして、エルーヴィアン(エルフ古語で「鏡」をさす)はエルフ古来の魔法技術の成果であるにもかかわらず、略奪者テヴィンターが簒奪して利用しようとしていた。だがその本来の機能を解明することには失敗し、遠隔通信設備的な利用に留まっていたのである。
 カークウォールの古い支配者もテヴィンター帝国だった。

 (当たり前だけど)ここら辺、全部関連しそうですねw。

« 【DA2】昼夜兼行? | トップページ | 【DA2】 "Why be good ?" »

ゲーム」カテゴリの記事

Dragon Age II」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【DA2】デーリッシュ・クラン再訪:

« 【DA2】昼夜兼行? | トップページ | 【DA2】 "Why be good ?" »

Dragon Age 2 プレイスルー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30